ダコタ・ジョンソン「多くの人が共感できるストーリー」 『Our Friend/アワー・フレンド』の場面写真が解禁に

2021年8月3日 / 13:00

マット役のケイシー・アフレック(左)とニコル役のダコタ・ジョンソン (C)BBP Friend_ LLC – 2020

 10月15日(金)から全国公開される映画『Our Friend/アワー・フレンド』の場面写真と、舞台女優のニコルを演じたダコタ・ジョンソンのコメントが到着した。

 本作は、2015年に『Esquire』誌に掲載され、全米雑誌大賞を受賞したエッセーを映画化。

 2人の幼い娘を育てながら日々を送っていたジャーナリストのマット(ケイシー・アフレック)と、妻で舞台女優のニコル(ジョンソン)。だが、ある日、突然ニコルが末期がんを宣告され、生活が一変する。

 妻の介護と子育てによる負担がマットに重くのしかかる中、かつて2人に救われた親友のデイン(ジェイソン・シーゲル)が、一家を支えるためにやってくる。2年にも及ぶ闘病生活の中で、彼らが見つけた希望とは…。

 本作の舞台は、海岸に沿った自然豊かな米アラバマ州・フェアホープ。美しく小さな町で過ごすかけがえのない日々を切り取った場面写真が解禁された。

 子どもたちの弾ける笑顔から、マットとニコルとデインが、子どもたちに寄り添い、共に過ごした親密な時間をうかがい知ることができる。

 自身の体験をエッセーとして執筆し、映画化された原作者のマシュー・ティーグは、エッセーの執筆に際し、「あまりにも平凡で日常的なものになるのではないか」と案じたという。

 だが、ニコルを演じたジョンソンは、後に「(エッセーには)今までほかに見たことのない美しさと正直さがあって、勇気のあるストーリーだった。あそこまでの思いやりと勇気、そしてある決断…。この映画でのそれらの描かれ方はとても美しいと思った。登場人物、彼らの関係性。このストーリーは、多くの人が共感できるものだと感じたので出演を決めた」と語った。

 


芸能ニュースNEWS

「ACMA:GAME」“初”田中樹のラストのまさかの行動に「胸アツ展開」 「やっぱり照朝の隣は初くんだよ」「初くん、お帰り」

ドラマ2024年5月20日

 間宮祥太朗が主演するドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」(日本テレビ系)の第7話が、 19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  「アクマゲーム・トーナメント」の1回戦が終わり、出場者の前に姿を現した崩心(小澤征悦)は、2回戦は … 続きを読む

「アンチヒーロー」「明墨さんのキャラは喪黒福造がモデルでは」「回を追うごとに赤峰くんが優秀になってきている」

ドラマ2024年5月20日

 長谷川博己主演の日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第6話が、19日に放送された。  本作は、弁護士ドラマの枠組みを超え、“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問い掛ける逆転パラドック … 続きを読む

「9ボーダー」“コウタロウ”松下洸平の声が優しくて癒やされる 「夕日のシルエットキスが最高」「キュンキュンして沸いた」

ドラマ2024年5月20日

 川口春奈が主演するドラマ「9ボーダー」(TBS系)の第5話が、17日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、19歳、29歳、39歳…各年代のラストイヤー“9ボーダー”の3姉妹がモヤり、焦りながら自分の生きる道を模索するヒューマン … 続きを読む

「6秒間の軌跡」「先代幽霊の同時通訳回。奇妙なシチュエーションなのに何だかほろりとしてしまった」「一生さんはこのドラマをやることで家族の意味を見つめ直したのかな」

ドラマ2024年5月19日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第6話が、18日に放送された。  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高橋)の前に、死んだはずの … 続きを読む

「東京タワー」“耕二”松田元太の色気が“だだ漏れ” ラストの衝撃展開に「不倫の代償よ」「来週は修羅場になりそう」

ドラマ2024年5月19日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の第5話が、18日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、江國香織氏の同名恋愛小説が原作。愛を知らない医大生・小島透(永瀬)が20歳上の大人の女性・浅野詩史(板谷由夏)との許さ … 続きを読む

Willfriends

page top