Girls²、ファンミーティングのイベントレポートが到着!秋のツアーも発表

2023年5月25日 / 17:00

『Girls² Open Fan Meeting "Countdown" Release Party by GL² family & friend』2023年5月24日 at Zepp Haneda (Tokyo) (okmusic UP's)

 小田柚葉、隅谷百花、鶴屋美咲、小川桜花、増田來亜、菱田未渚美、山口綺羅、原田都愛の8名からなるガールズパフォーマンスグループ Girls²が、5月24日に東京・Zepp Haneda (Tokyo)で『Girls² Open Fan Meeting “Countdown” Release Party by GL² family & friend』を開催した。

 Girls²は4月からファンクラブやメッセージアプリ会員向けにファンミーティングを行ってきたが、この日は当日リリースされた最新EP『Countdown』の発売を記念し、会員でなくても参加できるオープンファンミーティングというスタイルで開催。応援してくれているファンと一緒に特別な時間を過ごしたいという思いを込め、最新作からの楽曲はもちろん、バラエティに富んだ内容で会場を盛り上げた。

 ライブのオープニングは、この日リリースされたばかりの新曲「Countdown」。バーチャルK-POPアーティスト APOKIをフィーチャーしたMVも公開されていたが、ステージで繰り広げられる8人の生のパフォーマンスは迫力満点。映像としての可愛らしさや楽しさとは違う、エネルギッシュな魅力にいきなり釘づけだ。そこから「Swipe Up」と続き、「Seventeen’s Summer」ではメンバーがステージ前方で手を振ったり、笑顔で会場を見渡したりしながらファンとの距離を縮めていく。この日のライブはGirls²単独としては初のスタンディング形式ということもあり、サビではフロアのみんなもジャンプしながら元気いっぱいのリアクション。「ファンミ最高!」「今年の夏も最高!」とフロアを盛り上げながら、前半3曲を終えた。

 最初のMCでは、EP『Countdown』がオリコンデイリーアルバムチャート(5月23日付)で1位を獲得したことを報告。会場からはたくさんの拍手と歓声が沸き起こった。「皆さんのおかげでしかない!」「みんなの協力があってこそだから、“みんなの1位”だと思います!」と口々に感謝を伝えるメンバー。新体制になって初めてのEPということで、どんな楽曲にするか、衣装をどうするかなどをメンバーで考えたことや、本気でアイデアをぶつけ合うからこそ言いにくいことも遠慮せずに言い合ったという制作過程のエピソードを披露し、「そうやって頑張って作ってきた曲で1位を獲れてよかった」「まだまだ上がって行きたい!」とそれぞれの言葉で思いを伝えていた。

 ファンミーティングならではの企画コーナー「紅白対抗!Girls²運動会」の前半戦。紅組<菱田、原田、増田、小川>と白組<小田、隅谷、鶴屋、山口>に分かれ、曲がストップしたらダンスをやめて玉入れをする「ダンシング玉入れ」では白組が、巨大なデカパンを2人で穿いてコーンを1周してくる「デカパンリレー」では赤組が勝利し、結果は1対1の引き分けに。4月からのファンミーティングでも行ってきたこの勝負もいよいよ最終決戦ということで、勝敗の行方は後半戦へと持ち越されることとなった。

 ライブ中盤は、メンバーが“おはガール from Girls²”として出演していた『おはスタ』(テレビ東京系)で披露されていた「SUPER☆OHA☆TIME!」からスタート。1番を小田、隅谷、鶴屋、小川、増田が、2番を菱田、山口、原田が歌唱し、サビからは8人揃ってのパフォーマンス。子供たちにも大人気の楽曲とあって、フロアからは元気な「おーはー!」の声が聴こえてきた。続いて披露されたのは「ガールズ×戦士シリーズ」楽曲のメドレー。小田はソロで「JUMP!」をパフォーマンスし、隅谷、鶴屋、小川、増田は「愛について♡」をキュートなダンスと歌で届ける。菱田、山口、原田は「じゃん☆けん☆ぽん」で会場を盛り上げ、子供たちも元気な声援を送っていた。その後はムードを切り替え、なかなか縮まらない距離のもどかしさを可愛く歌った片想いソング「センチメートル」。小田と隅谷がメインでボーカルを取りながら、舞い落ちる花びらのようなダンスで魅了した「Flutter」。メリハリの効いた構成で、グループとしての魅力を余すことなく伝えていた。

 企画コーナー「紅白対抗!Girls²運動会」の後半戦は、観客と一緒に振り付けを楽しみながら“ダウト”のメンバーを当てる「ダウトをさがせ!」。答えの鍵を握る観客のリアクションだけでなく、メンバー間での推理も見事で、両チームともにダウトのメンバーを探し当てることに成功。トータルで2対2となり、最終決戦は仲良く引き分けで幕を閉じた。

