「若いころ先輩は何も教えてくれなかった…」 寺尾聰、おしゃべりな理由

2016年7月13日 / 18:52

主人公の教師を演じる寺尾聰

 日曜劇場「仰げば尊し」スペシャルイベント&舞台あいさつが13日、東京都内で行われ、出演者の寺尾聰、多部未華子、真剣佑、村上虹郎、石井杏奈(E-girls)、北村匠海(DISH//)、太賀、佐野岳が登壇した。

 このドラマは、神奈川県立野庭高校の弱小吹奏楽部に起こった奇跡の実話を基にしたオリジナルドラマ。今回寺尾が演じるのは主人公・樋熊迎一。サックス奏者としてオーケストラで活躍していたが、事故の後遺症で思うような演奏ができなくなりプロを断念、現在は教師で吹奏楽部顧問という役どころだ。

 ドラマ内では、真剣佑ら5人が演じる不良グループに樋熊が「一緒に夢を見ないか?」と熱く呼び掛けるところから物語が動き出すが、寺尾は「ネクストビッグスターがダーッとそろっている」と作品の見どころを紹介。若手と共演した感想については「みんな感受性がとっても豊か。毎日、若い人たちと一緒にできるのが楽しいし、僕も“これは負けてられない”と思って、とっても刺激を受けている」とうれしそうに明かした。

 また、撮影の合間には「本当だったら一言もしゃべらないのが僕」という寺尾だが、今回に限っては「みんなと出来る限りしゃべるようにしている」と告白。その理由は、先生と生徒の関係性を育むためであると同時に、自身の過去も関係しているそうで、「若いころ、先輩は何も教えてくれなかった。結構、意地悪な先輩も多くて、教えてくれたらすごい近道だったのに(結果的に)すごい時間がかかってしまったこともある」と苦笑い。「だから僕は余計だと思われない限りは彼らに伝えていきたい」と先輩としての使命感をにじませた。

 これには真剣佑も大きくうなずき「寺尾さんのお話を聞くときは僕らも直立不動なんです。本当に“ため”になることを言ってくださるので、いつも心にしみます。本当の先生みたいに教えてくださるんです」と感謝しきり。樋熊の娘役を演じる多部も「寺尾さんはよくしゃべる方。何をしゃべったかこちらが覚えてないぐらいよくしゃべる。20代、10代の子に一生懸命お話をしてくださるんです」とほほ笑んだ。

 この日は、キャスト陣が初回のダイジェスト版を観客と一緒に鑑賞。「アメリカに住んでいた時から学園物にすごく憧れがあった。いつか出たいと思っていた」という真剣佑は、上映後に「結構ウルウルした。(泣くのを)我慢していた」と感動を明かしたが、共演者からは「我慢できてなかったよ!」と突っ込まれていた。

 ドラマはTBS系で7月17日、日曜午後9時スタート(初回は25分拡大)。

(左から)村上虹郎、多部未華子、寺尾聰、真剣佑

(左から)村上虹郎、多部未華子、寺尾聰、真剣佑


芸能ニュースNEWS

霜降り明星、低姿勢貫く 次なる“冠”獲得期待も「反感買わないように」

トレンド2019年5月22日

 「よしもと学園祭2019」オススメタレントお披露目会が22日、東京都内で行われ、霜降り明星ほかが出席した。 続きを読む

堤真一「自分の映画を見て初めて泣いた」 『泣くな赤鬼』完成披露、結婚&妊娠発表の川栄李奈も登場

映画2019年5月22日

 映画『泣くな赤鬼』の完成披露試写会が21日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼と兼重淳監督が登壇した。  本作は、重松清氏の同名短編を映画化。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった熱血教師の“赤鬼先生”(堤 … 続きを読む

北斗晶、薬物依存について考える 「もし自分の子なら寄り添って戦えるのか」

トレンド2019年5月21日

 映画『ベン・イズ・バック』トークイベントが21日、東京都内で行われ、ゲストとしてタレントの北斗晶、内科医で作家のおおたわ史絵氏が出席した。 続きを読む

今田美桜、公開アフレコに挑戦 声優業は「すごく難しくて勉強中です」

映画2019年5月21日

 映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』アフレコイベントが21日、東京都内で行われ、日本語版吹き替え声優を務める女優の今田美桜が出席した。  本作は、ブラックスーツとサングラスに身を包み、地球上に生息するエイリアンが犯罪や侵略行為 … 続きを読む

長谷川博己、大河ドラマの撮影を前に墓参 「『必ずいいものにします』と念を込めました」

ドラマ2019年5月21日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で戦国武将・明智光秀を演じる長谷川博己が20日、光秀の菩提(ぼだい)寺である滋賀県・西教寺を訪れ、明智一族の墓に参った。  昨夏も同地を訪れたという長谷川は「今回、また西教寺に来ることになり、明智 … 続きを読む

page top