東尾理子、夫の仕事減少を笑い飛ばす 「旦那が“休職中”みたいな時には嫁が…」

2016年9月22日 / 20:13

石田純一(左)と東尾理子

 タレントの石田純一と妻でプロゴルファーの東尾理子が22日、都内で行われた「アンチエイジングフェア in 台場」に出席し、トークショーを行った。

 都知事選の“出馬騒動”もあり、最近はメディアへの露出も減少気味の石田。司会から「ご夫婦でのイベントは久しぶり?」と尋ねられた石田が「そうですね。前はたまにありましたけど…」と言葉を濁すと、すかさず東尾が「旦那が“休職中”みたいな感じになった時には、嫁が働かなければみたいな感じで」とあけすけにコメント。続けて「皆さんもそれを察知してか、お仕事をこっち側(私)にいただけるので、今はバランス良く、夫には育児を頑張ってもらっています」と騒動の影響を明るい調子で笑い飛ばした。

 現在、4歳の長男・理汰郎くんと今年3月に誕生した長女・青葉ちゃんの育児真っ最中の石田は「育児自体がアンチエイジングになっている。とにかく楽しいし、本当に大変なんだけど喜びのほうが大きい。笑顔だけで癒やされる」と吐露。東尾も「長男と2人でご飯やデートに行ったり、お風呂に入れたり、寝かしつけまでしてくれる」と石田の“パパぶり”を明かすと、「こういうのって、子どもが生まれるまで分からないものだけど、意外とやってくれるのでびっくり。ありがとう」とあらためて感謝を伝えていた。

 その後も、自身の知っている雑学を交えながらアンチエイジングについて熱弁した石田。司会から「ご主人はいつもこういう感じ?」と尋ねられた東尾は「(話が長くて)今、ちょっと寝てました!」とトボケつつ、「いつもこんな感じ。皆さん、私の代わりにご清聴ありがとうございます。でもこれが主人のアンチエイジングになっているのかも。主人はこういう学術的なことを話すのが好きなので。脳が活性化されるのかな」と分析していた。

 また、石田が「やる気、勇気、元気、根気とか熱気とか、そもそも “気”というのはエネルギーなので」と冗舌に語り出した場面では、横から東尾が「浮気もね…」とチクリ。これには石田も「浮気…? 浮気だけはダメですけどね」とタジタジだった。

 こうして時折、石田の発言にちゃちゃを入れて会場を沸かせた東尾は「真面目に語る主人にちょっかいを入れるのが楽しい。それが(私の)生きがいになっている」とニッコリ。石田もそんな東尾について「いつもどんなときも笑顔でいてくれる。そのおかげで子どもたちも笑顔になれる。本当にありがたい」と語るなど、終始ラブラブだった。


芸能ニュースNEWS

玉木宏主演の「極主夫道」第7話 「龍と酒井の本気のネオポリスガールに爆笑」

ドラマ2020年11月23日

 玉木宏主演のドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系)の第7話が、22日に放送された。  本作は、裏社会に数々の伝説を残した元極道の龍(玉木)が“専業主夫”となり、愛する家族や町のために奮闘する姿を描く任侠コメディー。  今回は、妻・ … 続きを読む

「危険なビーナス」視聴者の犯人予想が加速 麻生祐未に「悪役をやらせたらピカイチ」の声も

ドラマ2020年11月23日

 妻夫木聡と吉高由里子が出演する日曜劇場ドラマ「危険なビーナス」(TBS系)の第7話が、22日に放送された。  今回は、伯朗(妻夫木)の父・手島一清(R‐指定)と母・禎子(斉藤由貴)の過去、そして佐代(麻生祐未)との関係が明らかになった。 … 続きを読む

水川あさみ「自分は突っ込みのつもりで…」 関西弁で傷つけた過去を告白

映画2020年11月20日

 映画『滑走路』初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の水川あさみ、浅香航大、寄川歌太と大庭功睦監督が登壇した。  本作は、32歳の若さで命を絶った歌人・萩原慎一郎のベストセラー歌集を映画化。非正規、いじめ、過労、自死…。現代を … 続きを読む

今年の“ボジョパ”は、オンラインで乾杯! サントリーが多彩なゲストとLive配信

イベント2020年11月20日

 19日、待望のボジョレーヌーヴォーが解禁となった。サントリーではこれを祝して、解禁日から3日間連続で、さまざまなゲストと共に「YouTube Live」を配信。「ジョルジュ デュブッフ ボジョレーヌーヴォーを買って、毎日おうちでボジョパを … 続きを読む

窪田正孝から杉咲花に「朝ドラ」バトンタッチ 「自分の感性を大事に挑めば大丈夫」

ドラマ2020年11月20日

 NHKの連続テレビ小説“バトンタッチ”セレモニーが19日、NHK大阪放送局で行われ、放送中の「エール」に主演した窪田正孝と、次期朝ドラ「おちょやん」でヒロインを演じる杉咲花が出席した。  来週、最終回を迎える「エール」から、11月30日放 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top