オードリー・ヘプバーン」に関連する件の記事

【映画コラム】少女から大人の女優へ『メアリーの総て』『輪違屋糸里 京女たちの幕末』

ほぼ週刊映画コラム2018年12月15日

 今週は、少女から大人へと成長した2人の女優が主演した映画を紹介しよう。  まずは、ゴシック小説の古典で“SFの祖”とも呼ばれる『フランケンシュタイン』を生み出したイギリスの女性作家メアリー・シェリーの波乱に満ちた半生を、エル・ファニング主演で映画化・・・続きを読む

全国55の劇場で開催中【午前十時の映画祭7 デジタルで甦る永遠の名作】過去最高稼働でスタート

音楽ニュース2016年5月17日

 4月2日から全国55劇場でスタートした【午前十時の映画祭7 デジタルで甦る永遠の名作】のオープニング作品『ティファニーで朝食を』と『恋におちて』は、4週間の興行を終えて昨年の同期間動員対比145%、興収対比161%のスタートを切ったことがわかった。  本イベントは・・・続きを読む

ホウ・シャオシェン監督、忽那汐里の成長に驚き 5年ぶり再会に「オードリー・ヘプバーンのよう」

TOPICS2015年8月3日

 映画『黒衣の刺客』の来日記者会見が3日、東京都内で行われ、ホウ・シャオシェン監督、出演者の忽那汐里が出席した。  シャオシェン監督にとって8年ぶりの作品となる本作は、唐代の中国を舞台に、数奇な運命に翻弄(ほんろう)されながらも力強く生きる女性刺客(スー・・・続きを読む

【映画コラム】 新人女優、上白石萌音を発見するための映画『舞妓はレディ』

ほぼ週刊映画コラム2014年9月13日

 舞妓(まいこ)を目指してお茶屋の世界に飛び込んだ少女が成長していく姿を、ミュージカル仕立てでユーモラスに描いた『舞妓はレディ』が13日から公開された。  あまり知られていない仕事や趣味を描く“入門映画”を得意とする周防正行監督。今回は、京都、舞妓、芸者、・・・続きを読む

  • 1

page top