BANZAI JAPAN、主催ライブ『立春大吉』を開催

2018年2月13日 / 20:00

BANZAI JAPAN/2月4日@Yokohama O-SITE (okmusic UP's)

2月4日にYokohama O-SITEにて『BANZAI JAPAN主催イベント立春大吉』が開催された。今回のタイトルにもなっている“立春大吉”は、左右対称のお札を貼ることで一年の平穏を祈る、禅宗のお寺で行なわれる風習のこと。同イベントは出演者、そしてファンの皆にご利益があるように、そして幸せな一日を堪能できるように、という意味が込められているのかもしれない。イベントが終わった後、演者もファンも笑顔で溢れたこのイベントをレポートする。
芋ジャージJAPAN

まず登場したのは、BANZAI JAPANのメンバーの中から選抜されたアイドル・芋ジャージJAPAN。地方出身のメンバーが国民的アイドルになるために“芋っぽい”ジャージを身にまとってパフォーマンスを繰り広げるこのグループは、当日長崎の伝道師・志田りんが体調不良で欠席のため、安原めい、藤崎ふみ、春川愛美の3名でパワフルなステージを見せつけた。

BANZA JAPANの代表楽曲である「大江戸パレード」もセルフカバーされ、フロアの熱気も高まっていった。途中、黄色いジャージを着て乱入したBANZAI JAPANの佐藤樹姫がステージに取り残され、イベントのスタートを任されるかたちに。観客の笑いを誘いながらも、「立春大吉、スタート!」のかけ声が会場に響いた。
純情小町☆NEO

続いて登場したのは純情小町☆グループ全体の研究生チームである純情小町☆NEO。袴姿で明治時代からタイムスリップした女学生のような、おしとやかな衣装でライブを披露。これで研究生かと思うほど完成度の高いパフォーマンスで純情小町グループの層の厚さに驚かされた。ポップスの良さを詰め込んだ、キャッチーな楽曲、そして日本風の煽りは初めて見る人も楽しめるはずだ。

■純情小町☆NEO オフィシャルHP

http://komachi-japan.com/neo/
妄想Addict

妄想の“もう”と中毒の“どく”をとって“もうどく”と呼ばれる妄想Addict。Addictが“中毒”という意味が示す通り、一度観れば何度も観たいと思わせてくれるステージだ。今回はえんじ色の学園の制服のような可愛らしい衣装で登場し、現メンバーの3名でパフォーマンスを披露。3月より佐々木みうな、風愛ことりが加入し、5人体制となって新曲・新衣装で再始動するという。新しい体制に期待が膨らむ。

■妄想Addict Next Stage Music Entertainment.ページ

http://nextstagemusicent.net
はづきちーぬめるてぃーぬ

はづきちーぬめるてぃーぬが出てくると、とにかく楽しませたい!というオーラが半端なく漂い、サービス心旺盛でみんなにきちんと視線(レス)を返しながらアイドルらしい楽しい曲で皆を楽しませていた。純真な瞳で目が合うとドキッとして、また逢いに行きたくなる。彼女はおそらく純真に皆を楽しませることが楽しくて仕方がないのだろう。そんな心からのパフォーマンスが皆に届いていると思うライブだった。

はづきちーぬめるてぃーぬが4月21日(土)に巣鴨獅子王で開催する生誕祭は、お昼に主催ライブ、夜にワンマンライブと2部編成で行なわれる。このライブでは“チケットはまだ8枚しか売れていないので買ってほしい”と笑いながら訴えていたので、ぜひチェックしてほしい。

■はづきちーぬ めるてぃーぬ オフィシャルHP

http://www.hazukichi-nu.com
あ・い・う・ち

あ・い・う・ちは、“世界中の愛を撃ち抜く!”をコンセプトに活動しているアイドルグループ。当日はメンバーの和泉がインフルエンザで欠席となってしまったが、白瀬由梨、市ノ瀬りか、藤間美羽の3人で存在感のあるパフォーマンスを行なった。ピンクのふりふりの衣装がかわいらしいが、愛を打ち抜くための白い銃を持ってパフォーマンスをする格好良さも特徴のひとつ。“愛を打ち抜いてやる〜♪”というフレーズとともに打ち抜かれた観客は多いのではないだろうか。最後に歌った「裸足のロマンス」は格好良い歌い出しから始まるアップテンポな楽しい曲で、定番のコールが入れやすく盛り上がっていた。そして、あ・い・う・ちはメンバー全員が卒業することが発表されているので、残り短い彼女たちの活動をぜひ応援してほしい。卒業ライブは3月3日(土)新宿レッドノーズにて開催されるとのこと。

