木村拓哉「綾瀬さんがベースになってくれた」 綾瀬はるか「木村さんの信長に負けないぐらいの強いパワーで立ち向かった」

2023年1月12日 / 21:45

(前列左から)伊藤英明、木村拓哉、綾瀬はるか、中谷美紀、(後列左から)音尾琢真、宮沢氷魚、市川染五郎、大友啓史監督

 映画『レジェンド&バタフライ』ジャパンプレミアが12日、東京都内で行われ、出演者の木村拓哉、綾瀬はるか、宮沢氷魚、市川染五郎、音尾琢真、伊藤英明、中谷美紀と大友啓史監督が登壇した。

 本作は、誰もが知る日本史上の“レジェンド”織田信長と、謎に包まれたその正室・濃姫(別名・帰蝶)の知らざる物語を描く。

 一般の観客が鑑賞するのはこの日が初めて。木村は「この日が来るのをずっと待っていました。監督をはじめ、スタッフ、キャストと共同製作で作った作品が、今日をもって自分たちの手元を離れ、皆さんに引き渡されます。皆さんがこの映画を愛してくれたらすごくうれしいです」と語った。

 一方、綾瀬は「濃姫は女性でありながら勝ち気な性格で、武道や芸事、何をしても長けているとても聡明な女性。木村さん演じる織田信長さまに負けないぐらいの強いパワーで立ち向かう、そんな気持ちで臨みました」と語った。

 それを受けて木村は「濃姫に関する記述や史料が少ない中で、濃姫という存在を構築していかなければいけない。その作業の中で、ベースになってくれたのが綾瀬さん。すぐに濃姫を具現化した存在として撮影所にいてくれたので、(自分も)すごく組み立てやすかった」と明かした。

 また、木村の“座長ぶり”をたたえる声も多かった。明智光秀役で木村と初共演を果たした宮沢は「現場での立ち居振る舞いや、スタッフ、キャストへの気配りが本当に素晴らしくて、毎朝起きたら『木村さんに会いたい、早く現場に行きたい』と思える存在でした。本当に愛情深い方です」と評した。

 信長の側近・森蘭丸役の染五郎は「自分のクランクインが、殿から押し倒されるシーンだったのですが、本当に木村さんの瞳の奥から炎が見えた感じがした。やはりすごいなと。信長が鬼になっていく感じ、気迫をこの距離で感じることができたのはとても貴重でした」と語った。

 中谷は「木村さんは、本来はユーモアあふれる楽しい方。でも現場に行くと、横綱のようなアドレナリン、殺気が殿から放出されていて、怖くて誰も近寄れなかった。この綾瀬さんですら、『殿が怖い』と言うぐらい、本当に殺気立っていて、信長が降霊していたという感じでした」とエピソードを語った。

 映画は1月27日から公開。


芸能ニュースNEWS

望海風斗&平原綾香「ムーラン・ルージュ!」再演に手応え 「一緒にエネルギーを出してくれて熱く盛り上がれる作品」

舞台・ミュージカル2024年6月19日

 「ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル」囲み取材が19日、東京・帝国劇場で行われ、出演者の望海風斗、平原綾香、井上芳雄、甲斐翔真、橋本さとし、松村雄基、伊礼彼方、Kが登壇した。  本作は、バズ・ラーマン監督による名作映画をきらびやかなマッ … 続きを読む

「さっちゃん、僕は。」“京介”木村慧人が人妻に溺れる姿が話題に「目が男になる瞬間の慧人くんの演技がすごい」

ドラマ2024年6月19日

 FANTASTICSの木村慧人が主演するドラマ「さっちゃん、僕は。」(TBS系)の第2話が、18日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、朝賀庵氏による話題の同名漫画を実写化。大学進学のために地方から上京した主人公・片桐京介(木 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」最終回 “渋谷大海”京本大我の恋の結末に反響 「幸せを感じた」「渋谷くんに夢中になった3カ月間だった」

ドラマ2024年6月19日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の最終話が、18日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  「どうか、幸せになってください」。大崎(宮近海斗)から愛花(田辺桃子)が保育士を辞めようとしていることを聞いた … 続きを読む

桜田ひより&細田佳央太のやり取りに共演者ら「キュンキュン」 JO1・河野純喜、高校時代は「ヤバいやつ呼ばわりで…」

ドラマ2024年6月18日

 ドラマ「あの子の子ども」制作発表記者会見が18日、東京都内で行われ、出演者の桜田ひより、細田佳央太、茅島みずき、河野純喜(JO1)が登場した。  本作は、蒼井まもる氏の同名漫画をドラマ化。妊娠が発覚したことで日常がガラリと変わってしまった … 続きを読む

「366日」最終話 “明日香”広瀬アリスの恋の結末に感動の声 「“遥斗”眞栄田郷敦と明日香が好き過ぎる」「キュンキュンした」

ドラマ2024年6月18日

 広瀬アリスが主演するドラマ「366日」(フジテレビ系)の最終話が、17日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  “どうするべきかより、どうしたいかで考えてみるといいのかも”。雪平明日香(広瀬)は、池沢友里(和久井映見)から授かった言葉を … 続きを読む

Willfriends

page top