<ライブレポート>MISIA、ビルボードライブ横浜のこけら落とし公演で音楽と共に届けたポジティブなパワー

2020年8月24日 / 12:00

 2020年7月20日、「ビルボードライブ横浜」がついにオープンした。こけら落し公演MISIAの「MISIA SUMMER SOUL JAZZ 2020」。ニューヨークを拠点に活動している黒田卓也(Tp)を中心にした凄腕ミュージシャンとともに、ジャズ、R&B、ファンクなどをクロスオーバーさせたサウンド、そして、“ソウルシンガーの真骨頂”と称すべきボーカルを間近で堪能できる貴重なステージが繰り広げられた。 

 神奈川・横浜のKITANAKA BRICK&WHITE内にオープンした「ビルボードライブ横浜」。当初は4月12日にバート・バカラック公演で初日を迎える予定だったが、新型コロナウィルスの感染拡大による緊急事態宣言により、開業は延期。7月20日に予定より99日遅れで正式オープンに至った。公式HPでは、シャカタク、カーク・フランクリン、SWV、ラスマス・フェイバー、タキシード、ザップによる祝福メッセージ動画を公開。SNS上でも音楽ファン、アーティストからのお祝いの言葉が拡散された。 

 この日のライブは、定員の半数の150席で開催。座席は観客同士が向かい合わないように配置され、各テーブルには消毒用のボトルが置かれた。また入場時の検温、手の消毒などが行われ、十分な換気が行われるなど、“ウィズコロナ”のライブ仕様となった。 

 記念すべきこけら落とし公演の開幕は、18時。まずはバンドメンバーが登場。黒田卓也(Tp)をはじめ、大林武司(Pf)、TOMO KANNODr)、中林薫平(Ba)、池本茂貴(Tb)、西口明宏(Sax)が定位置に付き、黒田の指揮のもと、インストナンバーが演奏される。しなやかなスウィング感をたたえたアンサンブル、シックなホーン・セクションの音色が広がり、生演奏でしか味わえない、なんとも心地いい空気が生まれる。そして、ついにMISIAがステージへ。深い青緑のドレスに身を包んだMISIAは、マスクを付けたまま最初のナンバー「CASSA LATTE」(アルバム「MISIA SOUL JAZZ BEST 2020」収録)を披露。華やかなグルーヴを放つサウンドとともに伸びやかボーカルを響かせ、早くも大きな感動が生まれる。フェイスシールドを着用した最前列の観客も気持ちよさそう身体を揺らし、この貴重なライブを楽しんでいた。続いてはMarvin Gayeの名曲「Mercy Mercy Me」(1971年/アルバム「What’s Going On」)のカバー。環境問題をテーマにしたこの曲は、2020年の世界においてさらに重要な意味を持っている。ややレイドバックしたビート、高揚感とメッセージ性を併せ持った歌、トランペットのソロ演奏とMISIAのフェイクの絡みも素晴らしい。 

 「みなさん、ようこそいらっしゃいました。大きな声は出せないのですが、拍手だったり、手拍子だったり、足踏みだったり、踊りだったり、どうぞ体中でライブを楽しんでいただけたらと思います。なによりもまず、ビルボードライブ横浜のオープン、おめでとうございます!」という挨拶とメンバー紹介を挟み、手拍子による“コール&レスポンス”から「あなたにスマイルへ。ゴスペル・フィーリングを感じさせるアレンジとメロディ、そして、。コロナ禍の外出自粛期間中、“すべての人に音楽を通して「スマイル」を届けること、日々をより楽しく過ごすこと”を目的とした「あなたにスマイルプロジェクト~大切な誰かにスマイルを届けよう~」を実施したMISIA。この曲が持つポジティブなパワーはこの日も、オーディエンスの心と身体に強く作用していたはずだ。 

 マスクを外し、ここからはスロウ・テンポの楽曲が続く。まずは新曲「さよならも言わないままで」。TBS「音楽の日 2020」(7月18日放送)でも披露されたこの曲は、コロナ禍の収束を願って制作された楽曲。憂いに溢れたトランペットの音色、切なさと力強さを併せ持った旋律、そして、この過酷な時代を生きる人々の姿、大事な人との別れを綴った歌詞がひとつになった「さよならも 言わないままで」は間違いなく、この日のライブの大きな聴きどころだった。 

