戸田恵梨香、藤原竜也と『デスノート』以来の再会に「恥ずかしくもあり」 原作の湊かなえ氏は2人の役作りを絶賛

2017年4月7日 / 05:01

主人公の恋人役を演じる戸田恵梨香

 4月スタートのTBS系金曜ドラマ「リバース」の第1話プレミア試写会・トークイベントが5日、東京都内で行われ、出演者の藤原竜也、戸田恵梨香と原作者の湊かなえ氏が出席した。

 今年デビュー10周年を迎えた湊氏による同名小説を原作にしたこのドラマは、有名大学を卒業しながらも地味でつまらないほど普通の人生を送ってきた32歳の主人公・深瀬和久(藤原)が、10年前に友人が死亡した事件に隠された罪と真相に向き合うヒューマンミステリー。友情、贖罪、美しき愛の物語といったそれぞれの人間模様がていねいに描かれる。

 同局のドラマには7年ぶりの出演となる藤原は「湊先生をはじめ皆さんに最初に見ていただくということで、試験のような、恐くもあり楽しみでもあり非常にドキドキしながら今日を迎えました」と心境を語り、深瀬の恋人・越智美穂子役の戸田は「深瀬がサッカーボールを蹴るシーンが好きです」と笑いをこらえながらあいさつした。

 一般参加者とともに1話を見た湊氏は「私の作品であんなにも笑いが起こるのは初めてじゃないかと思うくらい、私も笑わせていただきました」と満足げに感想を述べ、ドラマの撮影も見学した上で「本当に深瀬がそこにいたという感じ。(役者を決めてから脚本を書く)アテ書きってしないんですけど、撮影を見てから原作を読み返すと、2人の顔しか出てこないくらいすっかり上書きされました」と大絶賛した。

32歳の主人公を演じる藤原竜也

32歳の主人公を演じる藤原竜也

 藤原と戸田は映画『デスノート』(2006年公開)以来、約11年ぶりの共演となる。戸田は「本当にうれしかったんですけど、藤原さんにお会いしているのが当時10代だったので恥ずかしくもありました」と本音をのぞかせ、藤原は「すごく知ってるからかもしれないけど変に気を使わないというか、スムーズに現場に入れたのはありがたかった。楽しんでやらせてもらっています」と久々の再会を喜んだ。

 また、戸田は「連ドラに入ると撮影が朝から晩までってなるんですけど、今回は深瀬さんとのシーンくらいしかないので、すごく楽なんです。リラックスする必要性がないくらい時間がある」とご機嫌に語った一方で、印象的なシーンを問われると「ここのスタッフは優秀すぎて1話から8話まで台本がある。なので1日に1話、2話、5話、8話のシーンを撮ったりと撮影順がめちゃくちゃ。昨日撮ったところは覚えているけど、見てほしいシーンを覚えていないんです」と言い訳して笑わせていた。

 ドラマは4月14日午後10時から毎週金曜オンエア。

トークイベントを行った(左から)藤原竜也、湊かなえ氏、戸田恵梨香

トークイベントを行った(左から)藤原竜也、湊かなえ氏、戸田恵梨香


芸能ニュースNEWS

北村匠海「今日ここに立つことが少し怖かった」 「僕は決してかわいそうなやつではない」

映画2020年10月30日

 映画『とんかつDJアゲ太郎』の初日舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、出演者の北村匠海、山本舞香、浅香航大、池間夏海と二宮健監督が登壇した。  出演者の一人である伊藤健太郎は、29日、道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで警視庁に逮捕され … 続きを読む

大倉忠義、ファンに迎えられ「ただいまです」 「本当の本当は誰も知らない」

映画2020年10月30日

 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』大ヒット記念舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、主演の大倉忠義と行定勲監督が登壇した。  本作は、水城せとな氏の人気コミックを映画化。主人公の大伴恭一を大倉が、恭一をいちずに思う今ヶ瀬渉を成田凌が演じた。 … 続きを読む

「ルパンの娘」深田恭子と橋本環奈と山本美月に囲まれて 「瀬戸康史くんは令和一のモテ男か」

ドラマ2020年10月30日

 深田恭子が主演するドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)の続編・第3話が、29日に放送された。  本作は、代々泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華(深田)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の恋愛を描くラブコメディー。  今回は、華と和 … 続きを読む

妻夫木聡「500円で芸能界に入りました」 きっかけはゲームセンターのオーディション

映画2020年10月30日

 映画『STAND BY ME ドラえもん2』完成報告会が29日、東京都内で行われ、声優を務めた妻夫木聡、宮本信子、八木竜一監督と脚本・共同監督の山崎貴氏が出席した。  本作は、3DCGアニメーション映画として2014年に公開された『STA … 続きを読む

大野智&櫻井翔「嵐の付き合いは一生もの」 「ずっと一緒に共にしていくのだと確信」

イベント2020年10月29日

 「2021年用お年玉付年賀はがき 販売開始セレモニー」が29日、東京都内で行われ、年賀状コミュニケーションパートナーを務める嵐の櫻井翔と大野智が登場した。  この日は2人が、今年の年賀状のキャッチフレーズ「このつながりは、一生もの。」をお … 続きを読む

page top