アンジェリーナ・ジョリー「多様性を重んじることが大事」 「闘うことで前進する」

2019年10月4日 / 08:08

(左から)サム・ライリー、アンジェリーナ・ジョリー、MIYAVI

 映画『マレフィセント2』ジャパン・プレミアが3日、東京都内で行われ、出演者のアンジェリーナ・ジョリー、サム・ライリー、MIYAVIが登壇。集まった約1100人の観客を熱狂させた。

 本作は「眠れる森の美女」に隠されていた禁断の呪いを描き、全世界で大ヒットを記録した『マレフィセント』(14年)の続編。

 前作でのプロモーション以来、5年ぶり9度目の来日となったジョリーは、レッドカーペット上でサインや写真撮影に応じ、熱心にファンサービスに努めた。また、長男マドックスと長女ザハラとのスリーショットも披露した。

 本作のテーマについてジョリーは「家族というのは決して血のつながりではないということ。多様性を重んじることが大事。私たちはみんなが一つになれたときこそ、一番強くなれるというメッセージを込めました」と説明した。

 「演じたマレフィセントはどんな存在?」と問われると、「少しワイルドで、常に自由を求めている彼女ですが、恐らく誰もが彼女の要素を持っている。誰もが生きる中で、傷ついたり、つらいことがあるけれど、闘うことで前進するのです。人に何を言われようと…」と力強く語った。

 ジョリーと前作でも共演したライリーは「彼女は私が出会った中で最もチャーミングな女性の一人。才能にあふれているだけでなく、とても温かくて疲れ知らず、ハードワーキングな人なんです」と紹介。

 MIYAVIも「彼女の作品に懸ける強い情熱をそばで見てきました。種族や価値観を超えて、認め合い、共存していくことの尊さを伝えたい、そんな彼女の思いに共鳴して僕たちはここにいます」と語った。

 最後にジョリーは「皆さんの期待を超える作品であればうれしいです」とアピールし、「皆さんの心に響くような作品であったならば、再びこの『マレフィセント』を届けることができるかもしれません」と語った。

 映画は10月18日から公開。

(左から)長女ザハラ、アンジェリーナ・ジョリー、長男マドックス


芸能ニュースNEWS

「6秒間の軌跡」「そりゃなないぜ、ふみかさん…」「4人の会話劇が見ていて本当に楽しい」

ドラマ2024年5月26日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第7話が、25日に放送された。  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高橋)の前に、死んだはずの … 続きを読む

「季節のない街」「勝手にハモんないでくれる」「泉谷しげるさんの『春夏秋冬』でタイトル回収」

ドラマ2024年5月25日

 企画・監督・脚本、宮藤官九郎氏によるドラマ「季節のない街」(テレビ東京系)の第八話「がんもどき後編」が、24日深夜に放送された。  本作は、黒澤明監督が『どですかでん』(70)として映画化したことでも知られる山本周五郎の同名小説をベースに … 続きを読む

「Re:リベンジ」悲痛な展開に「何ともいえない虚脱感…」 「この怒りは“大友先生”錦戸亮に託すしかない」

ドラマ2024年5月24日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第7話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  天堂記念病院では、朝比奈陽月(芳根京子)の妹・美咲(白山乃愛)の手術が行われていた。血管から出血し、危険 … 続きを読む

「Believe」“狩山”木村拓哉、まさかのラスト展開に反響 「ラスト5分の展開は怒涛過ぎて混乱中」

ドラマ2024年5月24日

 木村拓哉が主演するドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)の第5話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  テレビ朝日開局65周年として制作される本作は、大手ゼネコンで橋づくりに情熱を燃やす、狩山陸(木村)が刑務 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“渋谷くん”京本大我の愛の告白に反響多数  「渋谷くんの告白は100億点満点」「キュンが止まらない」

ドラマ2024年5月22日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第8話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、売れっ子俳優の渋谷大海(京本)が、保育士・青田愛花(田辺桃子)に出会い、不器用ながらも恋を育んでいく“ … 続きを読む

Willfriends

page top