 ライブもいよいよ後半戦ということで、まずメンバーを代表する形で鶴屋が「こうやってイベントができることも、リリースをさせていただくことも、皆さんがいるからできること。私たちはこれからも皆さんの日々に寄り添えるような、そして心がワクワクして毎日を頑張れるような存在になっていけるように頑張ります」と挨拶をし、全員が「応援よろしくお願いします!」と声を揃えた。次に山口が「次の楽曲は、新体制となったGirls²の挑戦でもある曲。この楽曲のみ、スマホでの撮影がOKです!」と伝え、準備ができたところで新曲「CLICK」が披露された。昨年の『Girls² Live Tour 2022 “Shangri-la”』の時ですら彼女たちの成長や進化に驚かされたが、新体制となり、グループとしての気合いと覚悟が生半可なものではないことを伝えるこの曲のパフォーマンスからは、彼女たちが間違いなく次のフェーズへと突入したことが感じられた。次に披露された「80’s Lover」についても“挑戦”という表現が使われていたが、一つひとつの挑戦を確実に自分たちの武器に変えてきたGirls²の真骨頂ともいうべき2曲だったように思う。

 その後は『ひみつ×戦士 ファントミラージュ!』(テレビ東京系)のオープニングテーマにもなっていた「チュワパネ!」と、記念すべき1stシングル曲「ダイジョウブ」を続けて披露。みんなを笑顔に、そして元気にしてくれる合言葉のような2曲を全力のパフォーマンスで届けた。最後はファンへの感謝を込めた新曲「LETTERS」。メンバーは1列に並んで観客と向き合い、大きく手を振りながら笑顔で歌っている。Girls²とファンをつなぐ架け橋のような「LETTERS」は、この先のライブでもきっと大切な役割を担う1曲になっていくはずだ。

 ライブの最後には、今年の秋から全国ライブツアーを行うことを発表。昨年の『Girls² Live Tour 2022 “Shangri-la”』では開催していない地区での開催も予定しているということで、期待度も注目度も高まる中、着実にスキルアップを続ける8人がどんなステージを作り上げるのか楽しみだ。
EP『Countdown』
2023年5月24日(水)発売

【初回生産限定ダンス盤】(CD+Blu-ray)

AICL-4380~4381/¥3,080(税込)

【初回生産限定ダンス盤】(CD+DVD)

AICL-4382~4383/¥3,080(税込)

<収録曲>

■CD

01. Countdown feat. APOKI

02. CLICK

03. LETTERS

■Blu-ray、DVD

01. Countdown feat. APOKI – Music Video –

02. Countdown feat. APOKI – Dance Practice Video –

03. CLICK – Dance Practice Video –

04. LETTERS – Music Video –

【初回生産限定ライブ盤】(CD+Blu-ray)

AICL-4384~4385/¥4,950(税込)

【初回生産限定ライブ盤】(CD+DVD)

AICL-4386~4387/¥4,950(税込)

<収録曲>

■CD

01. Countdown feat. APOKI

02. CLICK

03. LETTERS

■Blu-ray、DVD

『Girls² Live Tour 2022 “Shangri-la”』2022.12.25 at 東京ガーデンシアター 映像収録(約120分)

【通常盤】(CD)

AICL-4388/¥1,650(税込)

<収録曲>

01. Countdown feat. APOKI

02. CLICK

03. LETTERS

04. Countdown feat. APOKI – Instrumental –

05. CLICK – Instrumental –

06. LETTERS – Instrumental –


音楽ニュースMUSIC NEWS

BE:FIRST X ATEEZ&RIIZEが総合首位、NewJeansカバーが世界に影響、ミセス初の6億再生突破:今週の邦楽まとめニュース

J-POP2024年7月13日

 2024年7月10日公開(集計期間:2024年7月1日~7月7日)のBillboard JAPAN 総合ソング・チャート“JAPAN Hot 100”でBE:FIRST X ATEEZ「Hush-Hush」が総合首位を獲得した。本作は、B … 続きを読む

キラーズ2つのギネス世界記録に認定、ビリー制作時の最大の口論とは、ワンリパブリック3年ぶりアルバムリリース:今週の洋楽まとめニュース

洋楽2024年7月13日

 今週の洋楽まとめニュースは、ザ・キラーズに関する話題から。  米オルタナティブ・ロック・バンドである彼らは今週、英国チャートでの並外れた成功により、2つのギネス世界記録(GWR)を授与された。  GWRによると、「Mr. Brightsi … 続きを読む

Co shu Nie、ニューアルバム『7 Deadly Guilt』リリース決定

J-POP2024年7月12日

 Cö shu Nieが、ニューアルバム『7 Deadly Guilt』を9月4日にデジタル・リリース、翌週9月11日にCDリリースする。  同作はCö shu Nieにとっておよそ2年半ぶりの新作アルバムで、CDは初回限定盤と通常盤の2形 … 続きを読む

<レポート>BTSやSEVENTEENなど人気アーティストが集結 Dispatchの10周年記念フェス【D’FESTA JAPAN FINAL】

J-POP2024年7月12日

 韓国芸能ニュースメディア、Dispatch(ディスパッチ)の創立10周年を記念し、【D’FESTA JAPAN FINAL】が2024年7月13日~2024年9月1日にわたり、東京・寺田倉庫 G1ビルにて開催される。一般公開に先駆け、7月 … 続きを読む

<ライブレポート> 「親愛なる加藤和彦様ー。」小原礼/奥田民生/GLIM SPANKYら音楽家”トノバン”に捧げた音楽

J-POP2024年7月12日

 7月10日、京都ロームシアターにて【加藤和彦トリビュートコンサート】が開催され、ハンバート ハンバート、田島貴男、坂本美雨、高野寛、奥田民生、小原礼、GLIM SPANKYが出演。今回当日のレポートが到着した。  ”親愛なる加藤和彦様―― … 続きを読む

Willfriends

page top