ピース又吉の芥川賞受賞にお祝いコメント 綾部「大先生、おめでとうございます」

2015年7月17日 / 11:15

 日本文学振興会が主催する第153回芥川賞、直木賞の選考会が16日、東京都内で開かれ、お笑いコンビ、ピースの又吉直樹の「火花」が芥川賞を受賞した。

 今年1月、「文學界」2月号に掲載されたときから話題となり、同誌を史上初の大増刷へと導いたという「火花」。単行本は現在64万部を発行、売れない芸人・徳永と師として仰ぐべき先輩・神谷が、笑いの真髄について議論しながら、それぞれの道を歩む魂の交流を描く。

 又吉と同じくよしもとクリエイティブエージェンシーに所属する芸人からは、お祝いのコメントが寄せられた。桂文枝は「『火花』を読んで感動しました。本当によかったです。私も創作落語を250作以上作りましたが、又吉くんは才能にあふれています。漫才師でこんなに文才がある人はよしもと100年の歴史でも初めてではないかと思います」として、「今後は創作落語を書いてほしいですね。『火花』は落語にしにくいです(笑)」と期待を寄せた。

 コンビを組む綾部祐二は「大先生、芥川賞おめでとうございます。これで本格的にアシスタントになる覚悟ができました。これからも宜しくお願い致します」と述べた。

 また、又吉と同居生活を送っているパンサーの向井慧は「又吉さんと出会って8年程、僕の中で又吉さんは、尊敬する先輩でありながら、友達のような感覚もあり、最近ではお父さんというよりもお母さんのような存在です。あまりに距離が近すぎて忘れそうになりますが、あらためてすごい人だったんだと思い出させていただきました」と賞賛。もう一人の同居人、ジューシーズの児玉智洋も「おめでとうございます。今夜はすき焼き作って待ってるね」とコメントした。

 ほか、芥川賞には羽田圭介氏の「スクラップ・アンド・ビルド」、直木賞には 東山彰良氏の「流」が決定した。


芸能ニュースNEWS

「恋ぷに」石原さとみ&綾野剛の“着ぐるみ姿”に反響 「何なんですか、あのかわいい生き物は」

ドラマ2021年5月13日

 石原さとみと綾野剛がW主演するドラマ「恋はDeepに」(日本テレビ系)の第5話が、12日に放送された。  本作は、海洋学者の渚海音(石原)と、ツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(綾野)の“禁断の恋”を描くラブコメディー。  「私、人間じゃないの」 … 続きを読む

及川光博、デビュー25周年を振り返る 美輪明宏の「誤解されて当たり前」に感謝

CM2021年5月12日

 「ビゲン 香りのヘアカラー新CM発表会」が12日、オンラインで開催され、ビゲンブランドアンバサダーに就任した及川光博が登場した。  この日は、今年デビュー25周年を迎えた及川が、ビゲンの歴史とともに、自身の歴史を振り返るトークセッションを … 続きを読む

中村勘九郎「生きる鼓動を味わって」 コクーン歌舞伎の開幕に喜びと感謝

舞台・ミュージカル2021年5月12日

 渋谷・コクーン歌舞伎 第十七弾「夏祭浪花鑑」取材会が11日、オンラインで開催され、出演者の中村勘九郎、中村七之助、尾上松也、ほかが出席した。  浪花の市井の人々を描いた「夏祭浪花鑑」は、コクーン歌舞伎で1996年、2003年、08年に上演 … 続きを読む

「着飾る恋」川口春奈と横浜流星が“両思い確定ハグ” 「流星くんのギューからの頭ポンポンがやばい」

ドラマ2021年5月12日

 川口春奈が主演するドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)の第4話が、11日に放送された。  本作は、着飾ることで自分の居場所を得ている主人公・真柴くるみ(川口)が、ミニマリストの駿(横浜流星)らとルームシェアをし、恋や友情を深めな … 続きを読む

「大豆田とわ子と三人の元夫」スカパラ・谷中敦が登場 モラハラ社長役に「カッコよかったけど殴りたい」

ドラマ2021年5月12日

 松たか子が主演するドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(カンテレ・フジテレビ系)の第5話が、11日に放送された。  とわ子(松)が社長を務める「しろくまハウジング」に、イベント会社からの仕事が舞い込んだ。先方の社長・門谷(谷中敦)ととわ子は … 続きを読む

amazon

アクセスランキング RANKING

page top