中村獅童「いつかは主役をやると想像していた」 「松竹花形歌舞伎」は全国16カ所で公演

2011年7月20日 / 13:24
 「松竹花形歌舞伎」の製作発表会見に出席した、主演の中村獅童 (c)KYODONEWS

 「松竹花形歌舞伎」の製作発表会見に出席した、主演の中村獅童 (c)KYODONEWS

 歌舞伎俳優の中村獅童が20日、都内で開かれた「松竹花形歌舞伎」の製作発表会見に出席した。中村は、昨年2月に博多座で初役に挑み、大絶賛をされた新歌舞伎の名作「瞼の母」と、日枝神社の山王祭を題材とした人気歌舞伎舞踊「お祭り」を、秋季巡業として上演する。 全国16都道府県、20会場での公演に挑む中村は「いろいろな土地でお芝居をやらせていただけるのはありがたい。舞台はお客様とつくるもの。その土地、その土地のお客様とつくり出す空気を体感してほしい」と話した。

 また「初めて歌舞伎を見る方は“もしかしたら難しいんじゃないか”と思う人がほとんどだと思う。だけど今回は、言葉の分かりやすい新歌舞伎と舞踊。歌舞伎が初めてという方にもピッタリ」と、アピールした。

 一方、中村は「瞼の母」で生き別れの母を探す忠太郎を演じるが「まぶたを閉じて、母を思う気持ちは感慨深い」と語り「役者というのは、見えないゴールに向かって突っ走って行く職業。僕は子どものころからまぶたを閉じて、いつか主役をやると想像していた」と、今舞台にかける熱い胸のうちを明かした。

 「松竹花形歌舞伎」は11月1日東京・サンパール荒川の東京公演を皮切りに、25日青森で楽日をむかえる。


芸能ニュース

自転車をこいで発電に挑んだ小日向文世

小日向文世、発電イベントに挑戦 体当たりの自転車発電も反応せず

映画2017年1月16日

 映画『サバイバルファミリー』の完成披露試写会舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、出演者の小日向文世、深津絵里、泉澤祐希、葵わかなと矢口史靖監督が出席した。  矢口監督のオリジナル脚本で映画化された本作は、電気を必要とするあらゆるものが … 続きを読む

来日記者会見に登場したマーティン・スコセッシ監督

マーティン・スコセッシ監督が来日会見 「『沈黙』は積年の思いで完成させた」

映画2017年1月16日

 映画『沈黙―サイレンス―』のマーティン・スコセッシ監督が16日、東京都内で来日記者会見を行った。  本作は、遠藤周作の歴史小説『沈黙』と出会ったスコセッシ監督が、28年の時を経て映画化したもの。  17世紀の江戸初期、激しいキリシタン弾圧 … 続きを読む

「第40回日本アカデミー賞」授賞式で司会を務める西田敏行(左)と安藤サクラ

「日本アカデミー賞」『怒り』が11部門で最多受賞 宮崎あおいと広瀬すずは優秀主演&助演女優賞をダブル受賞

授賞式2017年1月16日

 「第40回日本アカデミー賞」優秀賞発表記者会見が16日、東京都内で行われ、授賞式で司会を務める西田敏行と安藤サクラほかが出席した。  優秀作品賞は『怒り』『家族はつらいよ』『シン・ゴジラ』『湯を沸かすほどの熱い愛』『64-ロクヨン-前編』 … 続きを読む

 青いブレザーの制服に身を包んだ広瀬すず

広瀬すず、改めて成田凌との交際を否定 高校卒業後「進学は考えていないです」

トレンド2017年1月16日

 「SoftBank 2017 Spring」発表会が16日、東京都内で行われ、新CMに出演した広瀬すず、大原櫻子とゲストとしてお笑いコンビのフットボールアワー(後藤輝基、岩尾望)が出席した。 続きを読む

にゃんごすたー(左)と新木優子

中島裕翔「まじですげえ。超かわいい」と大興奮 “今一番会いたい”にゃんごすたーと対面

映画2017年1月16日

 映画『僕らのごはんは明日で待ってる』の大ヒット御礼舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、出演者の中島裕翔(Hey! Say! JUMP)、新木優子、市井昌秀監督が登場した。  本作は、無口でネガティブな亮太(中島)と、太陽のように明るく … 続きを読む

more
page top