サム・スミス」に関連する64件の記事

サム・スミス、クリスマス・ソング「The Lighthouse Keeper」を発表

音楽ニュース2020年11月20日

 2020年10月30日に約3年ぶりとなるニュー・アルバム『ラヴ・ゴーズ』をリリースし、全英アルバム・チャート2位、全米アルバム・チャート5位などヒットを記録しているサム・スミスが、早くも本日、新曲をリリースした。  「灯台守」を意味する「The Lighthouse Keeper」と・・・続きを読む

サム・スミス、英ロンドンで行った最新ライブをYouTubeで期間限定公開へ

音楽ニュース2020年11月11日

 2020年10月30日にリリースした3枚目のアルバム『ラヴ・ゴーズ』が、米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”初登場5位、全英アルバム・チャート初登場2位を獲得したサム・スミスの最新ライブが期間限定で公開されることが決定した。  11月13日の21時より、Univer・・・続きを読む

『ラヴ・ゴーズ』サム・スミス(Album Review)

音楽ニュース2020年11月3日

 ここ最近のサム・スミスをみていると、解放感で満たされているのがひしひし伝わる。たとえば“なりたい自分”を表現したインスタグラムの投稿、メイクアップ動画、母親願望の公言、性認識が男女どちらにもあてはまらない「ノンバイナリー」であることの公表、など。多少の迷・・・続きを読む

サム・スミス、ニューAL発売記念ヴァーチャル・コンサートをアビイ・ロード・スタジオにて開催

音楽ニュース2020年9月30日

 2020年10月30日にニュー・アルバム『ラヴ・ゴーズ』を発売するサム・スミスが、リリースを記念したヴァーチャル・コンサート【Live from Abbey Road Studios】を開催することが決定した。  サムにとって年内唯一のライブ・パフォーマンスとなるこのコンサートは、ザ・ビー・・・続きを読む

サム・スミス、約3年ぶりのニューAL完成&先行シングル「Diamonds」解禁

音楽ニュース2020年9月18日

 【第57回グラミー賞】にて、主要3部門を含む最多4部門を獲得したサム・スミスによるニュー・アルバム『ラヴ・ゴーズ』(原題:“Love Goes”)が2020年10月30日にリリースとなることが本日発表された。前作アルバム『スリル・オブ・イット・オール』以来約3年ぶりの新作とな・・・続きを読む

サム・スミス、バーナ・ボーイとコラボした新曲「My Oasis」で恋焦がれる相手への愛を歌う

音楽ニュース2020年8月3日

 サム・スミスが、バーナ・ボーイ(Burna Boy)をゲストに迎えたニュー・シングル「My Oasis」をリリースした。「My Oasis」は、サム・スミスにとって“新しい章”の幕開けとなる楽曲だ。  サムとバーナ・ボーイは、以前から互いをアーティストとして尊敬しあっていたという・・・続きを読む

『5月19日はなんの日?』サム・スミスの誕生日、延期となった新ALは年内リリース予定

音楽ニュース2020年5月18日

 5月19日はサム・スミスの28歳の誕生日。  サム・スミスは1992年5月19日、イギリス・ロンドン生まれ。2012年にディスクロージャーの「ラッチ」にフィーチャーされたことで一躍英国内で注目のシンガーとなったサムは、翌年にはノーティー・ボーイとのコラボ曲「ラ・ラ・ラ」・・・続きを読む

サム・スミス、新型コロナ感染の疑い「検査は受けていないけど、感染していたと確信している」

音楽ニュース2020年4月21日

 新型コロナウイルスに感染したアーティストのリストにサム・スミスも加わりそうだ。  アップル・ミュージックのゼイン・ロウとの最新インタビューで、母国イギリスで感染したことを明かしたサムは、感染の疑いのある多くの人々同様に自主隔離生活を経て、治癒したと話して・・・続きを読む

サム・スミス&デミ・ロヴァート、コラボ曲「I’m Ready」を今週リリースへ

音楽ニュース2020年4月14日

 サム・スミスとデミ・ロヴァートが、コラボ曲「I’m Ready」を現地時間2020年4月17日にリリースすることを発表した。白い衣装を纏った2人が金メダルを首からかけて佇むアートワークも解禁されており、Jora Frantzisが監督、Sean Bankheadが振付を担当したミュージック・ビデ・・・続きを読む

サム・スミス、新曲「トゥ・ダイ・フォー」をリリース 「孤独なバレンタインデーを過ごしている人全員に」

音楽ニュース2020年2月14日

 サム・スミスが新曲「トゥ・ダイ・フォー」をリリース&ミュージック・ビデオを公開した。 samsmith.world/ToDieForVid  本作は、デビューアルバム、2ndアルバムに続き友人であり協力者であるジミー・ネイプと共に制作。サムは本作について「この曲をリリースすることは、・・・続きを読む

