三山ひろし、10代との世代ギャップに苦笑 新曲の好反応には「超うれしい。マジうれしい」

2017年5月8日 / 16:48

 瑞慶山日向(左)と三山ひろし

 日本クラウン公式youtube番組「JK記者(ハート)演歌を斬る!!」公開イベントが8日、東京都内で行われ、三山ひろし、“JK記者”の瑞慶山日向が出席した。

 日本クラウンの公式サイトで今年3月から月1不定期更新されている番組は、演歌を知らない10代のJK記者が演歌歌手を斬っていくというもの。第1回目は鳥羽一郎、収録済みの第3回目は羽山みずき、三山は第2回のゲストを務めた。

 イベントでは、けん玉をしながら演歌を歌うパフォーマンスで知名度を上げ、けん玉3段の腕前を持つ三山によるけん玉教室も行われ、2級指導員の資格も持つ三山直々に瑞慶山の3級合格を認めた。

 10代の瑞慶山とのやり取りではたびたび意思の疎通が図れない場面もあり、三山は「こうして話すと世代のギャップを感じますね。言っていることがよく分からなくて、何度も聞き返すことがあった。新鮮でした」と語った。

 その一方、会場に集ったおなじみのファンを見渡しながら「いつもと同じ風景で、声援もいつも通りですごく安心感がありました。皆さんと一緒に楽しい時を過ごせて良かった」と安心感を口にした。

 また、新曲「男の流儀」は「日本男児の心意気を感じられる1曲。ジャパニーズダンディズム」という説明が瑞慶山にはうまく伝わらなかったが、歌唱後には「歌ってみようと思いました。リアルに」との感想が得られ、三山も「若い世代の人に演歌を知ってもらいたいってことを念頭において活動しています。超うれしい。マジうれしい」と喜んだ。

 「今日はメッタ斬りのずたずた。心も折れかけた。僕がボケたのを全然拾ってくれない」と意気消沈する三山に対して、瑞慶山は「ボケているのが全然分からない。今のギャグと昔のボケが違うんだと思います。パパとかのボケも分からないので」と冷静な突っ込みも。JK(女子高生)限定ライブを提案されると「その時は多分命がないですね。最後には立ってないと思う」と笑わせた。


芸能ニュースNEWS

池松壮亮「これからも一本一本こだわって…」 “渾身の一作”で最優秀男優賞を受賞

授賞式2017年11月19日

 「第9回TAMA映画賞」の授賞式が18日、東京都内で行われ、最優秀男優賞を受賞した池松壮亮ほかが登壇した。  『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』『続・深夜食堂』『永い言い訳』などでの演技が評価された池松は、ステージ上に丸刈り姿で登場 … 続きを読む

高杉真宙、今年は出演作6本が公開に 「めまぐるしく、充実した日々でした」

授賞式2017年11月19日

 「第9回TAMA映画賞」の授賞式が18日、東京都内で行われ、最優秀新進男優賞を受賞した高杉真宙、間宮祥太朗ほかが登壇した。  高杉は今年、『逆光の頃』『散歩する侵略者』『トリガール!』『想影(おもかげ)』『ReLIFE リライフ』『PとJ … 続きを読む

長澤まさみ、最優秀女優賞を獲得 「まだまだお芝居を頑張っていきたい」

トレンド2017年11月18日

 「第9回TAMA映画賞」の授賞式が18日、東京都内で行われ、最優秀女優賞を受賞した長澤まさみ、満島ひかりほかが登壇した。 続きを読む

土屋太鳳、スピーチ中に思わず涙 「いつの間にか“でこぼこな心”に」

授賞式2017年11月18日

 「第9回TAMA映画賞」の授賞式が18日、東京都内で行われ、最優秀新進女優賞を受賞した土屋太鳳、石橋静河ほかが登壇した。  土屋は『トリガール!』『PとJK』『兄に愛されすぎて困ってます』などでの演技が認められて受賞した。スピーチでは、こ … 続きを読む

関ジャニ・丸山、宮川大輔への思いを否定される 「時間を巻き戻してもいいですか」

映画2017年11月18日

 映画『泥棒役者』の初日舞台あいさつが18日、東京都内で行われ、出演者で関ジャニ∞の丸山隆平、市村正親、ユースケ・サンタマリア、高畑充希、宮川大輔、西田征史監督ほかが登壇した。  単独では映画初主演となった丸山は「もちろんプレッシャーはあっ … 続きを読む

page top