■あ・い・う・ち オフィシャルブログ

https://ameblo.jp/aiuchiofficial/
ねごと!TOYDOLL

「おもちゃのチャチャチャ」のオルゴール音で登場したのはストーリー性のあるパフォーマンスが印象的な、ねごと!TOYDOLL。青、紫、緑、黄色と楽しいカラーリングで、“TOYDOLL”の名の通りおもちゃ箱をひっくり返して遊んでいる子どものような無邪気なパフォーマンスで盛り上げていた。「セーブポイント」では、“嬉しいことが起こったらセーブポイント、悲しいことが起きた時はデリート”と誰もが現実でやりたいと考えている夢を歌い、共感をしたファンも多かったのではないだろうか。

■ねごと!TOYDOLL twitter

https://twitter.com/negoto_toydoll
きゅいーん’ズ

“私だけに、賭・け・て!!BETできるアイドル”をコンセプトに活動している5人組アイドルユニット・きゅいーん’ズは、1曲目からアップテンポな曲で観客を一気に巻き込んだ。ノリの良い曲ではキッチリと煽り、バラードをきちんと歌い上げる歌唱力もあって、パフォーマンス力が高い実力派アイドルだ。最後に歌った「メガホン」ではメンバーはもちろんのこと、ファンもメガホンを持って盛り上がる楽しい曲だ。この曲は会場がカラフルに染まり、美しい情景が一面に広がっていた。

■きゅい~ん’ズ オフィシャルHP

http://kyueens.syncl.jp
川崎純情小町☆

純情小町グループの看板・川崎純情小町☆は、ピンク色の女の子らしい衣装で登場。“わたしのこと…好きになってくれますか?”という問いかけに“いいよー”と返すファンの掛け声で会場は一体となりライブが進んでいく。MCでは独特のテンションのトークが展開して会場を沸かせていた。

川崎純情小町☆は、3月9日に初期メンバーとして6年半活動してきた前田薫里の卒業祭が川崎クラブチッタで開催される。BANZAI JAPANも出演が決定し、前田の門出を盛り上げる盛大なお祭りイベントになるとのことなので、ぜひ足を運んでみてほしい。

■純情小町☆プロジェクト

http://komachi-japan.com/
BANZAI JAPAN

いよいよ新SEでBANZAI JAPANが登場! 従来の堂々としたサウンドのSEとは打って変わり、とても神妙な感じのするサウンドで、年初に掲げた“唯一無二”というテーマが伝わってくる。「コノハナサクヤ姫」「START」と続き、東理紗が提供した「せんすがないっ!!!!!」で盛り上がる。イントロでメンバーが扇子を持っていないことで慌てふためき、ファンから扇子を受け取るお決まり演出も。BANZAI JAPANのファンこと大名・側室が浮き足立ち、扇子を受け取ってもらった人は本当に嬉しそうにしていで、こういった幸せを分けるシーンは実に良いものだと思った。

「Parallel Summer」「Coordinate to Future」とアップテンポの盛り上がる曲が続き、MC後はBANZAI JAPANの伝道師見習いが所属するユニット・ASHIGARU JAPANで2曲をお届け。まだお披露目から日が浅いにも関わらず、堂々としたパフォーマンスを見せてくれたASHIGARU JAPANにも期待が高まる。

10曲目に披露されたのは、フリのキレが良く格好良い「新月咲く夜の隠れんぼ」。神々しさと迫力が心に響くこの曲のパフォーマンスは必見だ。続いて「清く正しく美しく」からはBANZAI JAPANらしい楽しい曲が続き、代表曲「バンザイじゃぱん!」ではグループの名前を冠にするだけあり、扇子を使って会場と一体になる。そして、単独ステージでは最後の曲「大和撫子の日が昇る」ではタオルを使ったパフォーマンスでさらに盛り上げ、60分間のステージの幕を閉じた。大名と側室(ファンの総称)がとても楽しそうに応援していたことが印象深かった。

