ももクロ百田「AKBと一緒にしちゃダメ」 ももクロが初のバレンタインイベントを開催

2013年2月11日 / 20:01

 バレンタインイベントを行った「ももいろクローバーZ」。(左から)有安杏果、佐々木彩夏、百田夏菜子、玉井詩織、高城れに

 バレンタインイベント「ももクロくらぶXOXO ~バレンタイン DE NIGHT だぁ~Z!」が11日、東京都内で行われ、ももいろクローバーZがイベント開演前の囲み取材に応じた。

 初めてのバレンタインイベント開催についてリーダーの百田夏菜子は「普段はマネジャーから『あまりかわいさを出すな!』と言われているのでかわいさは出していないのですが、今日はバレンタインイベントなのでかわいさを出してもいいとお許しが出たんです。なので、普段とは違う“かわいいももクロ”を見せていきたいです」と意気込みを語った。

 マネジャーから『かわいさを出すのはNG』と言われている理由について“あーりん”こと佐々木彩夏が「かわいさを出すとマネジャーが嫉妬するんです。マネジャーは“ももクロのかわいさ(を見られるのは)日本中で僕だけだよ”って思っているんですよ」と話すと、玉井詩織も「かわいさを出すと世界中が『ももクロ好き好き』ってなっちゃって歴史を変えることになっちゃうんです。歴史を変えるにはまだ早いのでかわいさは出していないんです」とジョークを交えながら話した。

 本イベントは、5000人分のチケットに対し、80000件を超える応募が殺到。その人気ぶりについて百田は「いやいや、それはうそでしょ。(話を)盛ったんじゃないですか」と照れながらコメントし、「だって紅白に出てから少しは忙しくなるのかなと思ってたんですけど、平凡で穏やかな日々を送ってますもん」と近況を報告した。

 また、8月に日産スタジアムでのライブが決定したことについては「ドキドキしていますし、頑張りたいです。でも、(グループ全体で目標にしている)夢の国立競技場の前に日産スタジアムが決まって『そう簡単には夢の舞台には立たせてもらえないんだな』って思いました」と控えめにコメント。

 日産スタジアムではAKB48のライブも開催されることから「アイドルの両巨塔としてAKB48に一言」と報道陣からコメントを求められると「両巨塔とか言って、(AKB48と)私たちを一緒にしちゃダメですよ」と返し、「AKB48さんはものすごく好きなグループなので日産スタジアムで行われるライブを見に行きたいですね」と話した。 本イベントの模様はニッポン放送の「ももいろクローバーZ ももクロくらぶXOXO」で17日、24日の2週にわたりオンエア予定。


芸能ニュースNEWS

北村匠海「今日ここに立つことが少し怖かった」 「僕は決してかわいそうなやつではない」

映画2020年10月30日

 映画『とんかつDJアゲ太郎』の初日舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、出演者の北村匠海、山本舞香、浅香航大、池間夏海と二宮健監督が登壇した。  出演者の一人である伊藤健太郎は、29日、道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで警視庁に逮捕され … 続きを読む

大倉忠義、ファンに迎えられ「ただいまです」 「本当の本当は誰も知らない」

映画2020年10月30日

 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』大ヒット記念舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、主演の大倉忠義と行定勲監督が登壇した。  本作は、水城せとな氏の人気コミックを映画化。主人公の大伴恭一を大倉が、恭一をいちずに思う今ヶ瀬渉を成田凌が演じた。 … 続きを読む

「ルパンの娘」深田恭子と橋本環奈と山本美月に囲まれて 「瀬戸康史くんは令和一のモテ男か」

ドラマ2020年10月30日

 深田恭子が主演するドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)の続編・第3話が、29日に放送された。  本作は、代々泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華(深田)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の恋愛を描くラブコメディー。  今回は、華と和 … 続きを読む

妻夫木聡「500円で芸能界に入りました」 きっかけはゲームセンターのオーディション

映画2020年10月30日

 映画『STAND BY ME ドラえもん2』完成報告会が29日、東京都内で行われ、声優を務めた妻夫木聡、宮本信子、八木竜一監督と脚本・共同監督の山崎貴氏が出席した。  本作は、3DCGアニメーション映画として2014年に公開された『STA … 続きを読む

大野智&櫻井翔「嵐の付き合いは一生もの」 「ずっと一緒に共にしていくのだと確信」

イベント2020年10月29日

 「2021年用お年玉付年賀はがき 販売開始セレモニー」が29日、東京都内で行われ、年賀状コミュニケーションパートナーを務める嵐の櫻井翔と大野智が登場した。  この日は2人が、今年の年賀状のキャッチフレーズ「このつながりは、一生もの。」をお … 続きを読む

page top