多部未華子サロメ役に「プレッシャー」 宮本亜門、震災への思いを語る

2012年3月12日 / 16:34

 舞台「サロメ」に出演する(左から)成河、奥田瑛二、多部未華子、麻実れい (c)KYODONEWS

 舞台「サロメ」の制作発表が12日、東京都内で行われ、主役の多部未華子をはじめ出演者の麻実れい、成河、奥田瑛二と演出家の宮本亜門氏らが登壇した。

 今公演は、翻訳を平野啓一郎氏が担当。今までの“妖艶なサロメ”とは違う、純粋無垢(むく)であるがゆえの残酷さを持つサロメ像が描かれる。

 2度目の舞台となる多部は、「いろんな世界で知られている『サロメ』という作品。いろんな役者さんが演じられてきた役なので、プレッシャーであり、重いものを背負っている気持ちです。自信のある言葉を述べたいのですが、ネガティブな言葉しか出てこない…」と不安を隠せない様子。

 役柄については、「メディアの人たちが思っている私の印象と、あまりにも違っていて、私で大丈夫かな?と思いました」と苦笑した。

 だが、宮本さんは「僕は、(原作者の)オスカーが描きたかったのは、多部さんが持っているものだと思います。かわいさと純真さ、それから奥に何か持っている芯の強さだと思っています」と多部のキャスティングに自信をのぞかせた。

 また、東日本大震災から1年を迎えた今の思いを聞かれた宮本さんは、「すごい時代に生きているな、と感じています。自分が生きているのは何かできるからじゃないか、と考え続け、一瞬を逃さず生きていこうとあらためて思っています」と話した。

 多部も、「今、生きているこの瞬間に対して、何ができるかというのを日々考えている」と答えた。奥田は、「今年に入って5回ぐらい被災地に行き、映画を作るためにフィルムを回してます。深く、いろんな思いが浮かび、答えが出ない問題が出てきて、今までにない経験をしています」と語った。

 舞台は5月31日~6月17日、東京・新国立劇場で公演。


芸能ニュースNEWS

「顔に泥を塗る」モラハラ彼氏“ハル”西垣匠の演技が絶好調 「最低男っぷりに興奮してる」「目がパキパキ過ぎて、大暴走が楽しみ」

ドラマ2024年7月21日

 高橋ひかるが主演するドラマ「顔に泥を塗る」(テレビ朝日系)の第2話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、SNSで話題の同名人気コミックを実写化。自尊心が低めな主人公・柚原美紅(高橋)が、メークの力で前を向き始め、モラ … 続きを読む

「青島くんはいじわる」“青島”渡辺翔太のバックハグに反響 「年下感が出てる」「優しい青島くんがたまらない」

ドラマ2024年7月21日

 Snow Manの渡辺翔太と中村アンがW主演するドラマ「青島くんはいじわる」(テレビ朝日系)の第3話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、イケメンでモテモテでも“恋愛不要主義”の「ツンデレ絶食系男子」と、恋愛から離脱 … 続きを読む

すとぷり、アニメ映画舞台挨拶にメンバー全員登場 莉犬「この映画が皆さんの勇気になったらうれしい」

映画2024年7月20日

 『劇場版すとぷり はじまりの物語〜Strawberry School Festival!!!〜』公開記念舞台挨拶&全国同時生中継の取材が19日、東京都内で行われ、すとぷりの莉犬、るぅと、ころん、さとみ、ジェル、ななもり。、監督を務めた松浦 … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」“脛男”木村昴の新たな強烈エピソードに反響 「ごめんなさい。こんなにおもしろいと思わなかった」

2024年7月19日

 木村昴主演、新川優愛出演ドラマ「クラスメイトの女子、全員好きでした」(読売テレビ・日本テレビ系)の第2話が、18日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村)が、中学時代に恋 … 続きを読む

「ギークス」“西条”松岡茉優の“イケメン隣人”白洲迅に関心集まる 「彼も何らかのギークなのか」「正体と魂胆を知りたい」

ドラマ2024年7月19日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第3話が、18日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

Willfriends

page top