日向坂46四期生、“一体感”を魅せた【新参者 Live at THEATER MILANO-Za】全10公演完走

2023年12月4日 / 15:45

 乃木坂46五期生、櫻坂46三期生、日向坂46四期生の坂道グループの新メンバー(新参者)が2023年11月3日から12月3日まで、1か月にわたり実施するロングラン公演【新参者 Live at THEATER MILANO-Za】。その日向坂46四期生の最終公演が11月30日、東京・東急歌舞伎町タワーにある劇場、THEATER MILANO-Zaにて開催された。以下、同公演のオフィシャルレポートを掲載する。

 各グループ10公演ずつ、計30公演が行われるこのライブは、チケットが全公演即完売。これを受けて、各グループの最終公演ではネット生配信や映画館のライブビューイングが行われることも決定しており、この日の日向坂46四期生公演の模様も大勢のおひさま(日向坂46ファン)がモニターやスクリーンの前で見守った。

 ライブは日向坂46四期生はじまりの1曲である「ブルーベリー&ラズベリー」から、勢いよくスタート。センターの清水理央を中心に、ステージに立つ11人はキラキラした笑顔を振り撒きながら、熱のこもったパフォーマンスを見せる。そんな彼女たちを前に、客席は白いペンライトで染め上げられ、この公演を通して四期生がテーマに掲げてきた“一体感”が伝わるステージが、早くも展開。そして、日向坂46のデビュー曲「キュン」では藤嶌果歩が、さらにグループのルーツであるけやき坂46のはじまりの楽曲「ひらがなけやき」では渡辺莉奈が中心に立ち、先輩たちの意志を引き継ぎつつ、自分たちらしさもしっかりアピールした歌とダンスを届け続けた。

 続くブロックでは「ドレミソラシド」「ソンナコトナイヨ」「アザトカワイイ」と、日向坂46の代表曲が連発。それぞれ正源司陽子、石塚瑶季、藤嶌がセンターを務め、先輩たちが作り上げた世界観を踏襲しつつ、今の四期生らしいがむしゃらさが強く打ち出されたパフォーマンスを提示した。その後のMCでは、小西夏菜実の口からこの日がけやき坂46結成8周年記念日であることが告げられ、「そんな日に【新参者】終日をさせていただくことを、本当に幸せに思います」と伝える。そして、けやき坂46『走り出す瞬間』期の衣装に身を包んだメンバーは、「それでも歩いてる」「イマニミテイロ」「僕たちは付き合っている」とけやき坂46が大躍進を遂げる前後の楽曲を披露。各曲で平尾帆夏、小西、竹内希来里が中心に立ち、それぞれの曲が持つ空気感と今の四期生の空気感をリンクさせた、このタイミングだからこそのパフォーマンスで観る者の心を揺さぶり続ける。

 また、「ひらがなで恋したい」「ハッピーオーラ」といったアッパーなけやき坂46ナンバーではギアを数段高く入れ、エネルギッシュなステージを展開。前者では宮地すみれ、後者で山下葉留花がセンターを担当し、メンバー1人ひとりが主役となってこのステージを作り上げていることが伝わる。そして、そのまま「ときめき草」へと突入すると、会場の空気はよりエモーショナルなものへと昇華し始める。

 ライブ中盤には、日向坂46四期生のレギュラー番組『日向坂になりましょう』にちなんだトークパートに突入。番組内で学んだことの成果を見せるべく、選ばれたメンバーがお題に沿った即興演技にチャレンジした。

 場の空気が和んだところで、ライブもいよいよ後半戦へ。ブルーの衣装に着替えた11人は、自身のオリジナル曲「シーラカンス」で再び会場の熱気を高めていく。センターの正源司を筆頭に、熱のこもったダンスと歌で魅了したかと思えば、続く「キツネ」ではメンバーの熱気に負けじと力強いコールを連発。また、清水の「もっともっと私たちと一体感、作れますか?」を合図にコール&レスポンスが繰り返されると、今度は平岡海月をセンターに迎えた「誰よりも高く跳べ!2020」でクライマックスと呼べるほどの盛り上がりを見せる。ブレイクパートでは、平岡が客席を煽りまくってから「おひさま、跳べーっ!」と絶叫。さらに、研修生時代からパフォーマンスし続けてきた思い出の1曲「青春の馬」では、それぞれが抱える思いやメッセージをしっかり届けようとする強さが伝わる全力の歌とダンスで観客を圧倒させ、その流れから藤嶌センター曲「見たことない魔物」で会場の熱気が最高潮に達して、ライブ本編は終了した。

 おひさまの「日向坂 四期生」コールに応えるようにステージに戻った四期生は、平尾の「この【新参者】を毎回一合目、二合目と登っていきて、今日で最終日、頂上。今日は今までで一番熱いロッククライミングを披露したいと思います!」の挨拶に続いて最新楽曲「ロッククライミング」を堂々とパフォーマンス。険しい道のりを全員で乗り越えようとする姿が投影されたこの楽曲では、現在活動休止中の岸帆夏を含む12人で、笑顔で乗り越えていこうとする、そんな強い決意が随所から伝わった。

