山本舞香、初主演映画に心残り 「みんなは一緒にご飯に行ったらしい」

2015年10月30日 / 18:44

舞台あいさつに登壇した山本舞香

 第28回東京国際映画祭「パノラマ部門」上映作品『桜ノ雨』の舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、出演者の山本舞香、浅香航大、広田亮平、久松郁実と楽曲制作を手掛けたhalyosy氏、ウエダアツシ監督が出席した。

 本作は、2008年にhalyosy氏がVOCALOIDを使用して発表した楽曲「桜ノ雨」を映画化したもの。halyosy氏は「この曲は僕が住んでいた六畳一間に引きこもりながら作った曲でした。こんなにたくさんの人が関わって大きな作品になって、映画祭に出られたのがうれしいです。にわかには信じられないと感じています」と喜んだ。

 舞台あいさつ前にはキャスト40人による「桜ノ雨」の生合唱が披露された。歌唱中に涙をこぼした山本は「初めて主演をさせていただくことはうれしかったけどプレッシャーもありました。でもこの作品は学ばせていただくことが多かったです」と語った。

 撮影はオール静岡ロケで行われ、山本は「泊まり込んで2週間で撮影しました。私はほとんど撮影していましたが、みんなはご飯に行ったりしていたらしく、いいなあと思いました」と振り返った。

 これに対して浅香は「沼津で亮平を連れて釣りにも行ったし、行きつけの飲み屋もできました。毎日本当に楽しかったです。すみません」と笑わせた。

 「何それ、いいなあ」とうらやむ山本をよそに、浅香と共に釣りに行ったという広田は「撮影のない日に突然浅香さんに『行くぞ』と呼ばれて、ホテルで自転車を借りて行ったら釣りをする場所でした。結構自由な方で年上だし、逆らえない感じで」と明かした。

 映画は来年3月ロードショー。

(左から)ウエダアツシ監督、久松郁実、山本舞香、浅香航大、広田亮平、halyosy氏

(左から)ウエダアツシ監督、久松郁実、山本舞香、浅香航大、広田亮平、halyosy氏


芸能ニュースNEWS

「六本木クラス」“龍二”鈴鹿央士の境遇に「涙した」 “新”竹内涼真は「本当に愛情深い人」「長屋に負けるな」

ドラマ2022年8月12日

 竹内涼真が主演するドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系)の第6話が、11日に放送された。  本作は、韓国ドラマ「梨泰院クラス」をリメークしたジャパン・オリジナル版。絶望の淵に立たされた青年・宮部新(竹内)が復讐(ふくしゅう)を誓い、金と権 … 続きを読む

「家庭教師のトラコ」“トラコ”橋本愛の預金額に驚きの声 「8千万円を何に使ったんだろう」「施設への寄付?」

ドラマ2022年8月11日

 橋本愛が主演するドラマ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系)の第4話が、10日に放送された。  本作は、謎の家庭教師・トラコ(橋本)が、年齢も抱えている問題もバラバラの3人の母親と、その子どもを救う個別指導式ホームドラマ。遊川和彦氏が脚本を … 続きを読む

草なぎ剛、デビュー作の原田琥之佑にエール 「感謝の気持ちを忘れずにいれば、絶対にうまくいく」

映画2022年8月11日

 映画『サバカンSABAKAN』完成披露舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の原田琥之佑、尾野真千子、竹原ピストル、草なぎ剛と金沢知樹監督が登壇した。  本作は、1980年代の長崎を舞台に、久田(番家一路)と竹本(原田)の2人の少 … 続きを読む

岩本照、天才詐欺師役は「アイドルに近いものがある」 お気に入りの“成り済まし”は「医者」

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレスコール取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、横山由依、吉田栄作が登壇した。  本作は、フランク・W・アバグネイル・ジュニアの自伝小説『世界をだました男』 … 続きを読む

玉木宏、子どものため庭のプール環境を整備 見守り用にテントも設置し「完結させました」

映画2022年8月9日

 映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』大ヒット御礼舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、日本語吹き替えキャストの玉木宏と木村佳乃が登壇した。  スティーブン・スピルバーグ監督が製作総指揮を務めた本作は、約30年にわたり、恐竜と人類 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top