テイラー・スウィフト、トラヴィス・ケルシーのために「カルマ」の歌詞を変更して披露

2023年11月13日 / 18:30

 現地時間11月11日の夜、テイラー・スウィフトがアルゼンチン・ブエノスアイレスで行った公演で、「カルマ」を歌唱した際に恋人のトラヴィス・ケルシーに呼びかけ、二人の恋についてをステージ上で触れた。そして終演後、彼女はステージから彼の元に走りキスをした。

 スウィフトはエスタディオ・リーベル・プレートの観客の前で「Karma is the guy on the Chiefs coming straight home to me(カルマはチーフスにいる男だ/わたしのもとへまっすぐ帰ってくる)」と歌い、オリジナルの「カルマ」の歌詞 「Karma is the guy on screen coming straight home to me(カルマはスクリーンの中の男だ/わたしのもとへまっすぐ帰ってくる)」を置き換えた。カンザスシティ・チーフスのタイトエンドであるケルシーはVIPテントからスウィフトの父親とともにこのコンサートを観ていた。公演が終わると、スウィフトはそのままケルシーのもとに駆け寄り、キスをした。

 また、前日の夜、ケルシーはスウィフトとディナーに出かけていた。

 スウィフティー(テイラー・スウィフトのファン総称)たちは、【The Eras Tour】を楽しむケルシーのキュートな一面を撮影した。スウィフトが『ラヴァー』の収録曲「ジ・アーチャー」の「Who could stay?(誰がそばにいてくれるの?)」という歌詞を歌うと、ケルシーは「WE WILL STAY(僕たちがいる)」と書かれたボードを挙げた。

 『エヴァーモア』の収録曲「シャンペン・プロブレムズ」を披露する前のスウィフトのスピーチで、ケルシーは誇らしげに観客と一体となって「オレ、オレ、オレ」と大合唱し、スウィフトを応援した。ほかの動画では、彼が「ブランク・スペース」を歌う姿や、「ウィロー」でグルーヴする姿が捉えられている。ファンたちは、スウィフトが「ウィロー」で 「That’s my man(あれは私の彼だ)」という歌詞を歌った時にケルシーを指さしたと推測している。


音楽ニュースMUSIC NEWS

ドナ・サマー、デビュー50周年を記念した日本独自企画が発売

洋楽2024年2月26日

 「ホット・スタッフ」「愛の誘惑」「バッド・ガール」などのヒットを連発、70~80年代にクイーン・オブ・ディスコとして絶大な人気を誇った故ドナ・サマーの世界デビュー50周年を記念して、過去日本でリリースされたシングル盤を網羅したベスト盤『ド … 続きを読む

アリアナ・グランデ、ニューAL『エターナル・サンシャイン』の日本独自企画DX盤リリース決定

洋楽2024年2月26日

 アリアナ・グランデが、2024年3月8日に世界リリースするニュー・アルバム『エターナル・サンシャイン』の国内盤CDが発売されることが決定した。国内盤は全3形態が用意され、通常盤CDは3月15日、日本独自企画のデラックス盤2形態は4月5日に … 続きを読む

中島健人(Sexy Zone)×miletが共演、ファンタジック・ラブストーリー映画製作決定

J-POP2024年2月26日

 中島健人(Sexy Zone)が主演を務め、miletが映画初出演でヒロインを演じる、三木孝浩監督最新作の製作が決定した。  本映画は、日本で2021年に公開されたフランス映画『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』(原題: … 続きを読む

マカロニえんぴつ、イルミネーション最新作『FLY!/フライ!』日本版主題歌を担当

J-POP2024年2月26日

 マカロニえんぴつの新曲「月へ行こう」が、映画『FLY!/フライ!』日本版主題歌に決定した。  2024年3月15日より全国ロードショーとなる本映画は、『ミニオンズ』『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』を手がけたイルミネーション・エン … 続きを読む

Sexy Zoneとして最後の『anan』表紙、アーティスティックなグラビア/メッセージ&エールなど掲載

J-POP2024年2月26日

 Sexy Zoneが、2024年3月6日に発売となる『anan』2388号の表紙に登場する。  今年3月いっぱいで中島健人がグループを卒業すること、そして4月から新たなグループ名へ変更することを発表しているSexy Zone。Sexy Z … 続きを読む

Willfriends

page top