ポール・マッカートニー、“ザ・ビートルズ最後のレコード”をAIの力を借りて完成させたと明かす

2023年6月14日 / 15:15

 結成から60年以上経った今、ポール・マッカートニーが、現代テクノロジーの奇跡により、ザ・ビートルズの最後の楽曲が完成しつつあると語っている。英BBC Radio 4の『Today』に出演したポールは、タイトル未定の楽曲を完成させるために、人工知能を使って古いデモ音源から故ジョン・レノンの声を取り出したと明かした。

 1978年にジョンが作曲した「Now and Then」かもしれないとBBCが推測したタイトル未定の楽曲について、ポールは、「ちょうど完成したところで、今年リリースされるよ」と述べている。このシングルは、1995年の『ザ・ビートルズ・アンソロジー』シリーズの“再結成曲”としての候補に挙がっていたそうで、この中にはグループ解散後にジョンが録音したデモをもとにした新曲2曲、1995年の「フリー・アズ・ア・バード」と1996年の「リアル・ラヴ」(ELOのジェフ・リンがプロデュース)が含まれていた。これらの楽曲は、25年以上ぶりにリリースされたザ・ビートルズの“新曲”だった。

 ポールは1994年にジョンの未亡人であるオノ・ヨーコから新曲のデモを受け取ったとされる。この楽曲は、ジョンが1980年に殺害される直前に作った“For Paul”と書かれたカセットに収録されていた数曲のうちのひとつだった。BBCは、これらの楽曲は“ローファイで胎動的”なもので、ほとんどがジョンが米ニューヨークのアパートにあるピアノでラジカセを使って録音したものだと報じている。

 BBCによると、『アンソロジー』発売の頃、ジョン以外のメンバーがこの“申し訳なさそうな”ラブ・ソング「Now and Then」を録音しようとしたが、すぐにセッションを放棄した。ELOのジェフ・リンは、「ある日……実際はある日の午後だね、それをいじっていたんだ。この曲にはコーラスはあったが、バースがほとんどなかった。バッキング・トラックを作ったけれど、ラフなもので完成させなかった」と当時を振り返っている。

 ポールは後に、ギタリスト兼シンガーの故ジョージ・ハリスンが「Now and Then」の作業を拒否し、ジョンのボーカルの音質が「ゴミのようだった(と言った)……ジョージは気に入らなかった。ザ・ビートルズは民主主義だから、やらなかったんだ」と説明した。 オリジナルの音源には技術的な問題があり、ジョンのアパートの電気回路からのしつこい“ブーンという音”が原因だったとBBCは伝えている。2009年に発売されたブートレグCDには、このノイズを取り除いた新しいバージョンのデモが収録されていたという。

 BBCによるリンに関する2012年のドキュメンタリーで、ポールは、「あの曲がまだ残っている……だから、ジェフと一緒に(スタジオに)ちょっと入ってやるつもりだ。そのうち完成させるよ」と述べていた。新曲が「Now and Then」であるかはまだ明らかにされていないが、BBCによるとピーター・ジャクソンのドキュメンタリー・シリーズ『ザ・ビートルズ Get Back』の制作中に採用された技術の進歩により、ダイアログ・エディターのエミール・デ・ラ・レイがコンピューターを訓練してザ・ビートルズのメンバーの声を認識させ、彼らの楽器を含む背景雑音から分離し、“クリーン”なオーディオを作成できた。この技術により、ポールは最新のツアーでジョンとバーチャル・デュエットをすることができた。

 Radio 4に対しポールは、「(ジャクソンは)質の悪い小さなカセットからジョンの声を引き出すことができた」と、ドキュメンタリーで使われた技術がいかに“新曲”の制作に役立ったかを説明した。「ジョンの声とピアノ(の音)があって、AIでそれらを分離することができた。機械に“これが声だ。これはギターだ。ギターをなくしてくれ”と指示するんだ。だからザ・ビートルズ最後のレコードになるものを作ることになった際、ジョンが持っていたデモだったんだけど、このAIを通してジョンの声を取り出して純粋なものにすることができた。あとは通常と同じようにレコードをミックスすることができる。だからある種の自由裁量を得られたんだ」と彼は述べている。

 現時点でこの“ザ・ビートルズ最後のレコード”のリリース日はまだ発表されていない。


音楽ニュースMUSIC NEWS

七尾旅人×友部正人ジョイントライブ【汽水域の旅友】開催決定

J-POP2024年2月28日

 2024年3月23日に石巻市の青島テラスにて、七尾旅人と友部正人によるジョイントライブ【汽水域の旅友】が開催される。  石巻中心部から少し離れた北上川の河口に日本一と称されるヨシ原があり、その高台にある青島テラス。本公演は、古くからの友人 … 続きを読む

アリアナ・グランデ、『エターナル・サンシャイン』を引っさげたツアー開催は“未定”と明かす

洋楽2024年2月28日

 ニュー・アルバム『エターナル・サンシャイン』のリリースが間近に迫ったアリアナ・グランデだが、同アルバムを引っさげたツアーを行うか、彼女自身わからないようだ。  『ザック・サング・ショー』の2024年2月26日のエピソードで、3月8日発売予 … 続きを読む

ビル・フリゼール、1年半ぶりのニューAL『Orchestras』から「Throughout」を配信

洋楽2024年2月28日

 ビル・フリゼールが1年半ぶりとなるニュー・アルバム『Orchestras』を2024年4月19日にリリースすることが決定した。先行シングル第1弾として、「Throughout」の配信がスタートしている。  ブルーノートから4作目となる今回 … 続きを読む

エビ中、8thアルバム『indigo hour』をリリース ドリル、ジャージークラブ、J-R&B、ディスコチューンなどを取り込んだ意欲作

J-POP2024年2月28日

 私立恵比寿中学が2024年2月28日に“青春”をテーマとした8枚目アルバム『indigo hour』をリリースした。  このアルバムの骨子となる3部作の作詞を佐藤千亜妃が担当。青春時代特有の焦燥感を<青い眩暈>と呼んだ第一弾「BLUE D … 続きを読む

林正樹グループ、4/29にスペシャル・コンサート【Blur the border】開催決定

J-POP2024年2月28日

 林正樹グループが、【コンサートホールで聴く、最上のアコースティック・ミュージック・シリーズ Vol.1 林正樹グループ スペシャル・コンサート Blur the border】を4月29日に浜離宮朝日ホールで開催することが、決定した。   … 続きを読む

Willfriends

page top