生涯の友に仲間由紀恵「いい関係つくっていければ」 吉高由里子主演朝ドラ「花子とアン」

2013年9月18日 / 17:31

 「花子とアン」に出演する吉高由里子(右)と仲間由紀恵

 吉高由里子がヒロインを務める平成26年度前期NHK連続テレビ小説「花子とアン」の出演者発表会見が18日、東京都内で行われ、新たに伊原剛志、室井滋、石橋蓮司、賀来賢人、黒木華、土屋太鳳、窪田正孝、松本明子、カンニング竹山、浅田美代子、ともさかりえ、高梨臨、鈴木亮平、仲間由紀恵の14人の出演が発表された。

 「連続テレビ小説」90作目となる本作は、『赤毛のアン』の翻訳で知られる村岡花子の半生記。関東大震災や太平洋戦争などの試練を乗り越え、翻訳家になる夢を実現させていく姿を描く。

 ヒロイン花子の生涯の友となる葉山蓮子役には仲間を起用。吉高は「プライベートでも年上のきれいなお姉さんは好きです。これから甘えてしまう部分もあると思いますがよろしくお願いします」と照れ笑い。仲間も「存分に甘えていただいて、受け止めてあげられるところは受け止めて、流してあげられるところは流して、いい関係をつくっていければ」と穏やかな笑みを浮かべていた。

 花子の父親役の井原は「僕は、世間(のイメージ)では朝に似つかわしくない男だと思っていました。ちょっと若く見せていたのを、実年齢に近づけて演じられたらいいなと思います」と率直な心境を吐露。花子ら安東家の田畑を所有する地主を演じる竹山も「僕みたいなB級芸人がここにいてもいいのでしょうか」と恐縮し、「果たして僕が朝にテレビに出ていいものか」と不安を募らせた。

 吉高自身も「“朝の顔”ということが後ろめたかったけれど、ここにいる何人かもそう思っていたようで安心しました。放送が始まるころには『そうさ僕たち私たちが朝の顔だ』と胸を張って言えるようになりたい」と安堵(あんど)の表情を見せた。さらに「先ほど皆さんにあいさつさせていただいて、ようやく事の重大さに気付きました。尽力してやらせていただこうと思います」とあらためて決意を語った。

 また、同席した共演者たちに向けて「来年の夏ぐらいまで撮影が続くとのことですが、私は礼儀ができる方でもないし、いい子と言われる方でもないので、最初にごめんなさい」と突然の謝罪。「時間と体力と気持ちの許される限り、皆さんとぶつかり合ってもう一回嗅ぎたくなるような匂いとシミを心に残したい」と語った。

 ドラマは2014年3月31日~9月27日に放送予定(全156回)。


芸能ニュースNEWS

菅田琳寧、上田竜也から「堂々とやれ」 菅田「その言葉を信じて堂々とやろうと思います」

舞台・ミュージカル2021年3月5日

 舞台「陽だまりの樹」開幕直前取材が5日、東京都内で行われ、出演者の菅田琳寧(7 MEN 侍/ジャニーズJr.)、早乙女友貴、ダンカンほかが登壇した。  本作は、手塚治虫の同名漫画を舞台化。時代の転換期だった幕末を舞台に、ちゃらんぽらんだが … 続きを読む

「にじいろカルテ」第7話は「夫婦愛に泣けた」 認知症の“雪乃”安達祐実が2度目の結婚式

ドラマ2021年3月5日

 高畑充希が主演するドラマ「にじいろカルテ」(テレビ朝日系)の第7話が、4日に放送された。  本作は、山奥にある「虹ノ村診療所」を舞台に、ポンコツ内科医の真空(高畑)と、癖の強い外科医の朔(井浦新)、看護師の太陽(北村匠海)の姿を描く医療ド … 続きを読む

「知ってるワイフ」“澪”と“津山”が破局 覚悟を決めた“元春”大倉忠義に同情が集まる

ドラマ2021年3月5日

 大倉忠義主演のドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系)の第9話が、4日に放送された。  剣崎元春(大倉)への本当の思いに気付いた建石澪(広瀬アリス)は、銀行のマラソン大会の途中で告白し、キスをしてしまう。しかし、元春は澪の思いを受け入れな … 続きを読む

桜井玲香、咲妃みゆへの思いを告白  「好きが止まらないぐらいに大好き」

舞台・ミュージカル2021年3月4日

 舞台「GHOST」初日前日囲み取材&公開稽古が4日、東京都内で行われ、出演者の浦井健治、咲妃みゆ、桜井玲香、水田航生、森公美子が登場した。  本作は、大ヒット映画『ゴースト/ニューヨークの幻』をミュージカル化。温厚で誠実な銀行員のサム(浦 … 続きを読む

松坂桃李が“モンハン語”に挑戦 ミラ・ジョヴォヴィッチとオンライントーク

映画2021年3月4日

 映画『モンスターハンター』ジャパンプレミアムトークショーが4日、東京都内で行われ、出演者の山崎紘菜、日本語吹き替え版の声優を務めた本田貴子、松坂桃李が出席。主演のミラ・ジョヴォヴィッチとポール・W・S・アンダーソン監督もオンラインで参加し … 続きを読む

amazon

page top