西川大貴が手掛ける、日本発のミュージカル 「(愛おしき)ボクの時代」稽古場取材

2019年10月28日 / 15:45

ミュージカル「(愛おしき)ボクの時代」稽古場の様子

 ミュージカル「(愛おしき)ボクの時代」の稽古場取材が21日、東京都内で行われ、出演者の風間由次郎、梅田彩佳、塩口量平ほかが姿を見せた。

 本作は、日本人特有の身体感覚や言語を使って表現する「日本発」のミュージカル。全出演者をオーディションで決め、ブラッシュアップを図りながら、本公演を目指すために、2回にわたるプレビュー公演期間を設けるという、実験的な作品作りを行う。

 物語は、窮屈な毎日を送る主人公の戸越が、出張で向かった伊豆で、奇妙な世界に迷い込み、旅に出るところから始まる。この日の稽古では、戸越が東京の都心部にある、父親が経営する会社で、閉塞感を抱えながら働くシーンの振り稽古(動きを確認する稽古)が行われた。

 一つのシーンが終わると、振り付けを担当する加賀谷一肇が実際に動いて見せながら、細かな修正を加えていく。キャスト同士が確認し、話し合う姿もあちこちで見られた。

 脚本・演出の西川大貴は、本作について「日本の、僕たちの周りにある小さなことを題材にした作品を作りたいという思いから始まりました。テーマである“奇妙な閉塞感”や“漠然とした生きづらさ”も描かれていますが、それをそのまま描くとなると、どうしても暗く冷たい印象になってしまう。ミュージカルは、そういったリアルなものに、ミュージカルというフィルターをかけることで色鮮やかにする。インスタ映えできるようなところにも面白さを見いだしています」と説明した。

 そして「ポップソングも多く入っており、ミュージカルファンの方も、ミュージカルをあまり見ない方も楽しんでいただける作品になっていると思います」とアピールした。

 舞台は11月15日~12月15日、都内・DDD青山クロスシアターで上演。


芸能ニュースNEWS

ラグビー田中史朗、ナイツ土屋との漫才を披露 「試合よりも緊張したけど、楽しくできた」

トレンド2020年1月28日

 日本マクドナルド「夜マック」新メニューPR発表会が28日、東京都内で行われ、お笑いコンビのナイツ(塙宣之、土屋伸之)、ラグビーの田中史朗選手が出席した。 続きを読む

中村獅童「僕は生真面目ですから」 中村七之助「ただ単に肉体労働です」

舞台・ミュージカル2020年1月28日

 赤坂大歌舞伎「怪談 牡丹燈籠」の制作発表会見が28日、東京都内で行われ、出演する中村獅童、中村勘九郎、中村七之助ほかが登壇した。  2008年に18代目中村勘三郎の「芸能の街・赤坂で歌舞伎を!」という一言から始まった赤坂大歌舞伎。13年に … 続きを読む

ミルクボーイ「人生最後のご飯でもいける」 ケロッグ公式応援サポーターに就任

CM2020年1月28日

 「ミルクボーイ ケロッグ公式応援サポーター就任式」が28日、東京都内で行われ、お笑いコンビ・ミルクボーイの駒場孝と内海崇が登場した。  「M-1グランプリ2019」決勝大会で“コンフレーク”を題材にした漫才を披露し、グランプリを獲得したミ … 続きを読む

斎藤飛鳥「その一歩が誰かの希望になる」 「はたちの献血」キャンペーンをPR

トレンド2020年1月27日

 令和2年「はたちの献血」キャンペーンPRイベントが27日、東京都内で行われ、乃木坂46の梅澤美波、遠藤さくら、賀喜遥香、久保史緒里、斎藤飛鳥が出席した。 続きを読む

長谷川京子「ここからは自分の世界」 演出家から「まだまだ安心するなよ」

舞台・ミュージカル2020年1月27日

 舞台「メアリ・スチュアート」の囲み取材と公開稽古が25日、東京都内で行われ、出演者の長谷川京子、吉田栄作、シルビア・グラブ、三浦涼介、演出の森新太郎氏が登壇した。  本作は、スコットランド女王メアリ・スチュアート(長谷川)とイングランド女 … 続きを読む

page top