【米ビルボード・ソング・チャート】ブレンダ・リー「ロッキン・アラウンド・ザ・クリスマス・ツリー」発売65年を経て初首位、「恋人たちのクリスマス」が続く

2023年12月5日 / 11:30

 ブレンダ・リーの「ロッキン・アラウンド・ザ・クリスマス・ツリー」が、リリースから65年を経て1位を獲得した、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 Hot 100史上1,161曲目のNo.1タイトルに輝いた「ロッキン・アラウンド・ザ・クリスマス・ツリー」は、今週の集計期間(2023年11月24日~11月30日)にストリーミングが3,490万回(69%増加)、エアプレイが2,070万回(35%増加)、セールスは3,000(39増加)をそれぞれ記録して、ストリーミング・ソング・チャートでは先週の5位から1位に、昨年のホリデー・シーズン以来2週目の首位を獲得して、今週最も伸びた曲に贈られるStreaming Gainerを獲得した。

 1958年11月にリリースされた「ロッキン・アラウンド・ザ・クリスマス・ツリー」は、1960年12月12日付で64位に初登場した後、2週間後に最高14位まで到達したが、当時TOP10にはランクインしなかった。なお、同年にはその他のタイトルが4曲TOP10入りを果たしている。

 その後、ストリーミングが集計に加算されるようになった2014年以降年々最高位を更新して、2019年から昨年のホリデー・シーズンまで通算9週間2位を記録したが、今年(今週)リリースから65年を経て遂に1位に到達した。なお、この記録は2019年に9週間連続で2位をキープした後トップに立った、ビリー・アイリッシュの「バッド・ガイ」と並ぶ最長記録となる。

 11月3日には、リリース65周年を記念してタニヤ・タッカーとトリーシャ・イヤウッドがカメオ出演した初のミュージック・ビデオを公開。TikTokには自身のキャリアについてコメントを寄せた投稿をしたり、現地時間12月7日に放送される米NBCの『クリスマス・アット・ザ・オプリ』ではこの曲をパフォーマンスする予定で、今シーズンは同曲の積極的なプロモーションを行っている。

 ホリデー・ソングとしては、1958年12月22日~1959年1月12日付まで4週間1位を記録した、ザ・チップマンクス&デヴィッド・セヴィルの「ザ・チップマンク・ソング」、2019年から昨シーズンまで通算12週をマークしたマライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」に続く史上3曲目の首位獲得で、「ザ・チップマンク・ソング」と「ロッキン・アラウンド・ザ・クリスマス・ツリー」の2曲は、どちらもHot 100の集計が始まった1958年にリリースされている。

 自身の楽曲としては、1960年7月18日~8月1日付の3週を記録した「アイム・ソーリー」 、同年10月24日付の1週を記録した「アイ・ウォント・トゥ・ビー・ウォンテッド」に続く3曲目の首位獲得で、初めてHot 100にランクインした「スウィート・ナッシン」(1959年12月21日付)から51曲を100位内にチャートインさせている。そのうち、1960年4月に最高4位を記録した「スウィート・ナッシン」から「ロッキン・アラウンドザ・クリスマス・ツリー」まで13曲がTOP10入りしていて、カントリー・ソング・チャートでも1973年~1980年にかけて9曲がTOP10入りした。

 1960年代の記録に限定すると、Hot 100(100位内)には46曲をランクインさせていて、女性アーティストではコニー・フランシスを上回り最多記録を達成している。またTOP10には12曲を送り込んでおり、こちらではコニー・フランシスとタイ記録となっている。

 「ロッキン・アラウンド・ザ・クリスマス・ツリー」がリリースされた1958年11月から今週1位を獲得するまでの期間は約65年で、マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」が達成した25年(1994年~2019年)を大きく上回り、史上最長記録を更新した。また、初めてチャートインした1960年12月12日付から今週(2023年12月9日付)首位を獲得するまでの期間は約63年で、この記録でも史上最長記録を更新している。

