叶姉妹、コミケで1万枚の名刺配布 姉の恭子は「指の先の皮がめくれました」

2017年8月12日 / 16:13

 叶恭子(左)と叶美香

 インディーズ・コミック(同人誌)などの流通・販売を手掛ける「とらのあな 新CM発表会」が12日、東京都内で行われ、CMに出演したタレントの叶姉妹が登壇した。

 CMのコンセプト「いっちゃってますわね」にちなみ、「限界ギリギリまで頑張った最近のエピソード」をたずねられた姉の恭子は「私たちはそもそも一瞬一瞬、全力で取り組んでいるので、そういう観念はありません。むしろ毎日が全力なんです。それを“いっちゃってますわね”と言うのであれば、(私たちは)ずっといっちゃってます」と語った。

 一方、妹の美香は「私の場合は、姉のお世話をすることでいつも限界ギリギリ、いっちゃってます」と苦笑い。美香が「毎回、えー!?と思うことを姉が投げ掛けてくるので、それに対応するためにいつも頑張っています」と苦労を語るも、恭子は「美香さんは、大げさなんですよ」と余裕の笑みを浮かべた。

 叶姉妹といえば前日、東京ビッグサイトで開催中の同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)92」に初出展したことが話題に。姉妹はイラスト集のグッズなどを販売し、開幕直後には約2000人が並ぶ盛況ぶりだった。

 準備の苦労について聞かれた恭子は「創作ですので、自分の中では準備というよりも趣味の一部と考えております。好きなことを夢中になってやっているだけです」とコメント。美香も「姉の場合は“これが好きだ”となると集中して、48時間ぐらいは寝ないので大変です」とエピソードを披露した。

 今回、コミケで大勢のファンと触れ合った恭子は「私たちの方がありがとうございますと申し上げたい」と改めて感謝の思いを口にした。

 グッズが売り切れた後も、来場者に名刺の手渡しを行った恭子は「指の先の皮がめくれました」と明かし「初めての経験。名刺を1万枚ぐらい配るとこうなるんだ…とお勉強になったし(私って)“やわ”なんだなと思いました」と語り、ほほ笑んだ。


芸能ニュースNEWS

杉江大志、新作舞台「メサイア」に主演 異例の“卒業後”オファーに「正直悩んだ」

舞台・ミュージカル2017年12月16日

 スペシャルトークイベント「メサイア -TALK MISSION'17-」が16日、東京都内で行われ、キャストの杉江大志、長江崚行、山沖勇輝、橋本真一、山本一慶、宮城紘大、小谷嘉一ほかが登壇した。 続きを読む

大林宣彦監督「あと30年は映画を作る」 窪塚俊介、満島真之介らが感謝の言葉

映画2017年12月16日

 映画『花筺/HANAKAGAMI』の初日舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、大林宣彦監督と出演者の窪塚俊介、満島真之介、矢作穂香、山崎紘奈、門脇麦、常盤貴子、村田雄浩ほかが登壇した。  本作は、大林監督が肺がんのステージ4で余命3カ月 … 続きを読む

土屋太鳳、佐藤健からの手紙に涙 「同じ時代に生きられて良かった」

映画2017年12月16日

 映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の初日舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、出演者の佐藤健、土屋太鳳ほかが登場した。  本作は、結婚式の直前に意識不明となった花嫁(土屋)を、新郎(佐藤)が8年間待ち続けた実話を基に描いた、奇跡のラブス … 続きを読む

30年後、上白石萌音は「新しい芸能ジャンルを確立」 千葉雄大は「完全に尻に敷かれた夫婦関係」

映画2017年12月16日

 『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』の初日舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、声優を務めた上白石萌音、千葉雄大、日野晃博監督が出席した。  本作は、人気テレビアニメ「妖怪ウォッチ」シリーズの劇場版第4弾。これまで描かれて … 続きを読む

大泉洋、松田龍平の発言に憤慨 「おまえ、事務所の人間か!?」

映画2017年12月15日

 映画『探偵はBARにいる3』の大ヒット舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の大泉洋、松田龍平が登壇した。  シリーズ累計動員数が200万人を突破し、松田と共にくす玉を割って祝った大泉は「200万人ってちょっとピンとこない。200 … 続きを読む

page top