DREAMS COME TRUE、全国5大ドームを瞬く間にソールドアウトさせた【史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2023】が終幕

2023年9月5日 / 18:30

 DREAMS COME TRUEが、9月1日、2日に4年に一度の大規模ライブ【史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2023】(以下、【DWL】)を東京ドームで開催した。

 前回から4年、コロナ禍の期間を乗り越えて9回目の開催となる【DWL】は、【DWL】らしさを存分に詰め込んだ、ファンの夢を叶えるためのライブだった。まず来場したオーディエンスを迎えたのが、会場の中に入った瞬間一目で遊園地とわかる巨大メリーゴーラウンドを模したセンターステージだ。サークル状のステージから4本の花道が十字に延びている。圧倒的な規模で日本のライブ・エンタテインメントの常識を覆してきた【DWL】は始まる前から我々を非日常空間へと誘ってくれた。

 暗転し、雷鳴の轟く音が聴こえる。「A Theme of the WONDERLAND」が会場を包むとアリーナ正面に延びた花道の先端に中村正人が姿を現した。そして驚きの入り混じった大歓声が向けられた先は、巨大メリーゴーラウンドの屋根の上に立つ吉田美和だ。アリーナレベルから約20メートルはある高さの場所でオープニングナンバー「次のせ~の!で - ON THE GREEN HILL – DCT VERSION」を歌唱する姿は神々しくすらあった。そして、次の瞬間、飛んだ。【DWL】ではあまりにも有名な吉田美和の3Dフライングだ。今回、すべての会場が全国のドームだったのは、このフライングのもっとも効果的な見せ方にこだわったからだった。ステージ最頂部から花道の先端でベースをプレイする中村の元へ飛び込むように急降下したかと思えば、スタンド最上段に急上昇、そしてぐるりとドームを何周も旋回した。思いもよらないフライングの見せ方だ。しかもステージの一番高いところに現れて、そこから急降下。【DWL】らしさを【DWL】でしかできないやり方で超えていく、それが今回の【DWL】最大の見どころだ。

 もうひとつ、【DWL】の最大の特徴は、セットリストがファンのリクエストに基づいて構成されているということだ。だから必然的に大ヒット曲が惜しげもなく投入される神セトリとなるわけだが、なかにはかなり渋めのレア楽曲がリクエストランキング上位に食い込んでくることもあって、それがまた良いスパイスを加えている。照明を落とした仄暗い静謐な世界観で魅せた「LOVE LOVE LOVE」の直後に披露した「ヒの字」がその代表的なものにあたる。“あなた”への切ない想いを体全体で表したこの曲のかわいさを吉田美和がステージに設けられたアヒル型のコースターに乗って表現。全長75メートルに及ぶコースターがまさか本当に稼働するものだったとは。改めて【DWL】が見せる本気の遊びに驚かされた。

 「やさしいキスをして」「LAT.43°N ~forty-three degrees north latitude~」「WINTER SONG ~DANCING SNOWFLEAKS VERSION」、この3曲では真夏に冬の世界を現出してみせた。雪が降りしきる中でのパフォーマンスは幻想的で、【DWL】が描き出す世界観のディテールへのあくなき追求が感じられた。このシーンを含め吉田美和が衣装をガラリとチェンジするタイミングが何度かあった。衣装を手掛けたのは日本を代表するデザイナーである久保嘉男、丸山敬太、ミハラヤスヒロの3人。このトップデザイナー3人が【DWL】で共演したのはもちろん初めてのことであり、ひとつのショーで3人の豪華デザイナーが共演することはこれまでも、そしてこれからもないと言えるほど貴重なものだ。

 この“冬の世界”のように、今回の【DWL】ではセットリストのブロックごとにストーリーを紡いでいくという手法がとられた。例えば、「G」「YES AND NO」「羽を持つ恋人 – DCT Version -」では、コロナ禍のあいだにリリースした楽曲で描いたメッセージを伝え、「未来予想図」「未来予想図Ⅱ」「ア·イ·シ·テ·ルのサイン ~わたしたちの未来予想図~」では、まるで映画のようにひとつのストーリーで魅せた。

