薬師丸ひろ子、小泉今日子と姉妹役 久々の再会も「スッと気持ちが通い合った」

2015年12月17日 / 18:13

 薬師丸ひろ子

 新春スペシャルドラマ「富士ファミリー」の試写会が17日、東京都内で行われ、出演者の薬師丸ひろ子、ミムラ、中村ゆりか、片桐はいり、吉岡秀隆が出席した。

 ドラマの舞台は、富士山の麓にある、小さなコンビニ「富士ファミリー」。近所で評判の美人3姉妹と、彼女たちを取り巻く面々のちょっと変わった大家族の物語。しっかり者の長女・鷹子を薬師丸、奔放な次女ナスミを小泉今日子、要領のいい三女・月美をミムラが演じる。

 小泉とは、連続テレビ小説「あまちゃん」以来の共演となる薬師丸は「久々に会った小泉さんとは、会っていない年月を感じないぐらいスッと気持ちが通い合った」と笑顔。

 小泉演じるナスミは途中、病気であっけなく亡くなってしまうが、薬師丸は「年若くして亡くした妹が(役として)幽霊になってでも、自分の前に現れてくれて…。カメラが回っていないところでも涙がこぼれるような…、そんなすてきなお芝居をしてくださった」と小泉の芝居を褒め称えた。

 また、三女役のミムラは、一世を風靡(ふうび)した2人の妹役とあり、「私で大丈夫ですか?」と最初は戸惑ったことを告白。それでも、撮影は楽しんだようで、住み込みアルバイトのカスミを演じた中村も、「薬師丸さんと小泉さんがせりふを一言発しただけで、すごい重みを感じた。いつかこんなせりふをちゃんと言える役者になりたいと思った」と刺激的な現場を振り返った。

 一方、今回はしっかり者の長女を演じた薬師丸だが、自身は「いい加減で甘えん坊な次女」といい「まずは生真面目に見えたらいいなと思って髪を切りました」と役作りにも言及。また、鷹子のせりふで「大丈夫じゃない時は『大丈夫じゃない』と言う。それがこの家のルールなの」が特に印象に残ったと明かし「『大丈夫じゃない』『自分は嫌なんだ』と言うのは結構勇気のいること。でも、これから頻繁にこの言葉を使っていけば、もう少し楽に生きていけるんじゃないかな。同世代の女性にはとっても大きな言葉。鷹子さんに私自身も、ものすごく励まされました」と和やかに語った。

 ドラマはNHK総合で2016年1月2日、午後9時~10時28分に放送。


芸能ニュースNEWS

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

映画2020年3月24日

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。  お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松 … 続きを読む

市川染五郎「声優初挑戦はすごく不安だった」 父・松本幸四郎は「良かったよ」

映画2020年3月24日

 映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、東京都内で行われ、声優を務めた市川染五郎、杉咲花とイシグロキョウヘイ監督が登壇した。  本作は、俳句以外では思ったことがなかなか口に出せないチェリー(染五郎)と、見た目のコンプレ … 続きを読む

今泉佑唯が美しき刺客を演じ切る 舞台「あずみ~戦国編~」

舞台・ミュージカル2020年3月20日

 舞台「あずみ~戦国編~」の公開稽古が19日、東京都内のBunkamura シアターコクーンで開催された。  原作の『あずみ』は、第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆう氏の人気漫画。激動の戦国時代に、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男た … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top