【第80回ゴールデン・グローブ賞】リアーナ/テイラー・スウィフト/レディー・ガガらがノミネート

2022年12月13日 / 11:30

 現地時間2022年12月12日、2023年に開催される【第80回ゴールデン・グローブ賞】のノミネーションが発表され、リアーナ、テムズ、テイラー・スウィフト、セレーナ・ゴメス、ゼンデイヤ、レディー・ガガ、ドナルド・グローヴァー(チャイルディッシュ・ガンビーノ)といったアーティストが候補に挙がった。

 リアーナとテムズは、映画『ワカンダ・フォーエバー』に提供した「Lift Me Up」、レディー・ガガは『トップガン マーヴェリック』の主題歌「Hold My Hand」、テイラー・スウィフトは『ザリガニの鳴くところ』のために書き下ろした「Carolina」が<最優秀オリジナル楽曲賞>にノミネートされている。

 また、セレーナ・ゴメスは『マーダーズ・イン・ビルディング』でTVシリーズ(コメディ&ミュージカル)部門の<女優賞>、ゼンデイヤは『ユーフォリア/EUPHORIA』でTVシリーズ(ドラマ)部門の<女優賞>、ドナルド・グローヴァーは『アトランタ』でTVシリーズ(コメディ&ミュージカル)部門の<男優賞>にノミネートされている。

 【第80回ゴールデン・グローブ賞】の司会は、ジェロッド・カーマイケルが務める。2023年1月10日の午後8時(東部標準時)/午後5時(太平洋標準時)より米カリフォルニア州ビバリーヒルズのザ・ビバリー・ヒルトンから米NBCとPeacockにて生中継・配信される予定となっている。

◎【第80回ゴールデン・グローブ賞】<最優秀オリジナル楽曲賞>候補
「Carolina」テイラー・スウィフト / 『ザリガニの鳴くところ』
「Ciao Papa」ギレルモ・デル・トロ、Roeban Katz / 『ギレルモ・デル・トロのピノッキオ』
「Hold My Hand」レディー・ガガ、ブラッドポップ / 『トップガン マーヴェリック』
「Lift Me Up」テムズ、ルドウィグ・ゴランソン、リアーナ、ライアン・クーグラー / 『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』
「Naatu Naatu」Kala Bhairava、M. M. Keeravani、Rahul Sipligunj / 『RRR』

◎【第80回ゴールデン・グローブ賞】<最優秀オリジナル・スコア賞>候補
『ギレルモ・デル・トロのピノッキオ』アレクサンドル・デスプラ
『ウーマン・トーキング 私たちの選択』ヒドゥル・グドナドッティル
『バビロン』ジャスティン・ハーウィッツ
『フェイブルマンズ』ジョン・ウィリアムズ
『イニシェリン島の精霊』カーター・バーウェル


音楽ニュースMUSIC NEWS

ビリー・アイリッシュ、ニューAL『ヒット・ミー・ハード・アンド・ソフト』はデビュー作への回帰だと語る

洋楽2024年4月25日

 現地時間2024年4月24日に公開された米ローリング・ストーンのカバー・ストーリーで、ビリー・アイリッシュが3枚目のアルバム『ヒット・ミー・ハード・アンド・ソフト』はデビュー・アルバム『ホエン・ウィ・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ … 続きを読む

PURPLE K!SS、7月に日本公演開催

洋楽2024年4月25日

 K-POPガールズグループ・PURPLE K!SSが、2024年7月に【PURPLE K!SS 2024 BXX TOUR in JAPAN】を開催すると発表した。  昨年9月にリリースした1stシングル「FESTA」を引っ提げ、初の全米 … 続きを読む

テイラー・スウィフト、最新作『TTPD』がSpotifyにて1週間で10億再生を突破した初のアルバムに

洋楽2024年4月25日

 テイラー・スウィフトの最新作『ザ・トーチャード・ポエッツ・デパートメント』(TTPD)が、Spotify史上初めて1週間で10億ストリーミングを突破したアルバムとなり、しかも5日間で達成した。  ポスト・マローンをフィーチャーしたリード・ … 続きを読む

M!LK、ニューSG表題曲「ブルーシャワー」先行配信開始

J-POP2024年4月25日

  M!LKが、5月22日にリリースするニューシングルの表題曲「ブルーシャワー」の先行配信を開始した。   同楽曲は、佐野勇斗が出演するボディケアブランド「シーブリーズ」新CMのタイアップソングに決定している、M!LK初のCM用書き下ろし楽 … 続きを読む

吉澤嘉代子、EP『六花』収録の新曲「オートバイ」MVフル尺公開

J-POP2024年4月25日

  吉澤嘉代子が、新曲「オートバイ」のミュージックビデオを公開した。   「オートバイ」は3月にリリースされたEP『六花』に収録されており、真夜中に家族に内緒で家を抜け出す物語。「風」という言葉を使わずに風になれたらと思って書かれたという。 … 続きを読む

Willfriends

page top