 中林がウッドベースを演奏、オーセンティックなジャズの風味をたっぷりと含んだアレンジで「What A Wonderful World 」(Louis Armstrong)をカバー。さらに豊かな叙情的を「眠れぬ夜は君のせい」に続き、本編ラストの「Everything」へ。言わずと知れた名曲だが、“SOUL JAZZ”スタイルでアレンジされ、さらに多彩なボーカル表現が込められている。特にサビのフレーズにおける、感情が零れ落ちるような歌声はまさに圧巻。メロディの背景にあるソウルミュージックのテイストが強く押し出されいたことも印象的だった。 

 アンコールの拍手に迎えられ、再びステージに登場したMISIAとバンドメンバーは、「陽のあたる場所」を披露。1998年のリリースから20年以上経っているが、この曲が持つ魅力はまったく色褪せていない。深みを増したバンドグルーヴと自由にラインを描くボーカルに合わせ、観客楽しそうに手を鳴らし、身体を揺らしている。音楽を介したピュアな一体感が、確かにそこには存在していた。 

 「状況が早く収束して、ここがたくさんのお客さんでいっぱいになって。次にお会いするときは、みんなで大きな声を出し合えるように、祈りながら歌い続けていきたいです」。そんな言葉からはじまった最後の曲は「アイノカタチ。たくさんの“アイノカタチ”に寄り添い、穏やかで温かい気持ちを与えてくれるこの曲もまた、いまの時代に必要なナンバーだ。 

 大きな拍手のなか、笑顔で手を振りながらステージを去ったMISIA。ジャズ、R&B、ソウルなどが有機的に結びついたサウンド、祈りにも似た深い思いと感情を解き放ってくれるパワーを兼ね備えた歌。この時代に必要不可欠な音楽を真っ直ぐに届けてくれた、きわめて意義深いライブだったと思う。 

Text:森朋之 
Photo:Santin Aki 

◎公演情報 
MISIA SUMMER SOUL JAZZ 2020】 
2020年7月20日(月)- 21日(火)※終了 
ビルボードライブ横浜 

 


音楽ニュースMUSIC NEWS

『関ジャム完全燃SHOW!』で川谷絵音の頭の中を徹底解剖

J-POP2021年3月8日

 3月14日放送のテレビ朝日系『関ジャム完全燃SHOW!』で「4個のバンド&ソロを同時進行!川谷絵音の頭の中身を解剖!」が放送される。  今回は、indigo la End、ゲスの極み乙女。、ジェニーハイ、ichikoroの4つのバ … 続きを読む

崔洋一と高垣健が音楽人・松田優作を語る対談映像公開、ベスト盤『YUSAKU MATSUDA』リリース記念

J-POP2021年3月8日

 『松田優作「YUSAKU MATSUDA 1978ー1987 MEMORIAL EDITION」発売記念YouTube Special Talk「音楽人 松田優作」を語る 崔洋一×高垣健 前編Part.1』が3月9日20時よりYouTub … 続きを読む

DEAR KISSがメジャーデビューSgをラジオ解禁へ、トーク&ミニライブ決定も

J-POP2021年3月8日

 DEAR KISSが4月14日にリリースするメジャーデビューシングル「ダンスはキスのように、キスはダンスのように」のラジオOA解禁日が決定した。  3か国語バージョンある同曲、四島早紀の出身地・福岡のラジオ局 FM FUKUOKAの番組『 … 続きを読む

YUKI、全国ホールツアー【YUKI concert tour “Terminal G” 2021】開催決定

J-POP2021年3月8日

 YUKIが5月22日より【YUKI concert tour “Terminal G” 2021】(読み:ユキ コンサート ツアー “ターミナル ジー” ニセンニジュウイチ)を開催することが、発表された。  今回のホールツアーは、4月28 … 続きを読む

Sexy Zone「LET'S MUSIC」MV公開、細部に隠されたこだわりに注目

J-POP2021年3月8日

 2021年3月24日にリリースされるSexy Zoneの20thシングル『LET’S MUSIC』より、同曲のミュージックビデオが公開された。  華やかなブラスセクションが印象的なこの楽曲は、思わず体が動き出してしまうような、 … 続きを読む

amazon

page top