04 Limited Sazabys、『MYSTERY TOUR 2024』ラスボスBRAHMANと名古屋で作り上げたツアーファイナル

2024年2月22日 / 19:00

『MYSTERY TOUR 2024』(2月15日@Zepp Nagoya:04 Limited Sazabys)photo by ヤオタケシ (okmusic UP's)

幕が下りるその瞬間まで何が起きるか分からない。よく映画のCMで「この物語の結末は映画館でしか分からない」みたいな煽り文句を見るけれど、結末も何も、ライブ当日まで、いや当日どころかライブが始まるその瞬間まで、ゲストが一切明かされない対バンツアー、それが04 Limited Sazabysの発明、『MYSTERY TOUR』だ。2020年の初開催では新型コロナウイルスの影響でツアー途中での開催中止という苦渋の決断となった『MYSTERY TOUR』だが、あれから前に前に進む為に、当時の悔しさの糸口を何度も探して、諦めることを諦めてここまできたから、4年という月日を経て『MYSTERY TOUR』が帰ってきたのだ。今回の『MYSTERY TOUR 2024』は2024年1月12日の神奈川は川崎CLUB CITTAを皮切りに全11公演、会場に集まったファンだけでなく、毎回対バン相手がSNSのトレンドにあがるなど、音楽で、ライブハウスで、エンターテイメントしまくってきたフォーリミ。様々な予想がSNSで飛び交う中、coldrain、マカロニえんぴつ、四星球、Saucy Dog、SHANK、My Hair is Bad、マキシマム ザ ホルモン、KEYTALK、東京スカパラダイスオーケストラ、岡崎体育というフォーリミだからこそ実現したゲストが各地のファンを熱狂させた。
そして2024年2月15日。ツアーファイナルはフォーリミの地元である愛知県、Zepp Nagoya。開演前、フロアからは『MYSTERY TOUR』最後のゲストの予想を話し合う声が会場のいたるところから聞こえてくる。フォーリミの地元ということもあり、彼らの仲間や後輩のバンドマンも沢山遊びに来ていて、彼らもまた、この後誰が登場するかで盛り上がっている姿を見かけた。もうこの時点で超エンターテイメントだし、もう誰が来たって正解だ。かく言う自分も絞りに絞って3アーティスト予想をしながら開演を待つ。普段のライブハウスでのドキドキに、特別なワクワクをプラスした気分。期待と緊張がマックスに上り詰めたその時、会場に鳴り響いたのはライブハウスで何度も何度も何度も何度も聴いてきた、そしてその直後には必ず物凄い熱狂が待っている唯一無二のSE「Molih ta, majcho i molih」だった。「BRAHMAN!!!!」声が出た。そして自分でもびっくりしたけれど出したことのない声で叫んでいた。人は本当に驚いたとき声なんか出ないと思っていたけれど、考える暇もなく叫んでいた。
■ BRAHMAN ■

いや、でも待て。ちょっと待て。まだ段ボールの可能性もある。福岡公演で10-FEETのSEで四星球が登場したことが現場だけでなくSNSでも大きな話題となっていただけに、まだ信じられない。最後まで信じられない。でも、だけど、目の前の信じられない光景に今度は言葉を失う。そこにいたのは紛れもなくBRAHMANで、この数年間を象徴するような、そしてBRAHMANというバンドの持つ静と動が共存した「Slow Dance」を歌詞の映し出される紗幕の中で歌う姿がそこにはあったのだ。
「望まれてる、望まれてねえ、関係ねえよ。呼ばれたらどこでも、地獄でも、全力で、BRAHMAN始めます!」と哮るTOSHI-LOW。の咆哮。紗幕が落ち、「賽の河原」「SEE OFF」「BEYOND THE MOUNTAIN」と繰り広げられる怒涛のBRAHMANのライブに息を飲むフロア。中でも印象的だったのは活動初期から歌い続けている「THE SAME」で繰り返される「行動」という言葉の響き方、届き方だ。知るために、知るための行動。それはBRAHMANというバンドを体現する言葉でもあり、その在り方、生き方をフォーリミのファンに「BRAHMANのライブ」を経験させることで体験させたことであって、きっと何かの、そして大きなきっかけになったと思う。行動こそ真実だと歌い続けるBRAHMANの真髄を、きっとフォーリミは自分たちの大切なファンに体験させたかったのだと思う。
この日、TOSHI-LOWはフォーリミに対して「ライブハウスを愛しているバンドだし、いいバンドだなと思っている」「悔しさをバネにできる強いバンドだと思った。心の通じるバンドだと思っている」と語っていた。後半は「逆光」「LOSE ALL」「CAUSATION」「PLACEBO」と、ワンマンライブでも中々聴けないレアなセットリストを披露。フォーリミからのリクエスト曲を盛り込みメンバーを歓喜させたBRAHMAN。若い世代に対して、先に生まれたものとして、先にきっと向き合うこととなる別れを「PLACEBO」で投げかける姿も脳裏に焼き付いている。「いいバンドのファンは優しいね。今日はありがとう」と誰よりも優しい表情で語りかけ「いつだって最高なのは今夜!」と披露した「今夜」は、まさにフォーリミと作り上げたこの日のことを歌っているかのようだった。

