マライア・キャリー、2023年のクリスマスを最高のものにする決意「去年は最高じゃなかった」

2023年12月5日 / 15:00

 “クリスマスの女王”を自称するマライア・キャリーでさえ、たまにはあまり楽しくないホリデー・シーズンに見舞われることがあるようだ。そんな彼女は2023年のクリスマスこそはそうならないようにすると決意している。

 54歳のボーカリストは2023年12月4日に公開された米ピープルのデジタル・カバー・ストーリーで、「年?年って何?よく知らないわ」とジョークを飛ばし、「クリスマスからクリスマスへと」生きる方がいいと付け加えた。

 そしてマライアは、「1年間ずっとこのクリスマスを楽しみにしていたの。去年から……去年は最高じゃなかったから。全部(のクリスマス)に感謝しているけれど、今までで一番楽しかったバージョンのクリスマスではなかったな」と明かしている。

 昨年の不発を挽回するためか、マライアは北米14都市を回る【Merry Christmas One and All】ツアーに乗り出し、12月17日に米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンでフィナーレを迎える。【グラミー賞】を5度受賞している彼女は、毎年クリスマス音楽市場を席巻していることで有名だが、その主な理由は彼女のエヴァー・グリーン・ヒット「恋人たちのクリスマス/All I Want For Christmas Is You」だ。この1994年のヒット曲は、今年の12月2日付の米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で4位に入っており、過去に12週間1位を獲得している。

 「このツアーのために昼夜を問わず取り組んできたわ」とマライアは自身のツアーについて同誌に語り、「今までやったことのない曲もやるし、デュエットもする。サプライズを残しておかないとね」と続けている。ニック・キャノンとの間に生まれた12歳の双子、モロッカンとモンローも、パフォーマーとして一緒にツアーに参加している。マライアが“ロック”と呼ぶ息子は「Here Comes Santa Claus」でラップし、娘の“ロー”は「Jesus Born on This Day」で母親とデュエットしている。

 お気に入りのクリスマス・デコレーションについての詳細の合間に、彼女は“ディーヴァ(歌姫)”というレッテルから逃げないことについても同誌に打ち明けた。彼女は、「私はまだ“ディーヴァ”という言葉を辞書に載っているように定義しているの。成功した歌手のことで、通常はソプラノ歌手、オペラの分野で活躍しているのが一般的」と語った。

 英語のdivaには“特別扱いされないと気がすまない人”という否定的な意味もあるが、マライアはこの言葉について、「“ディーヴァ”といつも呼ばれる知り合いの多くは、ムッとしたりしていない。誰かが、”あのディーヴァ、誰それ”って言ったところで、どうだっていいじゃない。どうして大騒ぎするの?ただそれを受け止めて、楽しく我が道を行けばいいのよ」と話している。


音楽ニュースMUSIC NEWS

斉藤和義、ベストアルバム2作品がApple Music ドルビーアトモスによる空間オーディオで独占配信開始

ジャパニーズロック2024年2月23日

斉藤和義のベストアルバム『歌うたい15 SINGLES BEST 1993〜2007』、『歌うたい25 SINGLES BEST 2008〜2017』の2作が、Apple Musicのドルビーアトモスによる空間オーディオで2月23日より独占 … 続きを読む

暴動クラブ、ロマンティックでせつない「恋におちたら」のMVを公開

ジャパニーズロック2024年2月23日

『ARABAKI ROCK FEST.24』への出演が決定した暴動クラブが、新しいMVを公開した。 曲は今年のバレンタインデーにBEAT EASTよりリリースされたラブソング「恋におちたら」。ロックンロールバンドの歌うラブソングはロマンティ … 続きを読む

水瀬いのり最新ライブ映像作品より「Winter Wonder Wander」の歌唱映像を公開

ニュース2024年2月23日

水瀬いのりが3月6日(水)に発売するライブBlu-ray『Inori Minase LIVE TOUR SCRAP ART』より「Winter Wonder Wander」の歌唱映像を公開した。 昨年開催されたライブツアー『Inori Mi … 続きを読む

緑黄色社会、アニメ『ダンジョン飯』ED主題歌「Party!!」MVで仮想世界へ

J-POP2024年2月22日

 緑黄色社会が、新曲「Party!!」のミュージックビデオを公開した。  新曲「Party!!」は、現在放送中のTVアニメ『ダンジョン飯』エンディング主題歌として書き下ろされ、作詞を小林壱誓(g)、作曲を小林壱誓と穴見真吾(b)が担当した。 … 続きを読む

EXILE THE SECOND、2度目のアリーナツアー映像全編を期間限定公開

J-POP2024年2月22日

 EXILE THE SECONDが、ツアー【EXILE THE SECOND LIVE TOUR 2017-2018 “ROUTE 6・6”】のライブ映像全編を公開した。  先日、2024年3月7日からスタートする6年ぶりのアリーナツアー … 続きを読む

Willfriends

page top