 最後に曲に入る前に、メンバーを代表して正源司が現在の心境を口にする。彼女は「この公演をスタッフさんからお聞きしたとき、私たちはすごく不安を抱えてしまいました。(ほかのグループと)比較されてしまったり、私たちが10公演どう乗りきれるのかということで、たくさん悩むこともありました。一番私が心配だったのが、日向坂46にとっておひさまにとって、とても大切な楽曲を私たちが披露することを、皆さんが受け入れてくださるのかということ。そこから、私たちは今自分たちに何ができるのかをすごくすごく、何度も話し合いをして、たくさん考えてきました。でも、最初は意見も言いづらい子だったり、なかなか発表が得意じゃない子でも、少しずつ自信を持って意見を出し合おうという気持ちが芽生えてきて、今回私たちが目指している“一体感”を感じられたかなと思いますし、団結力もしっかり付いたかなと思います。これから岸くんも含めて、私たち12人で先輩方に追いつけるように、そして未来に輝く日向坂46に向かって、精一杯頑張りたいと思っています」と力強く宣言すると、続けて宮地が「私たち四期生が【新参者】に込めた思いを、最後まで受け取ってください」と告げ、ラストナンバー「JOYFUL LOVE」を愛情をたっぷり込めて披露。おひさまのペンライトによって虹色に染め上げられた会場は、おそらくこの日世界中でもっとも多幸感に満ち溢れた場所だったのではないだろうか。

 こうして、予定していた楽曲をすべて披露し終えた四期生だったが、それでも彼女たちへの「日向坂 四期生」コールは鳴り止まない。すると、藤嶌の書いた書道の文字をあしらった“一体感”Tシャツに着替えた11人がサプライズで現れ、平岡を中心に涙ながらに感謝の気持ちを伝える。そして、最後の最後にけやき坂46時代の楽曲「車輪が軋むように君が泣く」を全員で歌い継いでいくと、会場はさらに温かな空気に包まれる。曲中、藤嶌が「私たちは皆さんが胸を張って“日向坂四期生大好きだ!”と言えるような、そんな集団でずっとあり続けたいと思います。今日は本当にありがとうございます!」が告げる場面もあり、その後会場が歌でひとつになったところで、全10公演におよんだ日向坂46四期生による【新参者 Live at THEATER MILANO-Za】は終了した。

 すべてのパフォーマンスを終えると、藤嶌は感極まりながら「皆さんがいたから、こうして私たちは笑って泣いて、このステージに立つことができています。イヤモニから聞こえる皆さんの声が大好きでした。私たちにもっともっと、もっともっと頑張って、絶対に素敵な集団になろうねと思わせてくれたのは、皆さんでした。皆さんがいなかったら、ここに立つことはできていなかったと思います。私たちはこれからもずっと、皆さんとずっとこの道を歩いていきたいです」とおひさまに伝え、最後は11人がオフマイクで挨拶をしてステージをあとにした。

 この経験は間違いなく、四期生たちにとって非常に大きな糧になるはず。今後彼女たちがどんな成長を遂げるのか、ぜひ注目してもらいたい。

Text by 西廣智一
Photo by 上山陽介

◎公演情報
【新参者 LIVE at THEATER MILANO-Za】
2023年11月30日(木)東京・THEATER MILANO-Za
出演:日向坂46四期生

◎セットリスト
00. Overture
01. ブルーベリー&ラズベリー
02. キュン
03. ひらがなけやき
04. ドレミソラシド
05. ソンナコトナイヨ
06. アザトカワイイ
07. それでも歩いてる
08. イマニミテイロ
09. 僕たちは付き合っている
10. ひらがなで恋したい
11. ハッピーオーラ
12. ときめき草
13. シーラカンス
14. キツネ
15. 誰よりも高く跳べ!2020
16. 青春の馬
17. 見たことない魔物

EN1. ロッククライミング
EN2. JOYFUL LOVE
EN3. 車輪が軋むように君が泣く


音楽ニュースMUSIC NEWS

ドナ・サマー、デビュー50周年を記念した日本独自企画が発売

洋楽2024年2月26日

 「ホット・スタッフ」「愛の誘惑」「バッド・ガール」などのヒットを連発、70~80年代にクイーン・オブ・ディスコとして絶大な人気を誇った故ドナ・サマーの世界デビュー50周年を記念して、過去日本でリリースされたシングル盤を網羅したベスト盤『ド … 続きを読む

アリアナ・グランデ、ニューAL『エターナル・サンシャイン』の日本独自企画DX盤リリース決定

洋楽2024年2月26日

 アリアナ・グランデが、2024年3月8日に世界リリースするニュー・アルバム『エターナル・サンシャイン』の国内盤CDが発売されることが決定した。国内盤は全3形態が用意され、通常盤CDは3月15日、日本独自企画のデラックス盤2形態は4月5日に … 続きを読む

中島健人(Sexy Zone)×miletが共演、ファンタジック・ラブストーリー映画製作決定

J-POP2024年2月26日

 中島健人(Sexy Zone)が主演を務め、miletが映画初出演でヒロインを演じる、三木孝浩監督最新作の製作が決定した。  本映画は、日本で2021年に公開されたフランス映画『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』(原題: … 続きを読む

マカロニえんぴつ、イルミネーション最新作『FLY!/フライ!』日本版主題歌を担当

J-POP2024年2月26日

 マカロニえんぴつの新曲「月へ行こう」が、映画『FLY!/フライ!』日本版主題歌に決定した。  2024年3月15日より全国ロードショーとなる本映画は、『ミニオンズ』『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』を手がけたイルミネーション・エン … 続きを読む

Sexy Zoneとして最後の『anan』表紙、アーティスティックなグラビア/メッセージ&エールなど掲載

J-POP2024年2月26日

 Sexy Zoneが、2024年3月6日に発売となる『anan』2388号の表紙に登場する。  今年3月いっぱいで中島健人がグループを卒業すること、そして4月から新たなグループ名へ変更することを発表しているSexy Zone。Sexy Z … 続きを読む

Willfriends

page top