上戸彩、題材が“不倫”なだけに迷いも  「そういうモードになれない時期もあった」

2017年5月12日 / 11:09

“禁断の愛”を演じた斎藤工(左)と上戸彩

 映画『昼顔』の完成披露舞台あいさつが11日、東京都内で行われ、出演者の上戸彩、斎藤工、伊藤歩、平山浩行、西谷弘監督が登壇した。

 2014年夏に放送された連続ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」の劇場版。ドラマ版では、優しい夫がいるにもかかわらず、妻のいる北野(斎藤)と恋に落ちてしまった紗和(上戸)の姿が描かれた。

 今回は、ドラマ版のクライマックスで北野との別れを選んだ紗和が、3年後に北野と偶然再会するところから物語が展開。再び“禁断の愛”に溺れていく紗和を演じた上戸は、満席の会場を見渡し「こうして皆さんに笑顔で迎えられることがふさわしい作品なのかどうか…」と不安を吐露しつつ、「皆さんの心にこのストーリーが響くことを信じています」とあいさつした。

 不倫を描いたドラマ版は、当時、社会現象になるほど話題となったが、上戸は「こうして3年たっても“熱”が冷めなかったご時世がすごく複雑ではあります」と神妙にコメント。「映画化を予想していたか?」と聞かれた際には「連ドラで出し切ったし、続編の話も何回か頂いてうれしかったけど、やっぱり自分がそういうモードになれない時期もあって」と悩んだ過去を打ち明けつつ、「2年たってもこうして声を掛けてくださるスタッフの皆さんがいて(映画化が実現し)本当に感謝しています」としみじみと語った。

 一方、相手役の北野を演じた斎藤は、ドラマ版を振り返り「可能性を秘めた終わり方ではあると思っていました」とコメント。「『浮雲』もそうですが、昔の映画は結構不貞を描いていたりして、歴史をさかのぼればシェークスピアもそう。こういう愛憎的なことはずっと解明されない、僕らが直面すべきものの一つなんだと思う」と持論を展開し、「世の中の“盛り上がり”とは別に、実は映画的(な題材)でもあるのだと思います」と語った。

 そんな紗和と北野の“禁じられた愛”に苦しむのが、北野の妻・乃里子だ。ドラマ版で、夫を取り返そうとする乃里子を演じた伊藤は、映画化の知らせを受けた時は「まだこの先があるんだという恐怖もありました。自分の醜い部分を3年前に出し切ったのに、あのつらかった経験をもう一度するのかとザワザワしましたね」と苦笑い。脚本を読んだ感想については「それぞれの解釈があると思いますが、掛け違えたボタンが、どういう掛け違え方であっても、この人たちにはこの終わり方しか無いのかな…と説得力を感じました」と意味深に語っていた。

 最後のあいさつでも、上戸は「見えるものだけを見たら汚い恋愛、禁じられた恋愛かもしれません。いや、禁じられた恋愛なのです」と語気を強めつつ「いろんな愛の形、愛の深さがあると思う。やっぱり第三者は、人の恋愛には軽々しく発言できないな…ということも、紗和を演じていて私も気付かされました」と複雑な思いを語っていた。

複雑な思いを語った上戸彩

複雑な思いを語った上戸彩


芸能ニュースNEWS

川口春奈「今までもらった中で一番うれしい」 誕生日サプライズに「テンションが上がってる」

トレンド2020年1月29日

 ネイル予約アプリ「ネイリー」新CM発表会が29日、東京都内で行われ、CMキャラクターに起用された女優の川口春奈が登場した。 続きを読む

欅坂46菅井友香「新たな姿をどんどん見せていきたい」 平手友梨奈らの脱退・卒業は「申し訳ない」

舞台・ミュージカル2020年1月29日

 舞台「飛龍伝2020」囲み取材が29日、東京都内で行われ、出演者の菅井友香(欅坂46)、石田明、味方良介ほかが登壇した。  本作は、つかこうへいの代表作。これまで富田靖子、牧瀬里穂、石田ひかり、内田有紀、広末涼子ら、名だたる女優たちが演じ … 続きを読む

市川海老蔵、歌舞伎とオペラの融合舞台で主演 「海老蔵として務め切りたい」

舞台・ミュージカル2020年1月29日

 「KABUKI×OPERA『光の王』Presented by ENEOS」の公演概要発表会が29日、東京都内で行われ、主演の市川海老蔵が出席した。  本公演は「東京2020NIPPONフェスティバル」の最初の主催プログラムとして開催される … 続きを読む

ラグビー田中史朗、ナイツ土屋との漫才を披露 「試合よりも緊張したけど、楽しくできた」

トレンド2020年1月28日

 日本マクドナルド「夜マック」新メニューPR発表会が28日、東京都内で行われ、お笑いコンビのナイツ(塙宣之、土屋伸之)、ラグビーの田中史朗選手が出席した。 続きを読む

中村獅童「僕は生真面目ですから」 中村七之助「ただ単に肉体労働です」

舞台・ミュージカル2020年1月28日

 赤坂大歌舞伎「怪談 牡丹燈籠」の制作発表会見が28日、東京都内で行われ、出演する中村獅童、中村勘九郎、中村七之助ほかが登壇した。  2008年に18代目中村勘三郎の「芸能の街・赤坂で歌舞伎を!」という一言から始まった赤坂大歌舞伎。13年に … 続きを読む

page top