 それから、初めて首位を獲得した「アイム・ソーリー」(1960年7月18日付)から、今週「ロッキン・アラウンド・ザ・クリスマス・ツリー」が首位を獲得するまでの期間も、63年4か月3週間に更新され、マライア・キャリーが「ヴィジョン・オブ・ラヴ」(1990年8月4日付)から昨シーズントップに立った「恋人たちのクリスマス」(2023年1月7日付)までの32年5か月を大きく上回る、史上最長記録を更新している。

 さらに、最後に1位を獲得した「アイ・ウォント・トゥ・ビー・ウォンテッド」(1960年10月24日付)から今週「ロッキン・アラウンド・ザ・クリスマス・ツリー」が首位を獲得するまでの期間も、63年1か月2週間に更新され、シェールが「ダーク・レディ」(1974年3月23日付)から「ビリーブ」(1999年3月13日付)で打ち出した約25年を大きく上回り、こちらも史上最長記録を更新した。

 ブレンダ・リーは78歳で、次週12月11日に誕生日を迎えるが、Hot 100で首位を獲得したアーティストとしても、1964年に当時62歳で「ハロー・ドーリー!」が首位を獲得したルイ・アームストロングを抜き、最年長記録を更新している。女性アーティストに限定しても、シェールが「ビリーブ」で達成した52歳を大きく上回った。

 なお、「ロッキン・アラウンド・ザ・クリスマス・ツリー」をレコーディングした当時のブレンダの年齢は13歳で、もし13歳の時に首位を獲得していればアーティストの年齢として、ペギー・マーチが「アイ・ウィル・フォロー・ヒム」で達成した15歳を抜き、最年少記録を更新していた。

 「ロッキン・アラウンド・ザ・クリスマス・ツリー」は、Hot 100に続きホリデー・ソング・チャート“Holiday 100”でも今週1位を獲得した。2011年から集計が始まった同チャートでは、全64週中58週間(2015~16年は43週連続)をマライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」が首位を独占していたが、今週ブレンダ・リーがその記録を打ち破った。ホリデー・ソング・チャートでは、その他ジャスティン・ビーバーの「ミスルトウ」(2011~12年)が1週、ペンタトニックスの「リトル・ドラマー・ボーイ」(2013~14年)が1週、アリアナ・グランデの「サンタ・テル・ミー」(2014~15年)も1週、それぞれ首位を獲得している。

 その「恋人たちのクリスマス」は、今週ストリーミングが3,240万回(47%増加)、エアプレイが2,150万回(38%増加)、セールスも4,000(39%増加)にそれぞれ上昇して、先週の4位から2位に今シーズンの最高位を更新している。通算19曲目の首位を獲得した同曲は、ザ・ビートルズが保持している20曲の最多記録に迫り、Greatest of All Time Holiday 100 Songsでは1位に選ばれた。

 今週は、その他にもボビー・ヘルムズの「ジングル・ベル・ロック」(1957年リリース)が先週の12位から4位(ストリーミングが2,760万回、エアプレイが1,990万回)、ワム!の「ラスト・クリスマス」(1984年)が13位から5位(ストリーミングが2,690万回)、バール・アイヴスの「ホーリー・ジョリー・クリスマス」(1964年)も16位から6位(ストリーミングが2,620万回)に、ホリデー・ソングが続々とランクインした。これまでの最高位は、「ジングル・ベル・ロック」が3位、「ラスト・クリスマス」と「ホーリー・ジョリー・クリスマス」はそれぞれ4位を記録している。

 それから、アンディ・ウイリアムスの「イッツ・ザ・モスト・ワンダフル・タイム・オブ・ザ・イヤー」(1963年)も先週の28位から10位にジャンプアップして、昨シーズン以来のTOP10入りを果たしている。今週ランクインしたことで、「ロンリー・ストリート」が初めてTOP10入りした1959年10月12日付からのブランク記録を、歴代最長の64年2か月に更新した。なお、ホリデー・ソングを除くと、今年の11月18日付でザ・ビートルズが打ち出した59年9か月3週間が現時点での最長記録となる。

