シネマ歌舞伎初の“応援上映”開催 中村隼人、まさかのゾロからサンジ役の驚きを明かす

2016年11月4日 / 20:18

中村隼人(左)と福士誠治

 シネマ歌舞伎『スーパー歌舞伎Ⅱ ワンピース』の舞台あいさつおよび応援上映が4日、東京都内で行われ、出演者の中村隼人と福士誠治が出席した。

 人気漫画『ONE PIECE』を歌舞伎化、さらにシネマ歌舞伎化となった本作の公開を記念し、シネマ歌舞伎初となる声援、コスプレ、サイリウム全てオーケーの“応援上映”が開催された。

 客席には人気キャラクター、チョッパーの帽子をかぶったファンやサンジのコスプレをしたファン、手作りのうちわやサイリウムを持ったファンなどが集まり、『ONE PIECE』さながらの世界観に包まれた。

 サンジ、イナズマの二役を演じた隼人は「僕自身、漫画でもずっと読んでいてサンジが本当に好き」とサンジ役での出演を喜んだが、「ネタばらしをすると最初に(ルフィ役の市川)猿之助の兄さんから連絡が来た時は『隼人はゾロ』と言われて、立ち回りも刀でやるのかと妄想していたら、続いてLINEで『ごめんサンジだった』と言われました」と驚きの裏話を明かして笑わせた。

 もともと人気漫画の歌舞伎化はインターネットのニュースで知ったという隼人は「これは大変そうだと他人事のように思っていたら、どうやら俺も出るらしいと知りました」と淡々と語り、「いい意味でリアルさを追求しなくてよかったのがうまくいった。プロジェクションマッピングを使ってエースの炎やら水やらを演出するのは舞台ならではだと思います」と語った。

 2度目の歌舞伎出演となったエース役の福士は「型や着物を着ての所作、見えは普段の役ではやらないことなので、僕は特に見えに苦労しました」と振り返り、「見えを切るのが難しかった時に、すごく細かく教えてくれるんですよ。この10個下が」と楽屋を共有して使っていた隼人に教わったことを明かし、「隣が隼人じゃなかったら、僕はもっともっと格好悪いエースだったと思います」と改めて感謝を述べると、客席から拍手と歓声が起きた。


芸能ニュースNEWS

「石子と羽男」“大庭”赤楚衛二の告白が「カッコ良かった」 「恋バナではしゃぐ“羽男”中村倫也がかわい過ぎる」

ドラマ2022年8月13日

 有村架純と中村倫也がW主演するドラマ「石子と羽男-そんなコトで訴えます?-」(TBS系)の第5話が、12日に放送された。  本作は、司法試験に4回落ちた崖っぷち東大卒のパラリーガル・石子(有村)と、司法試験に1回で合格した高卒の弁護士・羽 … 続きを読む

「六本木クラス」“龍二”鈴鹿央士の境遇に「涙した」 “新”竹内涼真は「本当に愛情深い人」「長屋に負けるな」

ドラマ2022年8月12日

 竹内涼真が主演するドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系)の第6話が、11日に放送された。  本作は、韓国ドラマ「梨泰院クラス」をリメークしたジャパン・オリジナル版。絶望の淵に立たされた青年・宮部新(竹内)が復讐(ふくしゅう)を誓い、金と権 … 続きを読む

「家庭教師のトラコ」“トラコ”橋本愛の預金額に驚きの声 「8千万円を何に使ったんだろう」「施設への寄付?」

ドラマ2022年8月11日

 橋本愛が主演するドラマ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系)の第4話が、10日に放送された。  本作は、謎の家庭教師・トラコ(橋本)が、年齢も抱えている問題もバラバラの3人の母親と、その子どもを救う個別指導式ホームドラマ。遊川和彦氏が脚本を … 続きを読む

草なぎ剛、デビュー作の原田琥之佑にエール 「感謝の気持ちを忘れずにいれば、絶対にうまくいく」

映画2022年8月11日

 映画『サバカンSABAKAN』完成披露舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の原田琥之佑、尾野真千子、竹原ピストル、草なぎ剛と金沢知樹監督が登壇した。  本作は、1980年代の長崎を舞台に、久田(番家一路)と竹本(原田)の2人の少 … 続きを読む

岩本照、天才詐欺師役は「アイドルに近いものがある」 お気に入りの“成り済まし”は「医者」

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレスコール取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、横山由依、吉田栄作が登壇した。  本作は、フランク・W・アバグネイル・ジュニアの自伝小説『世界をだました男』 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top