なにわ男子・道枝駿佑、公開初日に「緊張で吐きそう…」 父親役の萩原聖人「いろんな正解を出してくれるので、すごく新鮮だった」

2022年7月30日 / 06:48

(左から)水野真紀、古川琴音、福本莉子、道枝駿佑、松本穂香、萩原聖人、三木孝浩監督 (C)エンタメOVO

 映画『今夜、世界からこの恋が消えても』公開初日舞台あいさつが29日、東京都内で行われ、出演者の道枝駿佑(なにわ男子)、福本莉子、古川琴音、松本穂香、水野真紀、萩原聖人と三木孝浩監督が登壇した。

 本作は、眠りにつくとその日の記憶を失ってしまう「前向性健忘」を患った日野真織(福本)と、彼女を献身的に支えるものの、自らも大きな秘密を隠し持っている神谷透(道枝)とのはかなくも切ないラブストーリー。

 道枝と福本は、共通の出身地である大阪での舞台あいさつを終えたその足で駆けつけた。

 冒頭で言葉に詰まった道枝は「大阪より、本当に緊張していて、なんだか分からないけど吐きそう…」としながらも、「無事に皆さんに作品を届けられたので、すごくうれしいです」と力いっぱいあいさつした。

 福本は「皆さんに見てもらって、やっとこの映画が完成しました。愛、そして友情、家族愛の詰まった作品になっていると思います」とアピールした。

 透の父親を演じた萩原は「言い合いだったり、何回か緊迫したシーンを撮った。道枝くんは『お芝居の経験がそんなにない』と言っていたけれど、やるたびに、毎回(芝居が)違っていて、いろんな正解を出してくれるので、僕はすごく新鮮でした」と語った。

 道枝は「僕は受けの芝居がそんなにできる方ではないので、萩原さんの受けのお芝居を見て勉強させていただいた。萩原さんが『二十歳になったら飲みに行こうね』と言ってくださったので、それが楽しみです」と返した。

 一方、道枝とこの日が初対面となった水野は「透明感が素晴らしい」と印象を語り、「さっきみんなでエレベーターに乗ったときも、スッとドアを持っててくださって…」と紹介。

 道枝は「スタッフさんがやってくれていたので、僕がやってもあまり意味がなかった」と謙遜するも、水野は「ありがとうございます。いい思い出ができました」とうれしそうだった。


芸能ニュースNEWS

「ACMA:GAME」“初”田中樹のラストのまさかの行動に「胸アツ展開」 「やっぱり照朝の隣は初くんだよ」「初くん、お帰り」

ドラマ2024年5月20日

 間宮祥太朗が主演するドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」(日本テレビ系)の第7話が、 19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  「アクマゲーム・トーナメント」の1回戦が終わり、出場者の前に姿を現した崩心(小澤征悦)は、2回戦は … 続きを読む

「アンチヒーロー」「明墨さんのキャラは喪黒福造がモデルでは」「回を追うごとに赤峰くんが優秀になってきている」

ドラマ2024年5月20日

 長谷川博己主演の日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第6話が、19日に放送された。  本作は、弁護士ドラマの枠組みを超え、“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問い掛ける逆転パラドック … 続きを読む

「9ボーダー」“コウタロウ”松下洸平の声が優しくて癒やされる 「夕日のシルエットキスが最高」「キュンキュンして沸いた」

ドラマ2024年5月20日

 川口春奈が主演するドラマ「9ボーダー」(TBS系)の第5話が、17日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、19歳、29歳、39歳…各年代のラストイヤー“9ボーダー”の3姉妹がモヤり、焦りながら自分の生きる道を模索するヒューマン … 続きを読む

「6秒間の軌跡」「先代幽霊の同時通訳回。奇妙なシチュエーションなのに何だかほろりとしてしまった」「一生さんはこのドラマをやることで家族の意味を見つめ直したのかな」

ドラマ2024年5月19日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第6話が、18日に放送された。  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高橋)の前に、死んだはずの … 続きを読む

「東京タワー」“耕二”松田元太の色気が“だだ漏れ” ラストの衝撃展開に「不倫の代償よ」「来週は修羅場になりそう」

ドラマ2024年5月19日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の第5話が、18日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、江國香織氏の同名恋愛小説が原作。愛を知らない医大生・小島透(永瀬)が20歳上の大人の女性・浅野詩史(板谷由夏)との許さ … 続きを読む

Willfriends

page top