ビッケブランカ、ツアーファイナルでシングルリリース&ワンマン公演開催をサプライズ発表

2019年2月11日 / 18:00

2月10日(日)@東京・Zepp Tokyo photo by 星野健太 (okmusic UP's)

ビッケブランカが2月10日(日)、Zepp Tokyoで『WIZARD TOUR 2019』のファイナル公演を行なった。このツアーが発表されたのは昨年6月29日にSHIBUYA TSUTAYA O-EASTで行なわれた『ULALA TOUR 2018』の最終公演。キャパシティ的にZepp TokyoはO-EASTの倍以上であるからして、この約半年でどれだけビッケの認知度と人気が高まったかがわかるというもの。

だが、インディーズ時代からライブを観続けてきた筆者からすると、ようやく会場のキャパシティがビッケのパフォーマンスのスケール感に追いついたという印象がある。カラダも歌声も動きも大きなビッケには今までのライブハウスはむしろ小さすぎたんじゃないかと、改めてそう思ったほど、Zepp Tokyoの広いステージで彼とバンドは縦横無尽に生き生きと動きながらダイナミックなパフォーマンスを繰り広げた。

 

ライブは徐々に“アゲて”いくのではなく、序盤からいきなりフル回転。シルエットで映されたビッケが2ndアルバム『wizard』の表題曲を(アルバムはピアノ曲だったが)ギターの音に乗せて歌い、このツアーのために用意された声優・佐久間レイの語りが被さったあとで紗幕が落ちると、勢いよく始まったのは「まっしろ」以前の最大のヒット曲「ウララ」だった。

続いて「ファビュラス」「アシカダンス」「Moon Ride」と、盛り上がり度の高いアップナンバーを矢継ぎ早に演奏。以前のツアーならライブ後半に持ってきていたこれらの曲を出し惜しみせず序盤から繰り出すあたりに強い自信と大胆不敵さを感じたが、攻めの姿勢はそれだけにあらず。「Moon Ride」ではピアノから離れて自らギターを弾きながら歌い、続いてのローファイなロック曲「Buntline Special」ではなんとキーボードのにしのえみも前に出てきてギターをプレイ。ビッケ、にしのえみ、そしてギタリストの井手上誠の3人が横並びになってエレキギターをかき鳴らす様は絵的にも面白く、興奮させられた。続いてビッケ史上最もハードなギター曲「Black Rover」へ。ここまでの7曲をMCはさまず一気に畳みかけた故、まだ前半だというのに会場の温度は相当の高さに。

ここでようやく“みなさんも楽しみにしてくれていたと思いますが、これだけは言い切れます。絶対に僕のほうが今日を楽しみにしてました!”などとMCをはさみ、ミディアム曲「Wednesday」などを落ち着いたトーンで演奏。そして、アニメ映画『詩季織々』の主題歌になった「WALK」をピアノ弾き語りで聴かせ、続いて現在もヒット中の名バラード「まっしろ」を情感込めてじっくりと歌い上げた。

 

だが、後半戦は後半戦でまた新たなる驚きのコーナーが用意されていた。ステージ後方にブースが出現し、ビッケ、にしの(Key)、若山(Dr)の3人がそこに並んでのDJセットがスタートしたのだ。クラブのようにミラーボールが回り出し、EDM的なトラックに乗せてビッケが歌ったのは「夏の夢」「Smash(Right This Way)」「キロン」の3曲。観客もハンズアップしながらカラダを揺らし、かくしてZepp Tokyoは大箱のクラブと化した。

 

そして井手上(Gt)がブライアン・メイばりのギターを鳴り響かせると、ビッケはフレディ・マーキュリーのように腕を何度も突き上げ(そういえば序盤でも彼はフレディよろしく“エーオ!”のコール&レスポンスを行なっていた)、そこからクイーン的なフレーズも満載の「Slave of Love」へ。さらに「Winter Beat」で会場全体を多幸感で満たすと、本編最後はスケール豊かなアンセム「Great Squall」にて大団円。

アンコール時にはニューシングルの発売とレコ発ワンマン(6月14日・新木場STUDIO COASTにて)も発表された。

 

初めて観る人にも、ずっと観続けてきた人にも、実に大胆な構成のエンターテインメント・ショーで驚きと喜びをたくさん与えたビッケブランカ。次は果たして何を見せてくれるのか、今からもう楽しみだ。

Text by 内本順一

Photo by 星野健太
【セットリスト】

00. Wizard

01. ウララ

02. ファビュラス

03. アシカダンス

04. Moon Ride

05. Buntline Special

06. Black Rover

07. Wednesday

08. Speech

09. Lights Out

10. WALK

11. まっしろ

12. 夏の夢リミックス

13. Smash (Right This Way)

14. キロン

15. Slave of Love

16. Winter Beat

17. Great Squall

ENCORE. Wake up sweetheart

■プレイリスト配信ページ

※ライブ音源ではございません

https://avex.lnk.to/vickeblanka-wizardtour2019
『Voom Voom Room』

6月14日(金) 東京 新木場STUDIO COAST

時間:開場17:30/開演18:30

チケット:all standing ¥4,500(税込)※ドリンク代別

<オフィシャル先行受付>

受付期間:2019年2月10日(日)21:00~2019年2月24日(日)23:59

※抽選受付となります。

https://eplus.jp/vickeblanka0614-hp/


音楽ニュースMUSIC NEWS

大野雄大(from Da-iCE)、ソロアルバム発売&新江ノ島水族館でのソロライブが決定

J-POP2019年2月16日

 5人組ダンス&ボーカルグループDa-iCEのボーカリスト、大野雄大(おおの ゆうだい)が、2019年4月1日に迎える30歳の誕生日を記念して、4月3日にグループ初となるソロアルバム『この道の先に』をリリースする。  アカペラグループで培っ … 続きを読む

さくらしめじ×コレサワ、2マンで一緒に「届けそこねたラブソング」

J-POP2019年2月16日

 さくらしめじ×コレサワによる2マンライブのオフィシャル・ライブレポートが到着した。  渋谷WWWにて、3か月連続で行われるさくらしめじ主催イベント【ダブルでワクワク!さぁ!集まれダブダブ!】の第一弾として2月15日にコレサワとのツーマンラ … 続きを読む

ORANGE RANGE主催『テレビズナイト』の最終出演者発表

ジャパニーズロック2019年2月16日

ORANGE RANGEの主催イベント『テレビズナイト019』の最終出演者が発表された。 4月13日に沖縄市コザ・ミュージックタウン音市場&音楽広場で行なわれる同イベント。今回の発表でJリーグクラブFC琉球の公式マスコットキャラクターのジン … 続きを読む

配信とタイアップでチャートを制する?! ONE OK ROCKの戦略【Chart insight of insight】

J-POP2019年2月16日

 新譜とロングセールスが入り乱れて激戦状態のHot100。そんななかで注目したいのが、今週6位にチャートインしたONE OK ROCKの「Wasted Nights」だ(【表1】)。先週は初登場14位だったが、一気にベスト10に飛び込んでき … 続きを読む

SOLEIL、2ndアルバム『SOLEIL is Alright』のアナログ化が決定

ニュース2019年2月16日

SOLEILの2ndアルバム『SOLEIL is Alright』が、3月20日にアナログ盤でリリースされることが決定した。 アルバム『SOLEIL is Alright』は、SOLEILのメンバーであるサリー久保田、中森泰弘の楽曲に加え、 … 続きを読む

page top