ピース又吉の芥川賞受賞にお祝いコメント 綾部「大先生、おめでとうございます」

2015年7月17日 / 11:15

 日本文学振興会が主催する第153回芥川賞、直木賞の選考会が16日、東京都内で開かれ、お笑いコンビ、ピースの又吉直樹の「火花」が芥川賞を受賞した。

 今年1月、「文學界」2月号に掲載されたときから話題となり、同誌を史上初の大増刷へと導いたという「火花」。単行本は現在64万部を発行、売れない芸人・徳永と師として仰ぐべき先輩・神谷が、笑いの真髄について議論しながら、それぞれの道を歩む魂の交流を描く。

 又吉と同じくよしもとクリエイティブエージェンシーに所属する芸人からは、お祝いのコメントが寄せられた。桂文枝は「『火花』を読んで感動しました。本当によかったです。私も創作落語を250作以上作りましたが、又吉くんは才能にあふれています。漫才師でこんなに文才がある人はよしもと100年の歴史でも初めてではないかと思います」として、「今後は創作落語を書いてほしいですね。『火花』は落語にしにくいです(笑)」と期待を寄せた。

 コンビを組む綾部祐二は「大先生、芥川賞おめでとうございます。これで本格的にアシスタントになる覚悟ができました。これからも宜しくお願い致します」と述べた。

 また、又吉と同居生活を送っているパンサーの向井慧は「又吉さんと出会って8年程、僕の中で又吉さんは、尊敬する先輩でありながら、友達のような感覚もあり、最近ではお父さんというよりもお母さんのような存在です。あまりに距離が近すぎて忘れそうになりますが、あらためてすごい人だったんだと思い出させていただきました」と賞賛。もう一人の同居人、ジューシーズの児玉智洋も「おめでとうございます。今夜はすき焼き作って待ってるね」とコメントした。

 ほか、芥川賞には羽田圭介氏の「スクラップ・アンド・ビルド」、直木賞には 東山彰良氏の「流」が決定した。


芸能ニュースNEWS

「顔に泥を塗る」“モラハラ彼氏”西垣匠の演技に悲鳴 「西垣くんが想像以上に怖くて震える」「早く逃げてー」

ドラマ2024年7月15日

 高橋ひかるが主演するドラマ「顔に泥を塗る」(テレビ朝日系)の第1話が、13日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、SNSで話題の同名人気コミックを実写化。自尊心が低めな主人公・柚原美紅(高橋)がメークの力で前を向き始め、モラハ … 続きを読む

「ブラックペアン シーズン2」「天城先生のオペシーン最高にしびれた!」「今日はアップルパイが食べたいな」

ドラマ2024年7月15日

 二宮和也が主演する日曜劇場「ブラックペアン シーズン2」(TBS系)の第2話が、14日に放送された。  本作は、2018年4月期に放送された日曜劇場「ブラックペアン」の続編となるメディカルエンターテインメント。シーズン1から6年後の物語を … 続きを読む

「青島くんはいじわる」“青島くん”渡辺翔太のおんぶ&床ドンにもん絶 「ずっとキュンキュンできる」「あの終わり方は気になる」

ドラマ2024年7月15日

 Snow Manの渡辺翔太と中村アンがW主演するドラマ「青島くんはいじわる」(テレビ朝日系)の第2話が、13日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、人気同名コミックを実写化。イケメンでモテモテでも“恋愛不要主義”の「ツンデレ絶 … 続きを読む

中島健人、ネット炎上や誹謗中傷などの“SNSトラブル”を語る 「アイドルとして、いろんな言葉を全身で受け止めて来た」

ドラマ2024年7月14日

 ドラマ「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」の記者会見が12日、東京都内で行われ、出演者の中島健人、白石聖、片平なぎさが登場した。  本作は、原作・左藤真通氏、作画・富士屋カツヒト氏の同名漫画をドラマ化。変わり者の弁護士 … 続きを読む

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

Willfriends

page top