岡田将生、「反抗期は半年で終了」 素直になれない思春期振り返る

2018年11月14日 / 15:19

 (左から)岡田将生、田中レイ、時任三郎 

 鉄拳のパラパラ漫画が原作の映画『家族のはなし』舞台あいさつ付き親子特別試写会が13日、東京都内で行われ、親子役を演じた岡田将生と時任三郎が登場した。

 本作は、家族の大切さをストレートに表現。葛藤し成長していく主人公・拓也を岡田が、リンゴ作り一筋で、不器用ながらも息子をじっと見守る父親役を時任が演じる。そんな父と息子を見守る母親役を財前直見が、拓也に時には厳しく時には優しく隣で助言をする地元の同級生役を成海璃子が演じる。

 親子役を演じた岡田と時任は、撮影エピソードから実際の自身の家族にまつわるトークを展開。岡田が演じた主人公・拓也は、常にいら立ちを隠さない青年で、「僕自身もどこにもぶつけられないいら立ちというのはあった」と自身の20代前半を振り返った岡田。反抗期については、「ありました、ありました、反抗しました!」と答え、会場の笑いを誘った。“ありがとう”や“ただいま”が思春期だと素直に言えない。その延長で母親と話さなくなった時期もあった。父が間に入ってくれて僕の反抗期は半年くらいで終わりました」と岡田が話すと、時任も「素直になれないよな」と理解を示していた。

 時任が演じた父親は、息子を怒るでもなく、常に優しく見守るスタンス。時任は、実生活でもあれこれ言わずに「どちらかというと見守るタイプです」と明かした。

 また、拓也の幼少時代を演じた田中レイが、かごいっぱいのリンゴを持ってサプライズ登場。岡田に「僕の年齢、何歳に見えるんだっけ?」と問われた田中は、「19才」と回答し、岡田は「まだ高校生役できる!」と笑顔。さらに田中は、時任には「15才」と答え、時任も「ありがとう!」と満面の笑みだった。

 映画は11月23日にイオンシネマでロードショー。


芸能ニュースNEWS

吉田鋼太郎「田中圭が止まらない」 『劇場版おっさんずラブ』のシリーズ化を希望

映画2019年8月23日

 『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の田中圭、林遣都、内田理央、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉、沢村一樹、志尊淳、眞島秀和、大塚寧々、吉田鋼太郎と瑠東東一郎監督が登壇した。 … 続きを読む

りゅうちぇる、生きづらさを感じた過去を語る 「自分を偽ったりもしたけど結局孤独だった」

トレンド2019年8月23日

 「True Colors Festival-超ダイバーシティ芸術祭-」記者会見が23日、東京都内で行われ、アンバサダーに就任した、作家・スポーツライターの乙武洋匡氏、タレントのりゅうちぇる、IVAN、ラブリが出席した。 続きを読む

竹中直人「映画館を出たら街が荒野に見えるはず」 「この映画は『許されざる者』を超えている」

映画2019年8月23日

 映画『荒野の誓い』のトークイベントが23日、東京都内で行われ、俳優の竹中直人が登場した。  本作は、退役間近の陸軍大尉(クリスチャン・ベール)、家族を殺された未亡人(ロザムンド・パイク)、死期が迫るシャイアン族の族長(ウェス・ステューディ … 続きを読む

星野源のサプライズ登場にファン歓喜 6年ぶりの主演映画は「すてきな喜劇になった」

映画2019年8月23日

 映画『引っ越し大名』公開直前イベントが23日、東京都内で行われ、お笑いコンビ・ずんの飯尾和樹とキャイ~ンのウド鈴木が出席した。  本作は、引っ越し奉公に任命された姫路藩の引きこもり侍・片桐春之介(星野源)が、お国の一大事を救うため、超難関 … 続きを読む

蒼井優、結婚祝福に「ありがとうございます」 池松壮亮、ピエール瀧への思いを語る

映画2019年8月23日

 映画『宮本から君へ』完成披露舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の池松壮亮、蒼井優、井浦新、一ノ瀬ワタル、真利子哲也監督、原作の新井英樹氏が登壇した。  本作は、新井氏の伝説的漫画を実写映画化。金なしコネなし勝ち目なし…。でも情 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top