堂珍嘉邦、変身シーンで「興奮が弾けた」 『劇場版仮面ライダー』にゲスト出演

2017年7月26日 / 18:03

完成披露イベントに登壇したキャスト陣たち

 『劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』の完成披露イベントが26日、東京都内で行われ、レギュラーキャストの飯島寛騎、瀬戸利樹、松本享恭、岩永徹也、松田るか、中澤祥次郎監督、劇場版ゲストの藤本美貴、ブラザートム、堂珍嘉邦ほかが登壇した。

 VR(仮想現実)空間での支配を企む忍者集団との戦いを描く本作。“医療”と“ゲーム”という異色のモチーフの仮面ライダーが、劇場で真のエンディングを迎える。

 本作で謎の仮面ライダー風魔を演じた堂珍は「想像しながら演じるのは未知の経験でした」と苦労もあったようだが、完成作を見て「ちゃんとスクリーンの中で変身できてて、興奮が弾けるというか、自分自身すごく楽しむことができました」と満足げ。憧れのベルトを巻いた感想を「すごくカラフル。今ってすごくポップなんだなと思いました」と語った。

 藤本は、難病で入院している少女の母親役で出演したが「普段も母親をやっているので、あまり(普段と)変わりませんでした」。病院での撮影シーンが多かったが医療監修もあり、「何回も撮ったりと、忠実にやっていてすごいなと思いました」と振り返った。

 一方のブラザートムは、世界の滅亡をたくらむ最強の敵・ゲムデウスマキナ役を熱演。自身の“悪役っぷり”について問われると「アクションシーンが結構大変だったので」とコメント。共演者から「アクションシーンありましたっけ…?」とけげんな顔で突っ込まれると、「そのシーンで結構、帰ってからも身体が痛かったりして…」とおとぼけ発言を続け、会場の笑いを誘った。

 その後も、マイペースにコメントを続けたブラザートム。「特撮の現場はどうでしたか?」と尋ねられると「撮影現場…でしたね。雨が降っている日が多かったので、傘を差したり大変でした」とニヤリ。クライマックスの見どころについても「皆さんがすごく一つになって…。一つになっちゃいました」と珍回答を繰り出すブラザートムに、共演者らは「ひねりゼロ!」とずっこけていた。

 同日には、9月からスタートする新シリーズ「仮面ライダービルド」の発表があったばかり。現在放送中のテレビシリーズにも主演している飯島は「実は、僕らはもうクランクアップしまして、8月27日の放送(第45話)で終了します」と観客に報告。「8月は映画もあり“熱いエグゼイド”になると思うので、ぜひ見逃さないように」と元気よくアピールした。

 映画は8月5日から全国ロードショー。


芸能ニュースNEWS

北村匠海「今日ここに立つことが少し怖かった」 「僕は決してかわいそうなやつではない」

映画2020年10月30日

 映画『とんかつDJアゲ太郎』の初日舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、出演者の北村匠海、山本舞香、浅香航大、池間夏海と二宮健監督が登壇した。  出演者の一人である伊藤健太郎は、29日、道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで警視庁に逮捕され … 続きを読む

大倉忠義、ファンに迎えられ「ただいまです」 「本当の本当は誰も知らない」

映画2020年10月30日

 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』大ヒット記念舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、主演の大倉忠義と行定勲監督が登壇した。  本作は、水城せとな氏の人気コミックを映画化。主人公の大伴恭一を大倉が、恭一をいちずに思う今ヶ瀬渉を成田凌が演じた。 … 続きを読む

「ルパンの娘」深田恭子と橋本環奈と山本美月に囲まれて 「瀬戸康史くんは令和一のモテ男か」

ドラマ2020年10月30日

 深田恭子が主演するドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)の続編・第3話が、29日に放送された。  本作は、代々泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華(深田)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の恋愛を描くラブコメディー。  今回は、華と和 … 続きを読む

妻夫木聡「500円で芸能界に入りました」 きっかけはゲームセンターのオーディション

映画2020年10月30日

 映画『STAND BY ME ドラえもん2』完成報告会が29日、東京都内で行われ、声優を務めた妻夫木聡、宮本信子、八木竜一監督と脚本・共同監督の山崎貴氏が出席した。  本作は、3DCGアニメーション映画として2014年に公開された『STA … 続きを読む

大野智&櫻井翔「嵐の付き合いは一生もの」 「ずっと一緒に共にしていくのだと確信」

イベント2020年10月29日

 「2021年用お年玉付年賀はがき 販売開始セレモニー」が29日、東京都内で行われ、年賀状コミュニケーションパートナーを務める嵐の櫻井翔と大野智が登場した。  この日は2人が、今年の年賀状のキャッチフレーズ「このつながりは、一生もの。」をお … 続きを読む

page top