有澤樟太郎、舞台初主演に意気込み 「稽古でもがいた痕跡、ぶつけたい」

2019年6月20日 / 20:15

(左から)谷口賢志、赤澤燈、北村諒、有澤樟太郎、井上小百合、和田琢磨、岩永徹也、作・演出の高橋悠也氏

 TXT(テキスト)vol.1「SLANG(スラング)」取材会が20日、東京都内で行われ、出演者の有澤樟太郎、井上小百合(乃木坂46)、和田琢磨、北村諒、赤澤燈、岩永徹也、谷口賢志、作・演出の高橋悠也氏が出席した。

 物語の舞台は、誰もが個人チャンネルを持ち、睡眠時に見る夢を世界中に配信できる世界。日夜、ユーザーにさまざまなジャンルの夢を公開する「夢人」たちを主軸に、現実と虚構が交錯し、思いがけない真実の世界へとつながっていくさまを描く。

 本作で舞台初主演を果たす有澤は「この話を頂いたときは涙が出るぐらいうれしかった。稽古場でも皆さん優しくて『(僕が)やりたいことをやって、それにみんなが付いていくから』と言ってもらい、その言葉を助けに、もがきながらもここまで作り上げることができました。稽古場でもがいた痕跡を思いっきり舞台にぶつけたい」と力強くコメントした。

 井上も「言葉をとても大切にした作品。SNSが多様化しているこの時代にこの作品をやることに、すごく意味があると思うので、若い子にもたくさん見てもらえたら」とアピール。和田も「ラップのように互いにせりふを掛け合うシーンがある。日々、舞台上で成長していく可能性もあるので、技術と技術のぶつかり合いを感じ取ってもらえたら」と呼び掛けた。

 本作では、キャスト全員が2役に挑戦する。「夢人」と対になる、もう一方の「現実」での役どころは公表されておらず、有澤も「見てからのお楽しみです」とにっこり。有澤自身、稽古中に「燈くん、こんな一面あったんだ…」などと驚くことがあったとし、「キャストの新たな一面を発見してもらえると思う」と見どころを語った。

 舞台は6月20日~30日、都内のよみうり大手町ホールで上演。


芸能ニュースNEWS

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

映画2020年3月24日

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。  お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松 … 続きを読む

市川染五郎「声優初挑戦はすごく不安だった」 父・松本幸四郎は「良かったよ」

映画2020年3月24日

 映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、東京都内で行われ、声優を務めた市川染五郎、杉咲花とイシグロキョウヘイ監督が登壇した。  本作は、俳句以外では思ったことがなかなか口に出せないチェリー(染五郎)と、見た目のコンプレ … 続きを読む

今泉佑唯が美しき刺客を演じ切る 舞台「あずみ~戦国編~」

舞台・ミュージカル2020年3月20日

 舞台「あずみ~戦国編~」の公開稽古が19日、東京都内のBunkamura シアターコクーンで開催された。  原作の『あずみ』は、第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆう氏の人気漫画。激動の戦国時代に、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男た … 続きを読む

page top