中田英寿「技術を生かすには楽しさも必要」 日本の“ものづくり”の魅力語る

2016年4月9日 / 00:48

「この活動を生涯続けたい」と語った中田英寿氏

 元サッカー日本代表の中田英寿氏が8日、自身が代表として企画した「REVALUE NIPPON PROJECT展 中田英寿が出会った日本工芸」のプレス内覧会に出席し、取材に応じた。

 「REVALUE NIPPON PROJECT」とは、中田氏が現役引退後に続けているプロジェクトの一つで、日本の伝統工芸、文化や技術の価値や可能性を再発見し、伝承することを目的としたもの。

 本展では、「ものづくりの心」を後世に伝えるべく、中田氏に賛同する工芸家とクリエーターによって生まれたコラボレート作品約30点が展示される。

 中田氏は「海外に住んでいる時、サッカーのことの後に必ず聞かれる質問が“日本のこと”だった。僕の趣味や好きなものより先に聞かれた。そんな時、果たして自分は日本のことを知っているんだろうかと考えたらほとんど知らなかった」と振り返った。

 そんなこともあり「一度日本に帰って今の日本を見てみようと思った」という中田氏は2009年春から日本全国を旅するように。そこで出会った「素晴らしいものづくりの技術」に感銘を受け、同プロジェクトをスタートさせたという。

 プロジェクトを通じて名だたる工芸家、クリエーターなど「たくさんの人と知り合うことができた」と感謝する中田氏は「技術というのは一度失われてしまうと、もう一度始めるというのは非常に難しい。何百年も続いている日本の技術というものを現代に生かしていくためには、“楽しさ”も必要」と説いた。

 今回の展示品についても「一瞬、伝統的な工芸からは離れたものに見えるかもしれないけど、表現の切り口が違うだけでそこに入っている技術は100年続いてきたもの」と言い「僕自身、見てびっくりしたものもたくさんある。この楽しさが多くの人に伝われば、そこに生きる技術も残っていくはず」と期待を寄せた。

 また「日本の“ものづくり”を世界に発信していくには?」という質問に中田氏は、「今はネットなどがあるので、発信に関しては難しいことではない」と回答。「どうしても発信というと“外に出て行く”ことを考える人が多いけど、そうではなく、世界の人が日本に来たい、そういう憧れを作ることが非常に大事。出て行くのでなく、世界にこちらに来てもらうのです」と力説した。

 本展は、都内のパナソニック汐留ミュージアムで9日~6月5日、開催。


芸能ニュースNEWS

上白石萌音「座右の銘にしようかな」 演じた起業家のモデルの言葉に感動

映画2019年7月23日

 映画『スタートアップ・ガールズ』の先行上映イベントが22日、東京都内で行われ、ダブル主演の上白石萌音と山崎紘菜がトークショーに登壇した。  2人は2011年の東宝「シンデレラ」オーディションで、共に審査員特別賞を受賞。本作が初共演だったが … 続きを読む

吉本興業・岡本社長、宮迫&田村亮との関係修復を希望 「非常につらい思いをさせてしまった」

ニュース2019年7月22日

 吉本興業の岡本昭彦社長が22日、反社会的勢力の会合に参加した“闇営業“に端を発する一連の騒動を受け、東京都内で会見を行った。  この日の会見は、20日、同社と契約解消となったお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之と、謹慎中のロンドンブーツ … 続きを読む

岸恵子、幼少期の悲惨な戦争体験を告白 清原果耶「同世代の方にも見てほしい」

ドラマ2019年7月22日

 NHK特集ドラマ「マンゴーの樹の下で ~ルソン島、戦火の約束~」試写会見が22日、東京都内で行われ、出演者の岸恵子、清原果耶、渡辺美佐子、山口まゆ、伊東四朗が登場した。  本作は、太平洋戦争の中で最も凄惨(せいさん)を極めたフィリピン攻防 … 続きを読む

斎藤工「業界全体が変わらなきゃいけない時代」 芸人らに「気が気じゃないだろうな」

トレンド2019年7月22日

 「読売新聞 特別記者」任命式が22日、東京都内で行われ、特別記者に任命された俳優の斎藤工が登場した。 続きを読む

城田優「今までで一番すてきな加藤和樹を作る」 加藤「最後まで付いていく」

舞台・ミュージカル2019年7月22日

 ミュージカル「ファントム」制作発表会見が22日、東京都内で行われ、出演者の加藤和樹、城田優、愛希れいか、木下晴香ほかが登壇した。  本作は、フランスの人気小説『オペラ座の怪人』を原作に、同作に登場する怪人ファントムの人間像に焦点を当てた物 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top