サム・スミス、自己肯定感を高めるメッセージをSNSに投稿

音楽ニュース2020年1月7日

 サム・スミスが、2020年1月5日にインスタグラムを更新し、自身の体の捉え方に関する前向きな思いをシェアした(https://www.instagram.com/p/B66eN1NgRB6)。  彼はバカンス先で撮影されたとみられる、上半身裸でボートの上でくつろいでいる写真を投稿し、「休暇中に上半・・・続きを読む

サム・スミス&ノーマニ、コラボ曲を初めて一緒にパフォーマンス

音楽ニュース2019年12月3日

 現地時間2019年12月1日、米フロリダ州タンパで開催された地元ラジオ局93.3-FLZ主催の【Jingle Ball】にて、サム・スミスとノーマニが、コラボ曲「Dancing With A Stranger」を初めて一緒にパフォーマンスした。  今年1月にリリースされた同曲は、米ビルボード・ソング・チ・・・続きを読む

サム・スミス、「ステイ・ウィズ・ミー」のストリーミング数10億回突破に喜ぶ

音楽ニュース2019年9月11日

 現地時間2019年9月10日、2014年にリリースされた「ステイ・ウィズ・ミー」のグローバル・ストリーミング数が10億回を突破したことをうけて、サム・スミスが、自身のSNSにメッセージを投稿した(https://twitter.com/samsmith/status/1171379442905751552)。  「僕、@jimm・・・続きを読む

サム・スミス、「人生で最も困難だった時期」について投稿しファンを励ます

音楽ニュース2019年8月21日

 ここ1年余り、サム・スミスは自身が抱えているボディー・イメージやジェンダー・アイデンティティー、自己愛についての葛藤と向き合いながら、率直な思いを公表してきた。2019年8月20日に彼はTwitterに連投し、近況報告を兼ねて現在の心境をファンに報告しつつ、どこかで同・・・続きを読む

不仲のサム・スミスとトム・ヨーク、ビリー・アイリッシュのライブで目撃される

音楽ニュース2019年7月9日

 お互いのことをあまり快く思っていないことで知られるサム・スミスとレディオヘッドのトム・ヨークが、ビリー・アイリッシュの英ロンドン公演の客席で目撃された。  目ざといファンが撮影した動画では、スタンドの近い位置でライブを楽しんでいる二人の姿が見て取れる。ビ・・・続きを読む

L.キャパルディ全英3週連続1位、B.アイリッシュと村上隆がコラボ、アリアナ首位返り咲き:今週の洋楽まとめニュース

音楽ニュース2019年3月23日

 今週の洋楽まとめニュースは、スコットランド出身の新人シンガー・ソングライター、ルイス・キャパルディについてから。ルイスの最新シングル「サムワン・ユー・ラヴド」が、全英シングル・チャートで3週連続1位を獲得した。その要因としては、曲の良さもさることながら、・・・続きを読む

サム・スミス、自身のジェンダーが流動的と明かす「男性でも女性でもなく、どこかその間を流れている」

音楽ニュース2019年3月18日

 女優ジャミーラ・ジャミルがインスタグラムで開始したインタビュー・シリーズ『I Weigh』の第1回にサム・スミスが登場し、自身がジェンダークィアでノンバイナリーであると初めて明言した。  「いつも心と体の間に壁みたいなものがあると感じていた」という彼は、ノンバイ・・・続きを読む

【NEW MUSIC】今週リリースされた注目の洋楽ソング15選(12/21付)

音楽ニュース2018年12月21日

 ポップ、R&B、ヒップホップ、ロック、EDM、ジャズ……毎週数多くリリースされる楽曲の中から、注目の洋楽ソングを15曲ピックアップ。これからチャート賑わせそうな話題の1曲から玄人好みの味わい深さを持つナンバーまで、週末のお供にぜひ! ◎「Fire On Fire」サム・スミ・・・続きを読む

サム・スミス、18,000人の心を震わせた来日公演のレポートが到着

音楽ニュース2018年10月15日

 サム・スミスの【The Thrill Of It All World Tour】の一環として、2018年10月12日に埼玉・さいたまスーパーアリーナで公演が行われた。  “天使の歌声”と賞賛され、2015年の【第57回グラミー賞】で<最優秀新人賞>など主要3部門を含む最多4部門を受賞し、デビュー・アル・・・続きを読む

サム・スミス、5H活動休止の発表に落胆

音楽ニュース2018年3月20日

 現地時間2018年3月19日、フィフス・ハーモニー(5H)が無期限の活動休止を発表したことは、世界中のハーモナイザーに大きな衝撃を与えた。2012年に結成され、6年間にわたり活動を続けてきた彼女たちは、この決断について「ソロ活動を追求する為にひとまず5Hの活動を休止し、・・・続きを読む

page top