 ホリデー・ソングがランクアップしたことで、先週1位を獲得したジャック・ハーロウの「ラヴィン・オン・ミー」は3位にダウンしたが、エアプレイは前週から44%増加の2,990万回に上昇して、その週最も伸びた曲に贈られるAirplay Gainerを獲得した。ストリーミングも6%増加の2,510万回に上昇して、R&B/ヒップホップ・ソング・チャートとラップ・ソング・チャートでは3週目の首位を獲得している。

 テイラー・スウィフトの「クルーエル・サマー」は2位から7位にダウン。ドージャ・キャットの「ペイント・ザ・タウン・レッド」も3位から8位に順位を下げたが、エアプレイ・チャートでは今週6,580万回を記録して、自身初の首位を獲得した。シザの「スヌーズ」も5位から9位にダウンしたが、R&Bソング・チャートでは18週目の首位をキープしている。

Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートは12月8日以降掲載予定となります。

◎【Hot 100】トップ10
1位「ロッキン・アラウンド・ザ・クリスマス・ツリー」ブレンダ・リー
2位「恋人たちのクリスマス」マライア・キャリー
3位「ラヴィン・オン・ミー」ジャック・ハーロウ
4位「ジングル・ベル・ロック」ボビー・ヘルムズ
5位「ラスト・クリスマス」ワム!
6位「ホーリー・ジョリー・クリスマス」バール・アイヴス
7位「クルーエル・サマー」テイラー・スウィフト
8位「ペイント・ザ・タウン・レッド」ドージャ・キャット
9位「スヌーズ」シザ
10位「イッツ・ザ・モスト・ワンダフル・タイム・オブ・ザ・イヤー」アンディ・ウイリアムス


音楽ニュースMUSIC NEWS

七尾旅人×友部正人ジョイントライブ【汽水域の旅友】開催決定

J-POP2024年2月28日

 2024年3月23日に石巻市の青島テラスにて、七尾旅人と友部正人によるジョイントライブ【汽水域の旅友】が開催される。  石巻中心部から少し離れた北上川の河口に日本一と称されるヨシ原があり、その高台にある青島テラス。本公演は、古くからの友人 … 続きを読む

アリアナ・グランデ、『エターナル・サンシャイン』を引っさげたツアー開催は“未定”と明かす

洋楽2024年2月28日

 ニュー・アルバム『エターナル・サンシャイン』のリリースが間近に迫ったアリアナ・グランデだが、同アルバムを引っさげたツアーを行うか、彼女自身わからないようだ。  『ザック・サング・ショー』の2024年2月26日のエピソードで、3月8日発売予 … 続きを読む

ビル・フリゼール、1年半ぶりのニューAL『Orchestras』から「Throughout」を配信

洋楽2024年2月28日

 ビル・フリゼールが1年半ぶりとなるニュー・アルバム『Orchestras』を2024年4月19日にリリースすることが決定した。先行シングル第1弾として、「Throughout」の配信がスタートしている。  ブルーノートから4作目となる今回 … 続きを読む

エビ中、8thアルバム『indigo hour』をリリース ドリル、ジャージークラブ、J-R&B、ディスコチューンなどを取り込んだ意欲作

J-POP2024年2月28日

 私立恵比寿中学が2024年2月28日に“青春”をテーマとした8枚目アルバム『indigo hour』をリリースした。  このアルバムの骨子となる3部作の作詞を佐藤千亜妃が担当。青春時代特有の焦燥感を<青い眩暈>と呼んだ第一弾「BLUE D … 続きを読む

林正樹グループ、4/29にスペシャル・コンサート【Blur the border】開催決定

J-POP2024年2月28日

 林正樹グループが、【コンサートホールで聴く、最上のアコースティック・ミュージック・シリーズ Vol.1 林正樹グループ スペシャル・コンサート Blur the border】を4月29日に浜離宮朝日ホールで開催することが、決定した。   … 続きを読む

Willfriends

page top