「笑点」卒業の桂歌丸に文部科学大臣表彰 春風亭昇太は「期待通りの司会」

2016年5月31日 / 17:02

文化関係者文部科学大臣表彰を受けた桂歌丸

 文化関係者文部科学大臣表彰を受けた落語家の桂歌丸の表彰式が31日、東京都内の文科省で行われ、馳浩文部科学相から表彰状と銀杯が贈られた。

 「長年にわたり、卓越した話芸で、落語界の向上と発展に尽力し、その普及のために多大な貢献をした」として表彰を受けた歌丸は「生涯において、一番すごい思い出になるのは今日じゃないかな」と笑顔を見せた。

 馳文科相は歌丸が50年間出演し、先日卒業した「笑点」の話題にも触れ、「(新司会者の春風亭昇太は)ちゃんとやっていましたか?」と質問。歌丸は「やっていました。やっていなかったら怒鳴り込みますからね」と答えた。

 昇太の司会について歌丸は「昇太さんはにぎやかな人ですから、絶対に司会は暗くならないと思ってましたので、期待通りの司会でした。少し硬くなっているような気がしたんで、もっとぶつけてもいいなって思いました。でも期待しています」とエールを送った。

 表彰後に「今日の賞を一番に伝えたい人は?」と聞かれた歌丸は「(表彰状は)かみさんに一番に見せます。娘、息子にも」と答え、近々「笑点」のメンバーにも会う機会があるそうで「表彰状を持っていって、あなた方のおかげでいただきましたと伝えたい。その時に(三遊亭)円楽がどんな反応を示すかね」とニヤリ。

 さらに「円楽さんはこの表彰をうらやんでいるのでは?」と聞かれると、「彼だってこれからいろんな賞を取れるんじゃないですか。円楽さんあたりは、取るとしたらそうだな…天然記念物かなんか」と答えて笑いを誘った。

 また、今後についても「落語以外に何にもできない人間ですから、落語一本で進んでまいります。まだまだ覚えていきたいことがありますから」と意欲的に語った。

馳浩文部科学相(左)と桂歌丸

馳浩文部科学相(左)と桂歌丸


芸能ニュースNEWS

ムロツヨシ「代表作ですって!」と上機嫌 主演作の評判をSNSなどでチェック

映画2022年6月25日

 映画『神は見返りを求める』初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者のムロツヨシ、岸井ゆきのと吉田恵輔監督が登壇した。  本作は、イベント会社に勤める田母神尚樹(ムロ)が、合コンで出会ったYouTuberのゆりちゃんこと川合優里( … 続きを読む

中村倫也、向井理の自宅に遊びに行った思い出を披露 「あの向井理が生田のロフト付き、6畳みたいなね」

舞台・ミュージカル2022年6月24日

 ゲキ×シネ「狐晴明九尾狩」の舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の中村倫也、吉岡里帆、向井理が登場した。  本作は、2021年の秋に上演した「劇団☆新感線」の同名舞台を映像化。平安時代の京の都で宮廷に陰陽師として仕えた安倍晴明の … 続きを読む

古川雄輝、3年ぶりの舞台出演に「懐かしさとワクワクと緊張感」 浜野謙太、演技のポイントは「うざくならないように」

舞台・ミュージカル2022年6月24日

 舞台「室温~夜の音楽~」開幕前取材会が24日、東京都内で行われ、出演者の古川雄輝、平野綾、浜野謙太、演出の河原雅彦が登壇した。  本作は、ケラリーノ・サンドロヴィッチが2001年に作・演出を手掛けたホラーコメディーを、河原が新演出版で上演 … 続きを読む

東山紀之「頭の中で『マツケンサンバ』がぐわーと回る」 「いつかバックダンサーをやりたい」と松平健にラブコール

ドラマ2022年6月24日

 Amazon Originalドラマ「GAME OF SPY」プレミア潜入生配信イベントが23日、東京都内で行われ、出演者の東山紀之、小澤征悦、ローレン・サイ、松平健、渡部篤郎が登壇した。  本作は、世界中の犯罪者からターゲットにされる日 … 続きを読む

「持続可能な恋ですか?」“颯”磯村勇斗のタイトル回収に反響 林太郎“松重豊”の「『結婚とは永遠に続く愛情へのむちゃな挑戦』が深過ぎる」

ドラマ2022年6月22日

 上野樹里が主演するドラマ「持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~」(TBS系)の最終回10話が、21日に放送された。  本作は、ヨガインストラクターの沢田杏花(上野)が、辞書編さん者の父・林太郎(松重豊)と父娘でダブル婚活をスタートさ … 続きを読む

amazon

page top