渡り廊下走り隊、“不仲説解散”はドッキリ 約5年間の活動は漢字一字で「走」

2013年12月25日 / 19:02

 渡辺麻友ら渡り廊下走り隊のメンバーと司会を務めた南海キャンディーズの山里亮太

 AKB48の派生ユニット・渡り廊下走り隊のベストアルバム『渡り廊下をゆっくり歩きたい』発売記者会見が25日、東京都内で行われ、メンバーの渡辺麻友、多田愛佳、菊地あやか、岩佐美咲、浦野一美、平嶋夏海が出席した。

 渡り廊下走り隊は、AKB48グループ2組目の派生ユニットとして2009年1月に誕生。2度のメンバーチェンジを経て、来年2月9日の解散コンサートをもって約5年間の活動に終止符を打つことが発表されていた。

 解散発表とともにメンバー同士が愚痴をこぼす様子を捉えた映像が公開されており、“不仲故の解散”がささやかれていたが、これはドッキリだったことがこの日の会見で明かされた。渡辺は「解散はしますけど、仲良しなんですよ。(公開されていたものの続きは)特典映像で収録されています」と“ドッキリ大成功”を喜び、うそだったことをそろってファンに謝罪した。

 正しい解散の理由として、渡辺は「“学校の渡り廊下をスカートを翻していそう”な中高生のメンバーで結成して、今はみんな学校も卒業して社会人の年。渡り廊下走り隊というコンセプトでの活動は果たしたな、ということです」と説明。メンバーは渡り廊下走り隊の活動を“走”という漢字一文字で表し、平嶋は「何回走ったことか…」と笑わせた。

 “暫定メンバー”だった浦野は「これで本当にラストアイドルだと思うんです。一期生として48グループでも最年長。集大成、締めくくりが渡り廊下走り隊でよかった」と笑顔を見せた。最後は渡辺が「ファンの方たちの支えがあってここまで来られたと思います。ファンの方への恩返しというか、感謝の気持ちを込めて残り期間も走り抜けていきたいです」と締めくくった。


芸能ニュースNEWS

横浜流星、吉高由里子と恋愛映画でW主演 「人を愛し、思うことを考えさせられた」

映画2020年10月26日

 映画『きみの瞳が問いかけている』公開記念舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の吉高由里子、横浜流星と三木孝浩監督が登壇した。  本作は、視力を失った明香里(吉高)と、罪を犯し夢を失った塁(横浜)が偶然出会ったことから始まる純愛を … 続きを読む

「極主夫道」で玉木宏らがハロウィーン仮装 「極道版の桃太郎が最高に笑えた」

ドラマ2020年10月26日

 玉木宏主演のドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系)の第3話が、25日に放送された。  本作は、裏社会に数々の伝説を残した最凶の極道・龍(玉木)が、極道から足を洗って“専業主夫”となり、愛する家族や町のために奮闘するコメディー。   … 続きを読む

「危険なビーナス」妻夫木聡の演技に賞賛の声 「イケメンなのに情けない感が出てる」

ドラマ2020年10月26日

 妻夫木聡と吉高由里子が出演する日曜劇場ドラマ「「危険なビーナス」(C)TBS」(TBS系)の第3話が25日に放送された。  今回は、楓(吉高)を階段から突き落とした犯人が判明する。  伯朗(妻夫木)は、元美(中村アン)から楓が救急搬送され … 続きを読む

永作博美、役作りで井浦新とベビー用品購入 「写真を撮られたらドキドキするなって…」

映画2020年10月26日

 映画『朝が来る』初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の永作博美、井浦新、蒔田彩珠、浅田美代子と河瀬直美監督が登壇した。  本作は、実の子を持てなかった夫婦と、実の子を育てることができなかった14歳の少女をつなぐ「特別養子縁組 … 続きを読む

向井地美音、先輩・高橋みなみの著書を推薦 杉良太郎、ATSUSHIと更生支援企画に参加

イベント2020年10月23日

 杉良太郎、EXILE ATSUSHI、AKB48の向井地美音が23日、東京都内の法務省で行われた、「読書の日2020」企画にかかるイベントに出席し、上川陽子法務大臣を表敬訪問した。  コロナ禍において、特別矯正監と矯正支援官による矯正施設 … 続きを読む

page top