【米ビルボード・ソング・チャート】ポスト・マローン&21サヴェージvsカミラ・カベロ、首位争いを制したのは?

2017年11月15日 / 09:00

 ポスト・マローンの「ロックスターfeat.21サヴェージ」が5週目のNo.1を獲得した、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 下位から強豪が追い上げる中、何とか今週も首位の座を死守した、ポスト・マローンの「ロックスター」。しかし、2位にランクインしているカミラ・カベロの「ハヴァナfeat.ヤング・サグ」とは僅差で、次週は入れ替わる可能性が高いと予想されている。というのも、カミラはこの曲を積極的にプロモーションしていて、ダウンロードの値下げやリミックスのリリースなど、戦略的に首位獲得を狙っているからだ。また、11月12日に英国ロンドンのウェンブリー・アリーナで開催された【MTVヨーロッパ・ミュージック・アワーズ】では<最優秀ポップ賞>を受賞し、同曲のパフォーマンスも行っている。これらの反響を受け、次週はカミラが自身初のNo.1獲得を果たす可能性が高い。

 【MTVヨーロッパ・ミュージック・アワーズ】では、ビヨンセをフィーチャーした新曲「ウォーク・オン・ウォーター」をパフォーマンスしたエミネムも、大きな話題になった。同曲は間もなく発売予定の4年振りの復帰作『リヴァイヴァル』からの先行シングルで、11月10日にサプライズ・リリースされたばかり。セールスやストリーミングも好調で、同日に公開されたオーディオ・ビデオは、3日間で1000万回視聴を記録している。アワードのパフォーマンス効果も含め、次週はこの曲も上位にデビューするだろう。週末18日には、人気番組『サタデー・ナイト・ライヴ』にも出演する予定。

 今週のアルバム・チャートでNo.1デビューした、サム・スミスの『スリル・オブ・イット・オール』からの先行シングル「トゥー・グッド・アット・グッバイズ ~さよならに慣れすぎて」は、先週の10位から4位に上昇し、初登場の5位を上回る最高位を更新した。また、先行配信された「プレイ」も、82位にリエントリーしている。本作からは、60年代風ソウル「ワン・ラスト・ソング」が、2曲目のシングルとして11月3日に発売されたばかり。サム・スミスに続き、アルバム・チャートで2位に初登場したマルーン5の新作『レッド・ピル・ブルース』からは、8月にリリースした「ホワット・ラヴァーズ・ドゥfeat. SZA」が先週の12位から9位に上昇。マルーン5のTOP10入りは、本作にも収録されている「ドント・ワナ・ノウ feat.ケンドリック・ラマー」(最高6位)以来、およそ1年振り、13曲目のランクインとなる。大ヒットした前作『V』からは、「シュガー」など計3曲のシングルがTOP10入りした。

 エド・シーランの新曲「パーフェクト」は、今週最高位となる8位までランクアップした。通算12週の首位をマークした「シェイプ・オブ・ユー」に続き、アルバム『÷(ディバイド)』 から2曲目のTOP10を果たしたこの曲は、イギリスやカナダなど主要各国でもTOP10入りし、フランスではいち早く首位に到達した。11月9日には、オーストリアで撮影されたミュージック・ビデオが公開され、現在までに3400万視聴回数を記録している。ビデオのストリーミング上昇により、次週はさらにランクアップするだろう。アルバムから2曲目のNo.1獲得も、期待できるかもしれない。

 次週のアルバム・チャートで、初登場1位が確実視されているテイラー・スウィフトの新作『レピュテーション』。しかし、アルバムの発売直前にもかかわらず、初登場から3週間1位をキープした1stシングル「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ」は37位に、先日ミュージック・ビデオが公開された2ndシングル「…レディ・フォー・イット?」は先週の19位から30位に、それぞれランクダウンしている。先行配信された「コール・イット・ホワット・ユー・ウォント」は今週27位に初登場したが、4位にデビューした「…レディ・フォー・イット?」、初登場13位だった「ゴージャス」(今週85位)と比較すると、反響が薄くなってきている印象を受ける。おそらく、アルバムの発売日が近かったため、それまで待とうというファンがほとんどかと思われるが、シングル曲の不発がどうアルバムの売上に反映するのか、結果は蓋を開けてみるまで分からない。

 今週のチャートで、2017年度の集計期間が終了する。2016年12月1週目から、今週のチャート(11月最終週)までのデータで集計される2017年の年間チャートは、12月上旬頃に発表される予定。

Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、11月15日22時以降予定となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「ロックスターfeat.21サヴェージ」ポスト・マローン
2位「ハヴァナfeat.ヤング・サグ」カミラ・カベロ
3位「ボダック・イエロー (Money Moves)」カーディ・B
4位「トゥー・グッド・アット・グッバイズ~さよならに慣れすぎて」サム・スミス
5位「サンダー」イマジン・ドラゴンズ
6位「1-800-273-8255」ロジックfeat.アレッシア・カーラ&カリード
7位「フィール・イット・スティル」ポルトガル・ザ・マン
8位「パーフェクト」エド・シーラン
9位「ホワット・ラヴァーズ・ドゥfeat. SZA」マルーン5
10位「ミ・ヘンテfeat.ビヨンセ」J.バルヴィン&ウィリー・ウィリアム


音楽ニュースMUSIC NEWS

TWICE、卒業シーズンにぴったりな「BRAND NEW GIRL」のMV解禁

洋楽2018年2月23日

 TWICEの新シングル『Candy Pop』のカップリングとして収録されている「BRAND NEW GIRL」のミュージックビデオ(https://youtu.be/r1CMjQ0QJ1E)が解禁された。  本映像は、先日行われた【TWI … 続きを読む

吉澤嘉代子 J-WAVE番組スペシャルMCに決定!(ナビゲーター:藤田琢己/いきものがかり水野良樹)

J-POP2018年2月22日

 シンガーソングライターの吉澤嘉代子が、2018年3月1日放送のJ-WAVE『SONAR MUSIC』に登場する。  吉澤嘉代子は、ナビゲーターの藤田琢己、水野良樹(いきものがかり)に加わり、スペシャルミュージックレシーバーとして番組に登場 … 続きを読む

SUGIZO、辻 仁成とのコラボ曲「感情漂流」のリリックビデオを公開

ジャパニーズロック2018年2月22日

SUGIZOが音楽監督をつとめる辻 仁成原作・脚本・演出の舞台『99才まで生きたあかんぼう』が2月22日(木)より開幕! この舞台に使用されている、2017年11月にSUGIZOが発売した最新アルバム『ONENESS M』収録の、辻 仁成と … 続きを読む

眩暈SIREN 、インターネットライブ「音が孤独を覆うまで」映像を公開

ジャパニーズロック2018年2月22日

眩暈SIRENがオフィシャルYouTubeにて、インターネットライブでの「明滅する」ライヴ映像を公開した。 様々な理由でライブ会場に直接足を運べないファンに対してもっと近くに音楽があって欲しいというメンバーの意志の元で始まったインターネット … 続きを読む

ユアネス、自主企画イベントにCRAZY VODKA TONIC、LINE wanna be Anchorsの出演決定

ニュース2018年2月22日

ユアネスが、4月20日(金)に開催する大阪では初の自主企画イベントに、CRAZY VODKA TONIC、LINE wanna be Anchorsが出演することが分かった。この2アーティストを迎えた3マンのチケットは、GREENSモバイル … 続きを読む

page top