KISS、今後はデジタル・アバターとして活動することを発表

2023年12月4日 / 13:45

 KISSが、今後はデジタル・アバターとして活動を続けることが明らかになった。

 現地時間2023年12月2日に米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで開催された最終公演のアンコールで、共同創設者のポール・スタンレーとジーン・シモンズ、ギタリストのトミー・セイヤーとドラマーのエリック・シンガーは、デジタル化された自分たちの姿として今後も生き続けるというサプライズ発表をした。

 ボーカリスト兼ギタリストのポールは、デジタル・キャラクターを公開する動画で、「KISS Army、みんなの愛、みんなの力が俺たちを不死身にした!新しいキッス時代が今始まる!」と述べると、バーチャル・バンドが「God Gave Rock and Roll to You」の演奏を始めた。

 KISSのフェアウェル・ツアー、【エンド・オブ・ザ・ロード・ワールド・ツアー】の一環だったコンサートの後、4人組はYouTubeで次の章を予告する2分間の動画を公開した。バンド・メンバーがモーション・キャプチャーのスーツを着てハイテク・アバターを開発する舞台裏映像でジーンが、「未来はとてもエキサイティングだ」と述べ、ポールが、「俺らは永遠に生き続けることができる」と付け加えている。

 AP通信によると、KISSのアバターはジョージ・ルーカスのインダストリアル・ライト&マジックが、スウェーデンのPophouse Entertainment Groupと共同で制作した。両社は最近、英ロンドンで開催されたABBAのバーチャル・コンサート【ABBA Voyage】でも協力している。ABBAはスウェーデンのポップ・グループだ。

 PophouseのCEOはAP通信に対し、「KISSは、3つの異なる大陸にある3つの都市で、同じ夜にコンサートを開くことができる。これならそれが可能だ」と述べている。

 座談会のインタビューでポールは、KISSが「自分たちよりも大きなバンドだから、生き続ける価値がある」と述べ、「次のステップに進み、KISSが不滅の存在になるのを見るのは俺たちにとってエキサイティングなことだ」と付け加えた。

 ジーンは、今後のデジタル・バンドは、オリジナル・メンバーが夢にも思わなかったことを成し遂げることができると指摘した。彼は、「(デジタル・アバターが)今まで夢見たこともないような場所に連れて行ってくれることで、俺たちは永遠に若く、永遠にアイコンであり続けることができる。このテクノロジーは、ポールをかつてないほど高くジャンプさせるだろう」と語っている。


音楽ニュースMUSIC NEWS

WurtS、ドラマ『グレイトギフト』挿入歌「SF東京」のMVティザー映像公開

J-POP2024年2月28日

 WurtSが、新曲「SF東京」のMVティザー映像を公開した。  「SF東京」は、テレビ朝日系木曜ドラマ『グレイトギフト』の挿入歌。WurtSにとって初の地上波ドラマタイアップ曲となる。  なお、MV本編は2月29日22時よりプレミア公開さ … 続きを読む

七尾旅人×友部正人ジョイントライブ【汽水域の旅友】開催決定

J-POP2024年2月28日

 2024年3月23日に石巻市の青島テラスにて、七尾旅人と友部正人によるジョイントライブ【汽水域の旅友】が開催される。  石巻中心部から少し離れた北上川の河口に日本一と称されるヨシ原があり、その高台にある青島テラス。本公演は、古くからの友人 … 続きを読む

アリアナ・グランデ、『エターナル・サンシャイン』を引っさげたツアー開催は“未定”と明かす

洋楽2024年2月28日

 ニュー・アルバム『エターナル・サンシャイン』のリリースが間近に迫ったアリアナ・グランデだが、同アルバムを引っさげたツアーを行うか、彼女自身わからないようだ。  『ザック・サング・ショー』の2024年2月26日のエピソードで、3月8日発売予 … 続きを読む

ビル・フリゼール、1年半ぶりのニューAL『Orchestras』から「Throughout」を配信

洋楽2024年2月28日

 ビル・フリゼールが1年半ぶりとなるニュー・アルバム『Orchestras』を2024年4月19日にリリースすることが決定した。先行シングル第1弾として、「Throughout」の配信がスタートしている。  ブルーノートから4作目となる今回 … 続きを読む

エビ中、8thアルバム『indigo hour』をリリース ドリル、ジャージークラブ、J-R&B、ディスコチューンなどを取り込んだ意欲作

J-POP2024年2月28日

 私立恵比寿中学が2024年2月28日に“青春”をテーマとした8枚目アルバム『indigo hour』をリリースした。  このアルバムの骨子となる3部作の作詞を佐藤千亜妃が担当。青春時代特有の焦燥感を<青い眩暈>と呼んだ第一弾「BLUE D … 続きを読む

Willfriends

page top