【米ビルボード・ソング・チャート】テイラー・スウィフト「クルーエル・サマー」通算4週目の首位、ジャック・ハーロウ初登場2位

2023年11月21日 / 11:00

 テイラー・スウィフトの「クルーエル・サマー」が4週目の首位を獲得した、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 通算4週目の首位を獲得した「クルーエル・サマー」は、今週の集計期間(2023年11月10日~11月16日)にエアプレイが7,390万回(5%減少)、ストリーミングが1,440万回(4%増加)、セールスは3,000(21%増加)を記録して、エアプレイ・チャートで5週目の首位を獲得。ストリーミング・ソング・チャートでは8位から5位、デジタル・ソング・セールス・チャートでも19位から13位にそれぞれ順位を上げた。

 「クルーエル・サマー」が今週1位を獲得したことで、テイラー・スウィフトは自身の首位獲得総週を34週に更新し、アデル、エルトン・ジョン、ブルーノ・マーズと同率の9位に記録を伸ばした。

91週 マライア・キャリー
60週 リアーナ
59週 ザ・ ビートルズ
56週 ドレイク
50週 ボーイズIIメン
47週 アッシャー
43週 ビヨンセ
37週 マイケル・ジャクソン
34週 アデル
34週 エルトン・ジョン
34週 ブルーノ・マーズ
34週 テイラー・スウィフト
33週 ジャネット・ジャクソン
33週 ケイティ・ペリー

 続いて今週2位には、11月10日にリリースしたジャック・ハーロウの新曲「ラヴィン・オン・ミー」が初登場して、以下に続く5曲目のTOP10(TOP5)入りを果たした。

※順位は週間チャートの最高位
2位「ホワッツ・ポッピン feat. ダベイビー、トリー・レーンズ、リル・ウェイン」(2020年)
1位「インダストリー・ベイビー with リル・ナズ・X」(2021年)
1位「ファースト・クラス」(2022年)
5位「3D (JUNG KOOK feat. ジャック・ハーロウ)」(2023年)
2位「ラヴィン・オン・ミー」(2023年)

 2020年から2023年まで各年でTOP5入りしたのは、ジャック・ハーロウがドージャ・キャット、ドレイク、テイラー・スウィフトに続く4組目のアーティストで、今年は2曲をランクインさせている。

 「ラヴィン・オン・ミー」は、初週ストリーミングが2,220万回、エアプレイが1,220万回、セールスは12,000を記録して、ストリーミング・ソング・チャートでは「ファースト・クラス」(3週)、「インダストリー・ベイビー」(2週)に続く3曲目の首位を獲得した。

 また、R&B/ヒップホップ・ソング・チャートでも「ファースト・クラス」(10週)、「インダストリー・ベイビー」(18週)に続く3曲目、ラップ・ソング・チャートでも「ファースト・クラス」(14週)、「インダストリー・ベイビー」(19週)に続く3曲目の首位を獲得している。

 ジャック・ハーロウが初登場したことで、ドージャ・キャットの「ペイント・ザ・タウン・レッド」は先週の2位から3位にダウン。R&B/ヒップホップ・ソング・チャートとラップ・ソング・チャートでも首位の座を明け渡した。

 シザの「スヌーズ」は先週に続き4位キープして、R&Bソング・チャートでは16週目の首位を獲得。テイラー・スウィフトの「イズ・イット・オーヴァー・ナウ?(テイラーズ・ヴァージョン)(フロム・ザ・ヴォルト)」は3位から5位にダウンして、ルーク・コムズの「ファスト・カー」は8位から7位にランクアップした。

 続いて今週8位には、カナダ出身の女性シンガーソングライター=テイト・マクレーの「グリーディー」が先週の11位から上昇して、自身初のTOP10入りを果たしている。

 「グリーディー」は、今週エアプレイが3,910万回(35%増加)、ストリーミングは1,300万回(3%増加)、セールスは2,000を記録して、エアプレイ・チャートでも19位から10位に初めてTOP10入りした。

 同曲は、12月8日にリリース予定の2ndアルバム『シンク・レイター』に収録されるリード・シングルで、発売週まではプロモーション等の効果でランクアップが見込める。また、11月18日米にはNBCの『サタデー・ナイト・ライブ』、翌19日には【2023 ビルボード・ミュージック・アワード】にそれぞれ初出演したため、次週のチャートではその反響を受けてポイントが上昇する可能性が高い。

 今週の9位と10位はどちらもモーガン・ウォレンの曲で、「ラスト・ナイト」が先週の10位から9位に、「シンキング・アバウト・ミー」は9位から10位に順位を入れ替えた。

Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートは11月24日以降掲載予定となります。

◎【Hot 100】トップ10
1位「クルーエル・サマー」テイラー・スウィフト
2位「ラヴィン・オン・ミー」ジャック・ハーロウ
3位「ペイント・ザ・タウン・レッド」ドージャ・キャット
4位「スヌーズ」シザ
5位「イズ・イット・オーヴァー・ナウ?(テイラーズ・ヴァージョン)(フロム・ザ・ヴォルト)」
6位「アイ・リメンバー・エヴリシング」ザック・ブライアン feat. ケイシー・マスグレイヴス
7位「ファスト・カー」ルーク・コムズ
8位「グリーディー」テイト・マクレー
9位「ラスト・ナイト」モーガン・ウォレン
10位「シンキング・アバウト・ミー」モーガン・ウォレン


音楽ニュースMUSIC NEWS

セントラル・シー、2024年初のシングル「アイ・ウィル」MV公開

洋楽2024年2月26日

 セントラル・シーが、2024年初となるシングル「アイ・ウィル」をリリースした。  本曲は、セントラル・シーの心地よい歌声をラップと融合させ、メロウなサウンドメイクが聴き手を引き込む内容に仕上がっている。また、同日に公開されたミュージック・ … 続きを読む

日向坂46、11thシングル表題曲のセンターは四期生・正源司陽子

J-POP2024年2月26日

 日向坂46が4月10日にリリースする11thシングル表題曲のセンターを四期生の正源司陽子が務めることがわかった。  2月25日深夜放送のテレビ東京『日向坂で会いましょう』にて、11thシングルのフォーメーションが発表となった。日向坂46と … 続きを読む

【米ビルボード・アルバム・チャート】カニエ・ウェスト&タイ・ダラー・サイン2週連続1位、イート初登場2位

洋楽2024年2月26日

 カニエ・ウェスト(イェー)とタイ・ダラー・サインのコラボレーション・アルバム『Vultures 1』が2週目の首位を獲得した、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。  先週(2024年2月24日付)のチャートで1位に初登場した『Vult … 続きを読む

ドナ・サマー、デビュー50周年を記念した日本独自企画が発売

洋楽2024年2月26日

 「ホット・スタッフ」「愛の誘惑」「バッド・ガール」などのヒットを連発、70~80年代にクイーン・オブ・ディスコとして絶大な人気を誇った故ドナ・サマーの世界デビュー50周年を記念して、過去日本でリリースされたシングル盤を網羅したベスト盤『ド … 続きを読む

アリアナ・グランデ、ニューAL『エターナル・サンシャイン』の日本独自企画DX盤リリース決定

洋楽2024年2月26日

 アリアナ・グランデが、2024年3月8日に世界リリースするニュー・アルバム『エターナル・サンシャイン』の国内盤CDが発売されることが決定した。国内盤は全3形態が用意され、通常盤CDは3月15日、日本独自企画のデラックス盤2形態は4月5日に … 続きを読む

Willfriends

page top