堤真一が声優初挑戦 「二度とやりたくないぐらい難しかった」

2022年1月18日 / 06:26

(左から)杏、堤真一、鈴木涼真、安藤雅司監督 (C)エンタメOVO

 映画『鹿の王 ユナと約束の旅』完成披露試写会が17日、東京都内で行われ、声優を務めた堤真一、竹内涼真、杏と安藤雅司監督が登壇した。

 上橋菜穂子氏のファンタジー小説をアニメ化した本作は、人類と謎の病との壮大な戦いを描く。物語の主人公で、謎の病の抗体を持つ孤独な戦士ヴァンを堤、謎の病の治療法を探す天才医師ホッサルを竹内、抗体を持つ者を追う暗殺者サエを杏が演じた。

 声優初挑戦となった堤は、原作のファンだったといい、「オファーはうれしかったのですが、アテレコの経験がなかったので、もしやるなら『何回NGを出してもいいような環境でやらせてください』とお願いしました」と告白。

 また、「知り合いに(声優の)落合福嗣くんというのがいて、彼は『簡単』というけれど、いかに難しいかを感じていた。ちょっと僕には無理だなと思って、あまりにご迷惑を掛けるようだったら、お断りした方がいいかなと考えてました」と明かした。

 実際に演じてみて、「二度とやりたくないぐらい難しかった」と苦笑する堤だが、安藤監督は「とんでもない。どのテークも良かった。本当に謙虚に取り組んでくださった」と語った。これを聞いた堤は「救われます!」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 劇中では、仲間のために命を懸けて戦う者を「鹿の王」と表現することから、「あなたにとっての鹿の王は?」と尋ねられたキャストたち。

 杏は「昔からお互いを知っている友達たち」を挙げ、「10代の頃からずっと話しているので、お互いの人生を共有しているような気持ち。これからも手を差し伸べ合って、支え合っていくと思うし、おばあちゃんになっても、みんなでワーワー言っていると思います」と笑顔で話した。

 映画は2月4日から公開。

 


芸能ニュースNEWS

「マイファミリー」“温人”二宮和也が誘拐犯を突き止める 意外な犯人に「こんな展開になるなんて」

ドラマ2022年5月23日

 二宮和也が主演する日曜劇場「マイファミリー」(TBS系)の第7話が、22日に放送された。  本作は、ゲーム会社のCEO・鳴沢温人(二宮)の娘が誘拐されたことから始まる、ノンストップファミリーエンターテインメント。誘拐事件で試される“家族の … 続きを読む

「しろめし修行僧」“ぶりあん”犬飼貴丈の説教シーンに反響 「トゲのあるぶりあんがかわいい」「脳裏から離れない」

ドラマ2022年5月23日

 お笑いトリオ・ハナコの岡部大が主演するドラマ「しろめし修行僧」(テレビ東京系)の第7話が、20日に放送された。  本作は、寺の息子・米田たくあん(岡部)が、托鉢(たくはつ)で全国行脚修行を行い、各地の“ご飯のお供”と出会う様子を描く。「白 … 続きを読む

「俺かわ」“康介”山田涼介と“和泉”芳根京子のキスシーンに反響 「山田くんのキスシーンは美し過ぎる」

ドラマ2022年5月22日

 山田涼介が主演するドラマ「俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?」(テレビ朝日系)の第6話が、21日に放送された。  本作は、山田が「かわいい」を武器に生きてきた“あざかわ男子”を演じるラブコメディー。(※以下、ネタバレあり)  弥生ビールの営 … 続きを読む

「インビジブル」警察側の“内通者”の予想が白熱 「“志村”高橋一生と“キリコ”柴咲コウの絆が最高だった」

ドラマ2022年5月21日

 高橋一生が主演するドラマ「インビジブル」(TBS系)の第6話が、20日に放送された。  本作は、事件解決のためなら、どんな手でも使う警部補・志村貴文(高橋)と、「インビジブル」と呼ばれる犯罪コーディネーターとして悪を熟知するキリコ(柴咲コ … 続きを読む

中井貴一「台風の中での撮影でかつらが飛んだ」 松山ケンイチ「この映画には貴一さんの人間性、優しさがあふれている」

映画2022年5月21日

 映画『大河への道』公開初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の中井貴一、松山ケンイチ、北川景子、岸井ゆきの、和田正人、田中美央と中西健二監督が登壇した。  本作は、立川志の輔の新作落語「大河への道-伊能忠敬物語-」を原作に映画 … 続きを読む

amazon

page top