福田雄一監督、橋本環奈を絶賛 要求した演技を即披露「もう職人」

2017年11月3日 / 15:07

 ゲストプレゼンターとして登場した橋本環奈

 日経エンタテインメント!Presents「ヒットメーカー・オブ・ザ・イヤー 2017 表彰式」が3日、東京都内で行われ、映画『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』などを手掛けグランプリを受賞した福田雄一監督、ゲストプレゼンターとして同2作品でヒロインを務めた女優の橋本環奈が登壇した。

 『銀魂』のヒロイン神楽役を橋本にオファーした理由を聞かれた福田監督は「神楽に関してはキャラクター設定が特殊。いわゆる二次元で、実在する感じがしない。本当にこんな子いるのかな…?という存在感が必要で、そんな時に、僕の中で“偶像”でしかなかった橋本環奈がぴったりだと思った」と答えた。

 当初は「『オーディションさせてください』『会ってみないと決められない』と監督っぽいことを言ってみた」という福田監督だったが、実際は「初めてお会いした時に(橋本が)ドアから入ってきたところで『お願いします』となっていた」と即決だったことを告白した。

 また、橋本のコメディエンヌとしての才能は最初から見抜いていたそうで「初対面でも極端に言えば2、3分会話すれば分かる。本当に簡単なもので、面白いことに前のめりな子には絶対にやってもらえる。(橋本は)前のめり感があった」と振り返り、橋本も「確かに笑いが好き。笑わせたい願望が出てくる」と語った。

 また、福田監督の演出について橋本は「『これはいい』『これは駄目』と的確に指導してくださるので、それがすごくやりやすいし、結果的に面白くなるので任せられる」と語った。

 その分、話題となった神楽の“鼻ほじ”シーンでは苦労もあったそうで「『指は第一関節を過ぎてください』『口を開けつつ目も開けて!』などと、めちゃめちゃ厳しかった。こんなに監督、厳しいんだ…と思った」と苦笑いだった。

 福田監督は「あのシーンは本当に苦労されていて、終わった時はスタッフから拍手が起こったぐらい」と橋本をねぎらった。

 ところが「その後の『斉木楠雄のΨ難』の時は、割とそういうことに大御所感が出てきて『どれがほしいの?』みたいな…。もう天下無敵のコメディエンヌに成長されて。(今では)『あのへんのやつをお願いします』と言ったら『分かりました』と(すぐ)やる感じ。もう職人です」とちゃかして、笑いを誘った。


芸能ニュースNEWS

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

映画2020年3月24日

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。  お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松 … 続きを読む

市川染五郎「声優初挑戦はすごく不安だった」 父・松本幸四郎は「良かったよ」

映画2020年3月24日

 映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、東京都内で行われ、声優を務めた市川染五郎、杉咲花とイシグロキョウヘイ監督が登壇した。  本作は、俳句以外では思ったことがなかなか口に出せないチェリー(染五郎)と、見た目のコンプレ … 続きを読む

今泉佑唯が美しき刺客を演じ切る 舞台「あずみ~戦国編~」

舞台・ミュージカル2020年3月20日

 舞台「あずみ~戦国編~」の公開稽古が19日、東京都内のBunkamura シアターコクーンで開催された。  原作の『あずみ』は、第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆう氏の人気漫画。激動の戦国時代に、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男た … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top