アインシュタイン稲田「100万円いただきます」 「よしもと男前ブサイクランキング」が復活

2019年10月23日 / 15:17

 「よしもと男前ブサイクランキング2019」開催発表会見に登場した面々

 「よしもと男前ブサイクランキング2019」開催発表会見が23日、東京都内で行われ、お笑い芸人のほんこん、EXITの兼近大樹とりんたろー。、おばたのお兄さん、アインシュタインの稲田直樹と河井ゆずるほかが登場した。

 吉本芸人の中から一般投票で「男前芸人」と「ブサイク芸人」の1位を決める同ランキングが4年ぶりに復活し、各部門の勝者に賞金100万円が贈られることが発表された。

 会場投票で「ブサイク部門」予想第1位となった稲田は「この世に男として生まれてきたからには、ブサイクだろうが何だろうが1位を取る、それが宿命だと思っています。100万円いただきます」と男前のトーンで意気込みを語った。

 「イケメン部門」で予想第1位の兼近は「プライベートでもモテている?」と聞かれると、「最近はめちゃめちゃモテるんです。2年前まではおかっぱで裸芸をやっていたので、割と虐げられたんですけど、(キャラを変えて)たった2年でこんなもてはやされ方をして、人間って残酷だなって思います」と意外な一面を告白した。

 吉本芸人の間で「男前なのかブサイクなのか微妙」「中途半端」と言われているというおばたは「奥さん(山崎夕貴アナ)はもちろん“男前”の方だと思っています。僕は小栗旬のつもりでいるので、僕をブサイクっていうことは、小栗さんに対してブサイクって言ってるのと一緒だなって思います」と話して笑いを誘った。

 2000年から3年連続「ブサイク部門」で1位となり、殿堂入りを果たしたほんこんは「(ブサイクは)仕事やからね。それでお金もうけできんのやから。この企画が復活するというのは今のご時世、コンプライアンス的に時代とは逆行していますけど、懐の深いところで、お客さんも笑っていただけたらありがたいです」と企画復活の趣旨を説明した。


芸能ニュースNEWS

「#リモラブ」波瑠が恋する“檸檬さん”の正体に反響 「まさかあんな形で正体が分かるなんて…」

ドラマ2020年10月22日

 波瑠が主演するドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」(日本テレビ系)の第2話が、21日に放送された。  本作は、恋愛をさぼってきた“おひとりさま”の産業医・大桜美々(波瑠)が、SNS上で知り合った顔も名前も分からない相手「檸檬(れもん) … 続きを読む

生田斗真「アニメも面白いけど演劇はもっと面白い」 コロナ禍で中止になった主演作を映画館で上映

映画2020年10月22日

 ゲキ×シネ『偽義経冥界歌(にせよしつねめいかいにうたう)』の舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、出演者の生田斗真、中山優馬、藤原さくらが登壇した。  本作のモチーフは、“奥州藤原三代”と“義経黄金伝説”。源義経が、実際に奥州にかくまわ … 続きを読む

伊藤健太郎、まわし姿にも抵抗なし 「恥ずかしいって感覚がおかしくなる」

舞台・ミュージカル2020年10月21日

 舞台「両国花錦闘士」制作発表記者会見が21日、東京都内で行われ、出演者の伊藤健太郎、大鶴佐助、大原櫻子、紺野美沙子、りょう、作・演出の青木豪氏が登壇した。  本作は、岡野玲子氏の漫画を原作に、女人禁制の国技ともいわれる相撲を、乙女の視点か … 続きを読む

出川哲朗、電動車いすの魅力を熱弁 「本人だけでなく家族もハッピーに」

イベント2020年10月21日

 経済産業省「のろーよ!デンドー車いす」プロジェクト発表会が21日、東京都内で行われ、タレントの出川哲朗が登場した。  経産省は、高齢者の移動・活動を促すべく、電動車いすの普及と安全性の周知を含めた取り組みを実施する。  約2カ月前に、同プ … 続きを読む

「DIVER」に続編希望の声 「福士蒼汰と野村周平のコンビが最高」

ドラマ2020年10月21日

 福士蒼汰が主演するドラマ「DIVER-特殊潜入班-」(カンテレ・フジテレビ系)の最終回・第5話が、20日に放送された。  本作は、窃盗や暴力事件の常習犯だった過去を持つダークヒーロー・黒沢兵悟(福士)が、兵庫県警に秘密裏に設置された潜入捜 … 続きを読む

page top