本イベントの最後は、出演アイドル全員が壇上にあがり「Grateful Idol Life~グレイトフルアイドルライフ」を歌唱して締め括った。同曲は、BANZAI JAPANがファンやアイドルとして活動する毎日に“感謝”をする歌として、アイドルグループの垣根なく、全てのアイドルに歌ってほしい歌として作られたもので、無償で楽曲提供をしている。デビューしたてでオリジナル曲のないアイドルや、地方のアイドルからも楽曲使用の依頼があり、多くの会場で歌われている。

日頃別々に活動しているアイドル同士がひとつの歌を歌唱する、この奇跡にも似た時間を演出したBANZAI JAPAN。ひとつの曲を通してアイドルが繋がっていくことは新しい何かを生み出していく原動力になるだろう。そして、BANZAI JAPANが全国各地で活動するその日にも、この楽曲を歌唱して会場を一体化させるのだろう。その日がもう近づいてきていることを強く感じる時間だった。“世界の夜明けもー!”“ちかいぜよーー!!!”のかけ声で『立春大吉』は閉幕。BANZAI JAPANのライブは懐かしさを感じるとともに元気にもなる。この現地でしか味わえない感動を、ぜひ多くの人に感じてほしい。

3月4日にEX THEATER ROPPONGIにて、でんぱ組.incと共演をする『でんぱ組.inc Road To 愛踊祭2018 ~ 全世界IDOL応援PROJECT ~』を控えているBANZAI JAPAN。チケットはローソンチケットで販売中とのことなのでお早めにゲットしてほしい。そして、2018年8月に開催される『TOKYO IDOL FESTIVAL 2018』への出演をかけたオーディションへ参加することも発表されているので、こちらも要チェック!
【BANZAI JAPAN セットリスト】

新SE

M1.コノハナサクヤ姫

M2.START

M3.せんすがないっ!!!!!

M4.Parallel Summer

M5.Coordinate to Future

MC1

M6.なないろパラソル(あしがる)

M7.バンザイじゃぱん!(あしがる)

M8.大江戸パレード

M9.今夜もとってもダンスでざんす!

M10.新月咲く夜の隠れんぼ

MC2

M11.願い星

M12.清く正しく美しく

M13.バンザイじゃぱん!

M14.大和撫子の日が昇る

MC3

M15.Grateful Idol Life(出演アイドル全員)
■BANZAI JAPAN

オフィシャルHP:http://cospanic.com/banzai-japan/

Twitter:https://twitter.com/BANZAIJAPANPJT

Instagram:https://www.instagram.com/banzaijapan/

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCJ7e0mun3K8UBEgGQyHwPmA
【出演者 物販情報】
■芋ジャージJAPAN

<物販の特徴>

・物販は基本チェキだけ

・他の物販メニューはBANZAI JAPANと同じ。

ファンから聞いた芋ジャージJAPAN(BANZAI JAPAN)の物販の良さは、普通のアイドルはチェキを撮ると1対1でお話しをするが、自然とトークの時間に囲みができてみんなで楽しめるのが特徴なんだそう。

■純情小町☆NEO

<物販の特徴>

・初めての人2ショットチェキ・ワンショット写メ 500円(その日のうちなら何度でも)

・ポイントカード1現場”1ポイント” (川崎純情小町☆と共通)

■妄想Addict

<物販の特徴>

・初見無料チェキ

・ツーショットチェキ1000円

・オリジナルTシャツ

物販では終始和やかで、ファンもメンバーも信頼関係で繋がっている強さを感じた。物販でトークの時間が長いのが満足度が高いポイントだそうだ。

■はづきちーぬめるてぃーぬ

<物販の特徴>

・ツーショットチェキ 1000円

・ランダムチェキ500円

・写真撮影(20秒) 1000円

物販ではしっかりと時間を取ってファンと交流するスタイルとのこと。チェキは自撮りで撮るためファンとの距離が短くなる。はづきちのチェキも満足度が高いとファンは語っていた。あっすーこと葉月飛鳥さんとは同級生で良く一緒に活動している。ソロで活動をはじめたばかりだが、4月21日(土)に開催する生誕祭に向けてTシャツを作っているところなんだそう。