【セットリスト】

01 Slow Dance

02 賽の河原

03 SEE OFF

04 BEYOND THE MOUNTAIN

05 SHADOW PLAY

06 THE SAME

07 逆光

08 LOSE ALL

09 CAUSATION

10 PLACEBO

11 今夜

photo by Tsukasa Miyoshi (Showcase)
■ 04 Limited Sazabys ■

『MYSTERY TOUR 2024』で全国各地に沢山の驚きと楽しみをデリバリーしてきた04 Limited Sazabys。その表情には絶対的なスーパースター感、圧倒的なヒーロー感が宿っていて、それでいてバンドを始めたばかりの頃と何も変わっていないキッズ精神を持ち合わせているのがこの4人の最大の魅力だと思っていて、今回のツアーのゲストを決めるのも、今回のツアー自体も、BRAHMANを観終わったばかりの今も、誰よりもフォーリミ自身が楽しんでいるからこそ、ゲストも、関係者も、僕らも、みんながみんな楽しくて仕方ない。心配ばかりだったあの頃を抜けて、ありふれて溢れた安心を取り戻したライブハウスで思いっきり遊ぶ。この日、フォーリミは「fiction」からライブをスタートさせたけど、言ってしまえば『MYSTERY TOUR』はフィクションみたいなノンフィクションの連続のツアーで、そうやってフォーリミはいつだってライブハウスでどうやってみんなを喜ばせるかってことに大袈裟でもなんでもなく命を懸けているんだと思う。
「fade」「knife」「Alien」と畳みかける武装モードのフォーリミ。あの頃、挑戦だったZepp Nagoyaがいつしか彼らのホームと呼べる場になって、そこで沢山のフォーリミのライブを観てきたけれど、BRAHMANを名古屋にシークレットで呼んで、全部巻き込んで自分たちの世界を作り上げるフォーリミに溜まらなく頼もしさを感じた。その上で興奮を隠しきれない4人の姿にもつい嬉しくなってしまう。「Kitchen」や「Galapagos II」の遊び心も、何かが変わりだした頃の「Now here, No where」も、それを確信した「climb」も、フォーリミがどうやってここまできたかを物語っているよう。個人的な捉え方だけれど、『Marking all!!!』期の楽曲が小学校の同級生なら「Any」は中学に入学した頃に最初に出来た友達だと思っていて、そんな「Any」も満員のZepp Nagoyaで歌われて嬉しそう。昨年15周年を迎え、16年目に突入したフォーリミにはこうやってどんどん楽曲とも長い付き合いになっていて、その楽曲にそれぞれファンの数だけ思い出が宿っていると思うと音楽って凄い。
奇危機怪界なバンドシーン、『MYSTERY TOUR 2024』を振り返っても本当に多種多様なバンドが並んでいて、GENが言っていた通りまさに「俺たちの友達自慢」だけれど、そんな友達に、バンドマンたちにGENは「俺たちのお客さんを自慢したかった」とも語っていた。例えば今日、BRAHMANがフォーリミのファンの前でライブをして、TOSHI-LOWは「いいバンドのファンは優しい」と言っていた。そしてこの日集まったフォーリミのファンでBRAHMANのライブを初めて観た人もきっといると思う。友達の友達は友達だっていう噂はきっと本当で、フォーリミは自分たちの周りを繋いで点だったものを線にして、それが縁になって、いつか大きな円になる。YON FESなんてまさにそう。そうやってフォーリミは人と人を繋いできたんだと思う。「Harvest」で彼らは自分たちのファンを全員幸せにする宣言をしたと思っている。そのひとつが沢山の出会いを作り上げた『MYSTERY TOUR』だと思う。フォーリミがずっと歌い続けている「先に進む」ということ。その為には旅の仲間が欠かせなく、そうやって道連れた仲間たちと物語を進めていく。「Feel」を聴きながら『MYSTERY TOUR 2024』に出演したバンドたちの顔が浮かぶ。戦士も魔法使いも僧侶も遊び人もみんな居て思わず笑ってしまう。これからもフォーリミには沢山の友達を自慢して欲しいし、その友達にフォーリミのファンを誇って欲しい。「monolith」がまるでドラゴンクエストで仲間が増えたときのような祝福のメロディに聴こえた。
アンコールで演奏したのは「Buster call」「Squall」「Remember」そして「758」。ライブを始めるとき、彼らがいつも、いつまでも、「名古屋の04 Limited Sazabysです」と言うその意味や経緯が詰め込まれたような4曲を、BRAHMANに名古屋のライブハウスで見せることが出来たことも物凄く感慨深いものがある。こうやってここまできたし、そうやってこれからもやっていく。面白いことを考えてみんなを楽しくさせる。名古屋の04 Limited Sazabysが作り上げたワクワクドキドキ『MYSTERY TOUR 2024』で生まれた数々の伝説がまたライブハウスを、ライブシーンを先に進める。

