塚本高史が7年後の息子にメッセージ 「父ちゃんかっけーか?」

2013年5月7日 / 21:05

 (左から)栗山千明、須田瑛斗、塚本高史

 連続ドラマW「配達されたい私たち」の完成披露試写会が7日、東京都内で行われ、出演の塚本高史、栗山千明、須田瑛斗と原作・脚本を手掛けた一色伸幸氏が登場した。

 ドラマは、うつ病を患う主人公の澤野(塚本)が、自殺しようと訪れた場所で7年前に捨てられた7通の手紙を拾い、それを配達する中で出会うさまざまな人間模様を描く。

 塚本は「うつ病とは正反対の自分が、どうやったらうつ病に見えるか考えながらやった。一色さんにも相談をした」と役作りの苦悩を打ち明け、一色氏も「こんなに悩んでいる塚本は初めて見た。試行錯誤して役をつかんでいた」と語った。

 また、物語の内容にちなみ「もしも7年後の未来に手紙を送るとしたら」と質問されると、塚本は「5歳の娘と3歳の息子がいるんですけど、今はまだおやじに憧れとかないと思うので、7年後、10歳になった息子に“父ちゃんかっけーか?”と聞きたい」と話し、栗山は「親に、今の自分の思いや感謝を伝えたい。今回このドラマをやって手紙を書くという行為がすてきなことだなと感じた」と笑顔を浮かべた。

 連続ドラマW「配達されたい私たち」はWOWOWプライムで5月12日午後10時スタート。全5話で第1話無料放送。


芸能ニュースNEWS

A.B.C-Z戸塚祥太「通販で木刀を買いました」 冨岡健翔「ジャニーズJr.22歳定年制」に言及

舞台・ミュージカル2021年1月22日

 舞台「未来記の番人」制作発表記者会見が22日、東京都内で行われ、出演者の戸塚祥太(A.B.C-Z)、松田悟志、冨岡健翔(ジャニーズJr.)が登場した。  本作は、聖徳太子が残した“予言の書”を巡る戦いの中で、千里眼の異能を持つ主人公・千里 … 続きを読む

岡田将生、志尊淳に熱い思いをぶつける 「これがなかったら抱きしめている」

映画2021年1月22日

 映画『さんかく窓の外側は夜』公開前夜祭イベントが21日、東京都内で行われ、出演者の岡田将生、志尊淳、平手友梨奈と森ガキ侑大監督が登壇した。  本作は、霊がはらえる男(岡田)と霊が見える男(志尊)が、除霊という特殊能力を使い、怪奇事件に挑む … 続きを読む

「にじいろカルテ」高畑充希の涙に「もらい泣きした」 「ハートフルで力をもらえるドラマ」

ドラマ2021年1月22日

 高畑充希が主演するドラマ「にじいろカルテ」(テレビ朝日系)の初回拡大スペシャルが、21日に放送された。  本作は、山奥の診療所を舞台に、全然スーパードクターじゃないポンコツ医師や看護師の姿を描く、笑って泣けるチーム医療ドラマ。  ポンコツ … 続きを読む

「知ってるワイフ」大倉忠義&広瀬アリス ラブラブシーンは「永遠に見ていられる」

ドラマ2021年1月22日

 大倉忠義主演のドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系)の第3話が、21日に放送された。  剣崎元春(大倉)は、バイクとぶつかりそうになった建石澪(広瀬アリス)の名前を呼んで、思わず抱きとめた。澪は元春に名前を呼ばれたことで、どこか懐かしい … 続きを読む

長澤まさみと仲野太賀が役所広司にインタビュー 『すばらしき世界』プレミアイベント

映画2021年1月22日

 映画『すばらしき世界』プレミアイベントが21日、東京都内で行われ、出演者の役所広司、仲野太賀、長澤まさみと西川美和監督が登壇した。  本作は、直木賞作家・佐木隆三のノンフィクション小説『身分帳』を原案に映画化。  下町の片隅で暮らす、短気 … 続きを読む

page top