15周年を迎えた吉井怜「結婚前提の恋愛がしたい」 20代最後の年の目標は「旦那さんをみつけたい」

2011年7月25日 / 11:55

 写真集「ここから」(ワニブックス)を手にほほ笑む吉井怜 (c)KYODONEWS

 女優の吉井怜が、デビュー15周年の写真集発売を記念して24日、都内で握手会を開催した。

 アイドルとして人気だった2000年、突然白血病で倒れ、約2年間の闘病生活を経て芸能界に復帰。現在は、ドラマや舞台を中心に活動している。

 デビューから15年、20代最後の年を迎えた吉井は「一つの節目であって、15周年だから脱いだわけではない。素のままの女の子から、いろいろな色に変わっていく女性をイメージしました」と、大胆なヌードを披露した写真集について答えた。

 また、20代最後の年齢を迎えたことについては「29歳の誕生日を迎えた瞬間、急に追い込まれ感があって、結婚したくなりました。理想の男性は、度量の大きい人。結婚前提の恋愛がしたいですね」と、目を輝かせた。

 20代でやっておきたいことについて聞かれると「旦那さんを見つけたい」と、きっぱり。30歳を目前にして、結婚願望が強くなったようだ。


芸能ニュースNEWS

「インビジブル」警察側の“内通者”の予想が白熱 「“志村”高橋一生と“キリコ”柴咲コウの絆が最高だった」

ドラマ2022年5月21日

 高橋一生が主演するドラマ「インビジブル」(TBS系)の第6話が、20日に放送された。  本作は、事件解決のためなら、どんな手でも使う警部補・志村貴文(高橋)と、「インビジブル」と呼ばれる犯罪コーディネーターとして悪を熟知するキリコ(柴咲コ … 続きを読む

中井貴一「台風の中での撮影でかつらが飛んだ」 松山ケンイチ「この映画には貴一さんの人間性、優しさがあふれている」

映画2022年5月21日

 映画『大河への道』公開初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の中井貴一、松山ケンイチ、北川景子、岸井ゆきの、和田正人、田中美央と中西健二監督が登壇した。  本作は、立川志の輔の新作落語「大河への道-伊能忠敬物語-」を原作に映画 … 続きを読む

「未来への10カウント」“祥吾”木村拓哉の“ループスパーリング”に反響 「見入ってしまった」「みんなカッコ良かった」

ドラマ2022年5月20日

 木村拓哉が主演するドラマ「未来への10カウント」(テレビ朝日系)の第6話が、19日に放送された。  本作は、生きる希望を失った主人公・桐沢祥吾(木村)が、図らずも母校のボクシング部のコーチになったことで熱い気持ちを取り戻していく姿を描く学 … 続きを読む

伊藤沙莉「辞めた方がいいのかなと思ったことはある」 俳優を続けるかを悩んだ過去を告白

ドラマ2022年5月20日

 Huluオリジナル「あなたに聴かせたい歌があるんだ」配信スタート記念イベントが19日、東京都内で行われ、出演者の成田凌、伊藤沙莉、藤原季節、上杉柊平、前田敦子、田中麗奈と萩原健太郎監督が登壇した。  本作は、17歳と27歳という年齢に、人 … 続きを読む

大野拓朗「岸谷五朗さんは和製シェークスピア」 「クラウディア」で地球ゴージャス初出演

舞台・ミュージカル2022年5月19日

 「Daiwa House Special『クラウディア』Produced by 地球ゴージャス」制作発表が19日、東京都内で行われ、出演者の大野拓朗、甲斐翔真、脚本・演出の岸谷五朗ほかが登壇した。  本作は、岸谷と寺脇康文が主宰する演劇ユ … 続きを読む

amazon

page top