【セットリスト】

01 fiction

02 fade

03 knife

04 Alien

05 Kitchen

06 Galapagos II

07 Now here, No where

08 climb

09 Any

10 Grasshopper

11 kiki

12 夕凪

13 milk

14 Honey

15 Harvest

16 Feel

17 monolith

<アンコール>

18 Buster call

19 Squall

20 Remember

21 758

photo by ヤオタケシ
『04 Limited Sazabys

「MYSTERY TOUR 2024」』
1月12日(金) CLUB CITTA’

w/ coldrain

1月17日(水) Zepp Haneda

w/ マカロニえんぴつ

1月19日(金) Zepp Fukuoka

w/ 四星球

1月22日(月) BLUE LIVE HIROSHIMA

w/ Saucy Dog

1月25日(木) KT Zepp Yokohama

w/ SHANK

1月26日(金) 新潟LOTS

w/ My Hair is Bad

2月02日(金) Zepp Osaka Bayside

w/ マキシマム ザ ホルモン

2月03日(土) 高松festhalle

w/ KEYTALK

2月09日(金) 仙台GIGS

w/ 東京スカパラダイスオーケストラ

2月11日(日) Zepp Sapporo

w/ 岡崎体育

2月15日(木) Zepp Nagoya

w/ BRAHMAN

■特設サイト

https://www.04limitedsazabys.com/feature/mysterytour2024


音楽ニュースMUSIC NEWS

Official髭男dism、全国のラジオリスナーに向けてスタジオライブ

J-POP2024年4月25日

 Official髭男dismによるスタジオライブ『Official髭男dism Live@Radio』が、全国5局のラジオ局で放送される。  今回のスタジオライブは、都内スタジオより全国のラジオリスナーに向けて実施されるもの。2024年5 … 続きを読む

仲宗根泉(HY)×與那城奨(JO1)による「366日」コラボ動画が公開

J-POP2024年4月25日

 仲宗根泉(HY)と與那城奨(JO1)による、HY「366日 feat. 與那城奨」のコラボレーション動画が公開された。  楽曲「366日(Official Duet ver.)」は、広瀬アリス主演のフジテレビ系月9ドラマ『366日』の主題 … 続きを読む

BUMP OF CHICKEN、ニューアルバム『Iris』リリース&ドームツアーへ 新曲「邂逅」MV公開

J-POP2024年4月25日

 BUMP OF CHICKENが、2024年9月4日にニューアルバム『Iris』をリリースする。  約5年ぶり、10枚目のアルバムとなる今作には、『ポケモンスペシャルミュージックビデオ 「GOTCHA!」』のテーマソング「アカシア」、NH … 続きを読む

HYBE JAPAN×USJコラボイベント開催へ、BTS/SEVENTEEN/TXT/NewJeans/&TEAMらで踊れる夏の夜

J-POP2024年4月25日

 HYBE JAPANとユニバーサル・スタジオ・ジャパンの初となるコラボイベント【NO LIMIT! サマーダンスナイト with HYBE JAPAN】が、2024年7月3日より期間限定で開催される。  ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの … 続きを読む

BE:FIRST、MV撮影の舞台裏などを収めた「Masterplan」ビハインド映像を公開

J-POP2024年4月25日

 BE:FIRSTが、新曲「Masterplan」のビハインド映像を公開した。  新曲「Masterplan」は「Boom Boom Back」「Mainstream」の続編に位置するHIP HOPチューン。MVでは、「BE:FIRSTのデ … 続きを読む

Willfriends

page top