生涯の友に仲間由紀恵「いい関係つくっていければ」 吉高由里子主演朝ドラ「花子とアン」

2013年9月18日 / 17:31

 「花子とアン」に出演する吉高由里子(右)と仲間由紀恵

 吉高由里子がヒロインを務める平成26年度前期NHK連続テレビ小説「花子とアン」の出演者発表会見が18日、東京都内で行われ、新たに伊原剛志、室井滋、石橋蓮司、賀来賢人、黒木華、土屋太鳳、窪田正孝、松本明子、カンニング竹山、浅田美代子、ともさかりえ、高梨臨、鈴木亮平、仲間由紀恵の14人の出演が発表された。

 「連続テレビ小説」90作目となる本作は、『赤毛のアン』の翻訳で知られる村岡花子の半生記。関東大震災や太平洋戦争などの試練を乗り越え、翻訳家になる夢を実現させていく姿を描く。

 ヒロイン花子の生涯の友となる葉山蓮子役には仲間を起用。吉高は「プライベートでも年上のきれいなお姉さんは好きです。これから甘えてしまう部分もあると思いますがよろしくお願いします」と照れ笑い。仲間も「存分に甘えていただいて、受け止めてあげられるところは受け止めて、流してあげられるところは流して、いい関係をつくっていければ」と穏やかな笑みを浮かべていた。

 花子の父親役の井原は「僕は、世間(のイメージ)では朝に似つかわしくない男だと思っていました。ちょっと若く見せていたのを、実年齢に近づけて演じられたらいいなと思います」と率直な心境を吐露。花子ら安東家の田畑を所有する地主を演じる竹山も「僕みたいなB級芸人がここにいてもいいのでしょうか」と恐縮し、「果たして僕が朝にテレビに出ていいものか」と不安を募らせた。

 吉高自身も「“朝の顔”ということが後ろめたかったけれど、ここにいる何人かもそう思っていたようで安心しました。放送が始まるころには『そうさ僕たち私たちが朝の顔だ』と胸を張って言えるようになりたい」と安堵(あんど)の表情を見せた。さらに「先ほど皆さんにあいさつさせていただいて、ようやく事の重大さに気付きました。尽力してやらせていただこうと思います」とあらためて決意を語った。

 また、同席した共演者たちに向けて「来年の夏ぐらいまで撮影が続くとのことですが、私は礼儀ができる方でもないし、いい子と言われる方でもないので、最初にごめんなさい」と突然の謝罪。「時間と体力と気持ちの許される限り、皆さんとぶつかり合ってもう一回嗅ぎたくなるような匂いとシミを心に残したい」と語った。

 ドラマは2014年3月31日~9月27日に放送予定(全156回)。


芸能ニュースNEWS

博多華丸、闇営業問題は「いずれ笑って終えるでしょう」 酒井美紀のセーラー服姿に「気持ちは長瀬智也」

舞台・ミュージカル2019年8月21日

 舞台「めんたいぴりり~未来永劫編~」東京公演成功祈願イベントが21日、東京都内で行われ、出演者の博多華丸、酒井美紀が出席した。 続きを読む

佐藤アツヒロ、ジャニーさんの楽屋のれんを継承 内博貴「先輩からのパワハラはもちろんない」

舞台・ミュージカル2019年8月21日

 8~9月新橋演舞場・御園座・全国公演「ブラック or ホワイト? あなたの上司、訴えます!」の公開舞台稽古・囲み取材が21日、東京都内で行われ、出演者の佐藤アツヒロ、内博貴ほかが出席した。  本作は、パワハラ疑惑を向けられた憧れの先輩の無 … 続きを読む

田中れいな、矢口真里の出産を笑顔で祝福 「幸せになってくれて良かった」

舞台・ミュージカル2019年8月20日

 “2万人の鼓動TOURSミュージカル「赤毛のアン」”東京公演が20日、東京都内で行われ、本作に出演する元モーニング娘。の田中れいなと、演歌歌手のさくらまやが公演前に囲み取材に応じた。 続きを読む

木村文乃、振り込め詐欺グループを追い詰める刑事役を熱演 「隣にある話だと思って見てほしい」

ドラマ2019年8月20日

 土曜ドラマ「サギデカ」第1回の試写会が20日、東京都内で行われ、出演者の木村文乃、高杉真宙、制作統括の須崎岳氏、演出の西谷真一氏ほかが会見に出席した。  本作は、振り込め詐欺グループの摘発に心血を注ぐ警視庁の女性刑事の姿を描く社会派ヒュー … 続きを読む

中井貴一が所信表明演説 三谷幸喜「ディーンさんとはもう1回やってみたい」

映画2019年8月20日

 映画『記憶にございません!』のレッドカーペットイベントと完成披露試写会が19日、東京都内で行われ、出演者の中井貴一、ディーン・フジオカ、石田ゆり子、草刈正雄、佐藤浩市、斉藤由貴、木村佳乃、吉田羊、三谷幸喜監督が出席した。  本作は、政界を … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top