■あ・い・う・ち

<物販の特徴>

・2ショットチェキ 500円

物販の特徴は、サイン付きで500円という安さ! トークタイムも付いて満足度が高い物販になっている。

■ねごと!TOYDOLL

<物販の特徴>

・ソロチェキ(サイン付き)500円

・ツーショットチェキ(サイン付き)1000円

サイン付きでソロチェキが500円は安い!

■きゅいーん’ズ

<物販の特徴>

・シングルCD「Go ahead」1000円

・2018年カレンダー 3000円(数量限定・完売)

・物販1000円お買い上げごとにチェキ券が1枚ずつ付いてくる

チェキ券を購入するスタイルではなく、CDなどを購入すると1000円ごとにチェキが撮れるシステム。2018年のカレンダーは、普通の月は全員で映っているが、誕生日月は誕生月のメンバーがソロで映っている。購入すると誕生月にサインをしてもらえるので、イベント当日は予想を上回る売れ行きで、今は残念ながら完売してしまったそう。新たな公式グッズが出ればまたサインして貰える機会もあるかもしれないので要チェックだ。

■川崎純情小町☆

<物販の特徴>

・初めての人はチェキが500円通常は1000円

・ジャンルは問わない!いい曲が入ったCD&DVDがあります

・タオルもある

■BANZAI JAPAN

<物販の特徴>

・扇子 3種類(メンバーがパフォーマンスで実際に使っている物と同じ)

・タオル(メンバーがパフォーマンスで実際に使っている物と同じ)

・チェキ

・初めましての方はチェキが1枚無料!

スタッフ任せにせず、メンバー自身が率先して物販に立つスタイルでファンとの接点を増やしていくシステム。扇子はメンバーの推しにサイン書いてもらうことができる。楽曲「せんすがない!!!」でファンから受け取る扇子はここで売られているものだ。メンバーと交流できるアイテムなので、ぜひ手にとってほしい。


音楽ニュースMUSIC NEWS

BILLIE IDLE(R)、プー・ルイ加入後初アルバムより「エブリデイズ」ワンカットMV公開

J-POP2018年10月18日

 BILLIE IDLE(R)が、2018年11月7日にリリースするプー・ルイ加入後初となる新録アルバム『NOT IDOL』より、リード曲「エブリデイズ」のミュージックビデオを公開した(https://youtu.be/YE6CWxrzic … 続きを読む

FIVE NEW OLD、観客がヘッドフォン装着“サイレントライブ”の映像公開

J-POP2018年10月18日

 FIVE NEW OLDが、SKY CIRCUS サンシャイン60 展望台で行った【Current Location Concert – SKY CIRCUS Sunshine60 Observatory Session -】 … 続きを読む

超特急の写真展、新AL未公開アートワークやライブ未公開カットなど展示

J-POP2018年10月18日

 6人組ダンス&バックボーカルグループ超特急が、グループ初となる写真展【超特急 EXHIBITION “GOLDEN EPOCH”】を、2018年11月1日~11月19日にかけて東京・GALLERY X BY PARCOにて開催する。  本 … 続きを読む

ヒステリックパニック、モノクロで構成された「絶対×絶命」MV公開

ジャパニーズロック2018年10月18日

10月31日(水)にヒステリックパニックがリリースするミニアルバム『Hypnotic Poison』より、「絶対×絶命」のMVが公開された。同曲は、すでにMVが公開中の新曲「Venom Shock」とともに先行配信中だ。 「絶対×絶命」は、 … 続きを読む

MACO、全曲新曲ニュー・アルバム『交換日記』発売&台湾公演と上海公演も決定

J-POP2018年10月18日

 シンガーソングライターMACOが、全曲新曲のニュー・アルバム『交換日記』を、2018年12月5日にリリースする。  現在レコーディング中のMACO。アルバムの初回限定盤には、MACOドキュメンタリー・インタビューが収録されたDVDが付く。 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top