石川界人、中村悠一に“片思い”? 思い出忘れられ「覚えていてくれぇ~」

2018年4月13日 / 20:55

(左から)石川界人、早見沙織、中村悠一、森なな子

 映画『パシフィック・リム:アップライジング』の初日舞台あいさつが13日、東京都内で行われ、日本語吹き替え版で声優を務めた中村悠一、早見沙織、森なな子、石川界人が登壇した。

 本作は、「KAIJU」と命名されたモンスターと、「イェーガー」と呼ばれる人型巨大兵器の壮絶な戦いを描くシリーズの第2弾。

 リーダーとしてパイロットたちを率いる主人公ジェイクの声を演じた中村は「収録は朝から晩まで…。後半は怒濤(どとう)なので結構つらかった。とはいえ、楽しかったですよ」とにっこり。観客には「ぜひ字幕版と吹き替え版、両方見て面白さを感じてほしい」とアピールした。

 一方、訓練生のイリヤを吹き替えた石川は「実は前作を中村さんと一緒に見に行ったんです」とエピソードを披露。しかし共に鑑賞したはずの中村は「ちょっと忙しいですからね…。3日ぐらいたつと忘れちゃう」と当時の記憶がすっかり抜け落ちているようで、これには石川も「覚えていてくれぇ~」と悲鳴を上げた。

 会場では、2人のパイロットが神経同調システムで“ドリフト”しながら操縦するイェーガーにちなみ「自分がイェーガーに乗って世界を救うとしたらドリフトしたい相手は誰?」という質問も。石川はあれこれ迷いつつ、最終的に「僕は1人でやります。ヒーローは1人でいいので」と回答した。

 森は「最近、勝手に親近感がわいている沙織さん。すごく優しいので、私の過去も全部受けとめてくれそう」と早見を指名した。これには早見も「うれしい」と大はしゃぎ。自身も森を指名し“相思相愛”ぶりを見せつけた。

 森と早見がペアとなったことを受け、中村は「この中から選ぶ感じなの…?」と苦笑い。石川の熱い視線を感じながらも「僕は古谷徹さんかな。僕の世代のヒーローといったら古谷さんですから。ごめんね。(古谷が演じた『ガンダム』の)アムロとドリフトしてみたいんです」と大先輩の名前を挙げた。

 肩を落とした石川は、中村から「ヒーローは1人なんだろう?」と突っ込まれると、「別にいいし」とイジケけて、会場の笑いを誘った。


芸能ニュースNEWS

「知ってるワイフ」恐妻から激変の広瀬アリス 「かわい過ぎて私が幸せにしてやりたい」

ドラマ2021年1月15日

 大倉忠義主演のドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系)の第2話が、14日に放送された。  謎の男、小池良治(生瀬勝久)からもらった平成22(2010)年の500円硬貨で2度目のタイムワープを試みた剣崎元春(大倉)は、建石澪(広瀬アリス)と … 続きを読む

戸田恵梨香「重さと同時に喜びを味わっています」 「日本ジュエリーベストドレッサー賞」受賞

授賞式2021年1月15日

 過去1年間を通じて、最も輝いている人、最もジュエリーが似合う人を世代別に表彰する「第32回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」表彰式が14日、東京都内で行われ、30代部門で受賞した戸田恵梨香が出席した。  戸田は「素晴らしい賞を頂き、本当 … 続きを読む

横浜流星「女優の横浜流星です」 「日本ジュエリーベストドレッサー賞」受賞

授賞式2021年1月15日

 過去1年間を通じて、最も輝いている人、最もジュエリーが似合う人を世代別に表彰する「第32回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」表彰式が14日、東京都内で行われ、受賞者の横浜流星、森七菜、戸田恵梨香、小池栄子、斉藤由貴、田中美佐子、内田篤人 … 続きを読む

乃木坂46新内眞衣「全力で突っ走っていきたい」 「紀伊國屋ホール」改装前の最終公演でヒロイン役

舞台・ミュージカル2021年1月14日

 舞台「熱海殺人事件 ラストレジェンド ~旋律のダブルスタンバイ~」公開舞台稽古と舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、出演者の味方良介、荒井敦史、愛原実花、乃木坂46の新内眞衣、NON STYLEの石田明ほかが登場した。  紀伊國屋ホー … 続きを読む

菅野美穂&浜辺美波の母娘に「二大美女のドラマ」 「岡田健史も川上洋平もカッコ良さが増している」

ドラマ2021年1月14日

 菅野美穂が主演するドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系)の初回が、13日に放送された。  本作は、売れっ子恋愛小説家で一人娘を持つシングルマザーの水無瀬碧(菅野)と、オタクで非モテの大学生の娘・空(浜辺美波)のトモダチ母 … 続きを読む

page top