 本編最後のブロックは、【DWL】の(あえて言うが)実は真骨頂のファンキーグルーヴ全開のバンドサウンドで5万人超のオーディエンスで満員となった会場を踊らせた。その中にあって、ロックとヒップホップの要素をミクスチャーした超攻撃型の彼らの最新曲「スピリラ」のステージパフォーマンスは圧巻。何より、彼らがバンドの始まりから一貫して大事にしてきた、音楽的な野心や探究心というものが、このもっとも新しい曲が入ることでわかりやすく伝わったのではないかと感じる。ライブも終盤に差し掛かってさらにエンジンがかかったようにパフォーマーとバチバチに踊る吉田美和の姿に、ドリカムが最強のライブバンドであることを改めて思い知らされた。

 本編ラストに披露した「あの夏の花火」では、曲間に「みんなで一緒に花火見よっか」と吉田美和が言うと、ステージ全体からいくつもの花火が打ち上げられた。ここがドーム(屋内)だということを忘れてしまいそうなほど盛大な演出だった。

 アンコールは、ドラマ『救命病棟24時』でドリカムが手掛けてきた主題歌5曲「朝がまた来る」「いつのまに」「何度でも」「その先へ」「さぁ鐘を鳴らせ」をまとめて全部披露するというスペシャルなものだった。今伝えなければいけないメッセージとして響く言葉に彩られたメロディが最後に心に染み渡った。

 「また次に会えるまで、一緒に鐘を鳴らしていくからねー!」(吉田)
 
 夏の夜の夢を描いた【史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2023】。4年後は10回目の開催となる。今からもう待ち遠しい。

Text by 谷岡正浩
Photo by 藤井 拓

◎公演情報
【史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2023 supported by U-NEXT】
2023年7月1日(土)北海道・札幌ドーム
2023年7月15日(土)愛知・バンテリンドーム ナゴヤ
2023年7月16日(日)愛知・バンテリンドーム ナゴヤ
2023年7月22日(土)大阪・京セラドーム大阪
2023年7月23日(日)大阪・京セラドーム大阪
2023年8月25日(金)福岡・福岡PayPayドーム
2023年8月26日(土)福岡・福岡PayPayドーム
2023年9月1日(金)東京・東京ドーム 
2023年9月2日(土)東京・東京ドーム

【史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2023 ミニ supported by U-NEXT】
2023年9月30日(土)宮城・宮城セキスイハイムスーパーアリーナ 
2023年10月1日(日)宮城・宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
2023年10月14日(土)沖縄・沖縄アリーナ
2023年10月15日(日)沖縄・沖縄アリーナ
チケット:指定席 10,000円m(税込)/注釈付指定席 9,000円(税込)/立ち見 9,000円(税込)


音楽ニュースMUSIC NEWS

ZAZEN BOYS、初の日本武道館公演は“二部構成をもってして3時間超の公演”

J-POP2024年5月26日

 ZAZEN BOYSが、2024年10月27日に東京・日本武道館での単独公演【ZAZEN BOYS MATSURI SESSION】を開催する。  本公演は、ZAZEN BOYS初となる日本武道館単独公演。チケットの先行抽選予約は、e+に … 続きを読む

アニメ『【推しの子】』第2期オープニング主題歌はGEMN「ファタール」

J-POP2024年5月26日

 TVアニメ『【推しの子】』第2期のオープニング主題歌が、GEMN(読み:ジェム)の「ファタール」に決定した。  GEMNのアーティスト情報は後日発表となるが、公式サイトが開設され、アーティスト写真も公開となった。TVアニメ『【推しの子】』 … 続きを読む

Vaundy、全編アニメーション「replica」MV公開

J-POP2024年5月26日

 Vaundyが、楽曲「replica」のミュージックビデオを公開した。  楽曲「replica」は、昨年11月にリリースされたアルバム『replica』のタイトル曲。今年1月まで開催されたアリーナツアー【Vaundy one man li … 続きを読む

SKY-HI/Novel Coreら集結、BMSG POSSEの第2弾シングル「MINNA BLING BLING」配信リリース

J-POP2024年5月26日

 BMSG POSSEが、2024年6月26日に第2弾シングル「MINNA BLING BLING」を配信リリースする。  SKY-HIが主宰するマネジメント/レーベル・BMSGより、HIP HOP、R&Bをルーツに持つSKY-HI、Nov … 続きを読む

Eve初のアジアツアー、クアラルンプール公演ライブ写真&ドキュメントムービーを公開

J-POP2024年5月26日

 Eveが、初となるアジアツアー【Eve Asia Tour 2024「Culture」】マレーシア・クアラルンプール公演を開催し、ライブ写真とライブドキュメントムービーを公開した。  2024年5月24日に開催されたクアラルンプール公演は … 続きを読む

Willfriends

page top