多部未華子サロメ役に「プレッシャー」 宮本亜門、震災への思いを語る

2012年3月12日 / 16:34

 舞台「サロメ」に出演する(左から)成河、奥田瑛二、多部未華子、麻実れい (c)KYODONEWS

 舞台「サロメ」の制作発表が12日、東京都内で行われ、主役の多部未華子をはじめ出演者の麻実れい、成河、奥田瑛二と演出家の宮本亜門氏らが登壇した。

 今公演は、翻訳を平野啓一郎氏が担当。今までの“妖艶なサロメ”とは違う、純粋無垢(むく)であるがゆえの残酷さを持つサロメ像が描かれる。

 2度目の舞台となる多部は、「いろんな世界で知られている『サロメ』という作品。いろんな役者さんが演じられてきた役なので、プレッシャーであり、重いものを背負っている気持ちです。自信のある言葉を述べたいのですが、ネガティブな言葉しか出てこない…」と不安を隠せない様子。

 役柄については、「メディアの人たちが思っている私の印象と、あまりにも違っていて、私で大丈夫かな?と思いました」と苦笑した。

 だが、宮本さんは「僕は、(原作者の)オスカーが描きたかったのは、多部さんが持っているものだと思います。かわいさと純真さ、それから奥に何か持っている芯の強さだと思っています」と多部のキャスティングに自信をのぞかせた。

 また、東日本大震災から1年を迎えた今の思いを聞かれた宮本さんは、「すごい時代に生きているな、と感じています。自分が生きているのは何かできるからじゃないか、と考え続け、一瞬を逃さず生きていこうとあらためて思っています」と話した。

 多部も、「今、生きているこの瞬間に対して、何ができるかというのを日々考えている」と答えた。奥田は、「今年に入って5回ぐらい被災地に行き、映画を作るためにフィルムを回してます。深く、いろんな思いが浮かび、答えが出ない問題が出てきて、今までにない経験をしています」と語った。

 舞台は5月31日~6月17日、東京・新国立劇場で公演。


芸能ニュースNEWS

山田涼介、スカイツリーに上るも「高い所は苦手」 理想のヒーロー像は「僕の中ではお父さん」

映画2022年1月24日

 映画『大怪獣のあとしまつ』東京スカイツリー点灯大作戦イベントが24日、東京スカイツリー天望デッキ フロア350で行われ、出演者の山田涼介、土屋太鳳が出席した。  本作は、倒された怪獣の“死体処理”をめぐる物語。怪獣の“後始末”を命じられた … 続きを読む

「真犯人フラグ」“陽香”生駒里奈の電話の相手は誰? 「8文字の人物は“一星”佐野勇斗か“望月”坂東龍汰か」

ドラマ2022年1月24日

 西島秀俊が主演するドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)の第13話が、23日に放送された。  本作は、家族が失踪してしまったサラリーマン・相良凌介(西島)が、世間から「犯人ではないか?」という疑惑の目を向けられ、追い詰められていく姿を描く … 続きを読む

「逃亡医F」犯人は脳外科医の“長谷川”桐山照史? 「何か重要な鍵を握っていそう」「犯人だったら震える」

ドラマ2022年1月24日

 成田凌が主演するドラマ「逃亡医F」(日本テレビ系)の第2話が、22日に放送された。  本作は、恋人殺しのぬれ衣を着せられ、指名手配犯へと転落した天才脳外科医の藤木圭介(成田)が、真犯人を突き止め、復讐(ふくしゅう)するために逃亡を図る物語 … 続きを読む

「DCU」“新名”阿部寛&“瀬野”横浜流星らDCUが真犯人を暴く ラストは「ショッキングな展開」

ドラマ2022年1月24日

 阿部寛が主演する日曜劇場「DCU」(TBS系)の第2話が、23日に放送された。  本作は、海上保安庁に新設されたスペシャリスト集団「DCU(Deep Crime Unit)」が、水にまつわる事件や事故の解明に挑むウォーターミステリー。(※ … 続きを読む

「婚活探偵」“黒崎”向井理の猫カフェデートに反響 「向井さんと猫ちゃん、癒やし効果絶大です」

ドラマ2022年1月23日

 向井理が主演する土曜ドラマ9「婚活探偵」(BSテレ東)の第3話が、22日に放送された。  本作は、ハードボイルドを気取っているが、実は女性とまともに付き合ったことがない草食系の探偵・黒崎竜司(向井)が、探偵事務所に舞い込んでくる謎や事件を … 続きを読む

amazon

page top