薬師丸ひろ子、35年ぶりにアニメ声優 「難しかったが、楽しい作業でした」

2015年7月1日 / 23:05

(左から)日本アニメーション社長の石川和子氏、田辺桃子、村中知、薬師丸ひろ子、鹿賀丈史

 1975年に創業したアニメ業界の老舗、日本アニメーションが40周年記念作品として制作した『シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島』の完成披露上映会が1日、東京都内で行われ、声優を務めた村中知、田辺桃子、薬師丸ひろ子、鹿賀丈史らが出席した。
 この作品は、「アラビアンナイト(千夜一夜物語)」の中でも有名な物語の一つ、「シンドバッド」の大冒険を三部作で描く。主人公シンドバッドの声を務めた村中は「純粋に夢見る気持ちとピュアな気持ちを大切にしました。見ている方に身近に感じていただきたく、愛されるキャラクターになればいいなと思っています」と思いを語った。
 ヒロインのサナ役で声優初挑戦となった田辺は「本当に緊張と不安しかなく、皆さんにアドバイスをいただいて、なんとかサナちゃんとして生きられたかなと思います」とアフレコを振り返った。村中は「初めて田辺さんのお声を聞いた時、魂のこもったサナのせりふはこんな表現もあるんだと感動しました」と絶賛した。
 シンドバッドの母親、ラティーファ役で35年ぶりにアニメ声優を務めた薬師丸は「自分と違う人物に声を乗せるたいへん難しい作業でしたが、裏を返せばとても楽しい作業でもありました」と充実感をのぞかせた。劇中歌「わたりどり」を歌っており「メロディーに乗せてお母さんの寂しさ、(シンドバッドを)送り出す気持ちを伝えられればいいなと思いました」と語った。
 また、シンドバッドを連れて旅に出るラザック船長役の鹿賀は、人生の大海を渡ってきた“船長”として、映画を鑑賞した子どもたちに「人の心を思いやって優しい大人になってくれたら僕たちはうれしい。強い人にもなってください」とメッセージを送った。
 映画は7月4日から全国ロードショー。


芸能ニュースNEWS

松たか子主演「大豆田とわ子と三人の元夫」スタート 坂元裕二完全オリジナルの会話劇は「期待通り最高」

ドラマ2021年4月14日

 松たか子が主演するドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(カンテレ・フジテレビ系)の初回が、13日に放送された。  本作は、3度結婚し3度離婚している大豆田とわ子(松)が、3人の元夫に振り回されながらも幸せを見つけようとする姿を描く。  とわ … 続きを読む

「イチケイのカラス」逆転無罪の判決に「スカッとした」 山崎育三郎のハードルシーンには「大爆笑」

ドラマ2021年4月13日

 竹野内豊が主演するドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系)の第2話が、12日に放送された。  イチケイの部長・駒沢(小日向文世)は、合議制で扱いたい案件があるとみちお(竹野内)たちに告げる。それは、一審で有罪判決が下された人気料理研究家 … 続きを読む

深田恭子、憧れの「アンパンマン」でゲスト声優 自身の“アンパンマン的存在”は「吉田沙保里さん」

映画2021年4月12日

 映画『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』公開アフレコイベントが12日、東京都内で行われ、ゲスト声優を務める深田恭子、山崎弘也(アンタッチャブル)が出席した。  シリーズ32作目となる本作は、「雲の国」で生まれた雲の子・フワ … 続きを読む

本仮屋ユイカ「夫を殺す闇を背負った女の子です」 白洲迅&青柳翔と生配信イベントで主演作をアピール

ドラマ2021年4月12日

 ドラマ「私の夫は冷凍庫に眠っている」初回放送直前生配信イベントが10日に行われ、出演者の本仮屋ユイカ、白洲迅、青柳翔が登場した。  本作は、小説投稿サイト「エブリスタ」に投稿され、話題となった同名小説をドラマ化。主人公の夏奈(本仮屋)は、 … 続きを読む

ドロキュン劇場「殴り愛、炎」完結編に「笑い疲れた」 「山崎育三郎と市原隼人の無駄遣いが最高」

ドラマ2021年4月12日

 山崎育三郎が主演するドラマスペシャル「殴り愛、炎」(テレビ朝日系)の後編が、9日に放送された。  本作は、鈴木おさむ氏が脚本を手掛けた“ドロキュン劇場シリーズ”の最新作。 エリート医師の明田光男(山崎)が、婚約者の豊田秀実(瀧本美織)と緒 … 続きを読む

amazon

page top