エルヴィス・プレスリー、故郷メンフィスでの録音を初めて完全網羅した『メンフィス』発売決定

2024年6月18日 / 09:00

 故エルヴィス・プレスリーの初セッションから70周年に合わせ、『メンフィス』が5CD/2LP/デジタルで2024年8月9日にリリースされることが発表された。収録曲は全111曲、うち88曲はマット・ロス・スパングがオーバーダブを取り除いた新リミックス音源となる。

 今回発売される『メンフィス』はこの夏で70周年を迎えるサン・スタジオでのごく初期のセッションから、グレイスランドのジャングル・ルームで行われた最後のレコーディングまで、111曲にわたりプレスリーの姿をとらえている。

 1969年にアメリカン・サウンドで創造的に生まれ変わり、1973年にスタックスで個人的な悩みを克服し、1974年にミッドサウス・コロシアムで彼史上最も華やかで魅力的なショウを行うまでの歩みの中で、エルヴィスにとって故郷でもミューズでもあったブラフ・シティ(メンフィス)は、彼の芸術性というドラマティックなアーク(物語の横糸)において極めて重要な役割を果たしてきた。エルヴィスの権威として名を知られるエルンスト・ヨルゲンセンがプロデュースを手がけ、レアなアーカイブ音源や、【グラミー賞】受賞歴のある音楽歴史家ロバート・ゴードンが書き下ろしたライナーノーツが収められている。

 サン時代の音源を除き、『メンフィス』収録曲はすべて、【グラミー賞】を4回受賞したマット・ロス・スパングがオーバーダブを削ぎ落とし、エルヴィスがスタジオで聴いた生音だけが聞こえる状態にしたのち、新たにミキシングが施されている。彼の造詣深い仕事によって、エルヴィスのザ・メンフィス・ボーイズとの直感的なケミストリーから、彼がスタックスでのセッションでバッキング・シンガーの声を軸にボーカル・フレージングを繊細に組み立てていく様子、あるいはジャングル・ルームで行われた最後のセッションであらわにした喜びなど、多くの新たな発見を生み出している。それら全体を通じて、エルヴィスの隣で彼に聞こえている通りの音を聞いているような感覚を味わうことができる。

◎リリース情報
アルバム『メンフィス』
2024/8/9 RELEASE
https://SonyMusicJapan.lnk.to/ElvisPresley_mmhs


音楽ニュースMUSIC NEWS

松本孝弘(B'z)率いるTMG、2ndアルバム『TMG Ⅱ』リリース決定

J-POP2024年7月25日

 TMG(Tak Matsumoto Group)が、2ndアルバム『TMG Ⅱ』を9月18日にリリースすることが、決定した。  3月、20年ぶりにオリジナルメンバーでの再始動を発表したTMG。前作から20年ぶりとなる新作でも、松本のソリッ … 続きを読む

iriの新曲「Swamp」が主題歌、“ドロ沼マウントバトル”ドラマ『スカイキャッスル』

J-POP2024年7月25日

 iriが、テレビ朝日系木曜ドラマ『スカイキャッスル』の主題歌を担当する。  2024年7月25日に放送スタートとなった本ドラマは、2018~2019年に放送された韓国ドラマ『SKYキャッスル~上流階級の妻たち~』をリメイクしたジャパン・オ … 続きを読む

杉本雄治(ex.WEAVER)のソロプロジェクトONCE、2024年第3弾シングル「この手」8/7デジタルリリース

J-POP2024年7月25日

 2024年8~9月にかけて東名阪のワンマンツアーが決定した杉本雄治(ex.WEAVER)のソロプロジェクトONCE。  そんなONCEが「夢でもし逢えたら」「Flyby」に続く新曲「この手」を8月7日にデジタルリリースする。 ◎ONCE … 続きを読む

syrup16gが『delayedead』時期の楽曲演奏、日比谷野音ワンマン【遅死11.02】

J-POP2024年7月25日

 syrup16gが、2024年11月2日に東京・日比谷野外大音楽堂(日比谷野音)にて【遅死11.02】を開催する。  2004年10月10日に同会場で開催されたワンマンライブ【遅死10.10】。“第一期シロップ完結”と謳われたこの公演では … 続きを読む

7年ぶり復活、ナカヤマユキコ(ex.BiS/モルヒネ東京)率いるthe Endが8/1より過去曲配信スタート

J-POP2024年7月25日

 ナカヤマユキコ(ex.BiS、ex.モルヒネ東京)を中心に2015年の終わりに結成された音楽プロジェクト「the End」が、7年ぶりにゆるやかに復活することを発表。8月1日より順次過去曲の配信をスタートする。  the Endは、ナカヤ … 続きを読む

Willfriends

page top